2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

トップページ | ファンド・マネージャーが破産したら »

2006/10/10

サンラ・ワールド社が本店を移転していた

サンラ・グループの中核『サンラ・ワールド株式会社』(江尻眞理子社長)が、9月6日に本店を移転していた。

Sunra1

さっそく、移転先の住所を訪ねてみると、そこは裏通りに建つ小さな雑居ビルだった。玄関先の集合看板には、すでにサンラ・ワールドの社名が掲げられていたが、とても200億円を集めた会社の本社とは思えないほど質素なオフィスだ。写真中央の赤いオートバイが置かれたビルだが、同社が入居する6階部分は、下層階よりも奥まっているぶんだけスペースも狭い。20人ほどの社員が引っ越すのは、どうみても無理。実質的な本社機能は旧住所か、あるいは別の場所に置き、ここは登記上だけの本店なのだろうか。

この移転は、顧客・投資家に発表されず、秘密裏に行われた。サンラ・ワールド社のホーム・ページも、本社の所在地は旧住所のまま書き換えられていない。

Sunra2_1 創業当時から本店を置いてきた江尻家所有の社屋から、なぜいまになって、狭い雑居ビルに本社を移したのだろうか。本店移転という重要な情報を発表しなかったのは、何か理由があってのことなのか。じつに不可解である。

サンラ・ワールド社は9月26日、SIC(サンラ・インベストメント・クラブ)を解散している。〝サンラ商法〟の集金の要だったファンドの解体と、本店の移転には、何らかの関係があるのかもしれない。

〔前住所〕豊島区高松2-14-18

〔新住所〕中央区日本橋人形町3-1-11 NNTビル6階

トップページ | ファンド・マネージャーが破産したら »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168028/3798297

この記事へのトラックバック一覧です: サンラ・ワールド社が本店を移転していた:

トップページ | ファンド・マネージャーが破産したら »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ