2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« アリウス3D「株主説明会」の会場が判明 Arius3D | トップページ | 第2回「サンラ商法」弁護士無料相談 »

2006/11/30

サンラ批判者が脅迫された!

きょう情報提供者の自宅に、2度にわたる脅迫電話があった。

電話を受けたのは、「公認会計士脅迫事件」実行犯Hの知人のK氏。この事件で、神奈川県警高津警察署に出頭を求められた増田俊男氏は、サンラ顧問弁護士と共謀して事件の関与をもみ消している。当時、Hが潜伏中で所在がつかめなかったため、増田氏と弁護士はK氏を通じてHの口止めを謀ったのだ。その結果、増田氏は高津署の捜査の手を逃れた。(10月13日記事、「サンラを訴えると脅される?!」を参照)

電話の主は名前も名乗らず、K氏に対してこう言った。

「あんた、サンラの件で何かやってるだろ」

当対策室の存在も、サンラ・ワールド社に対する投資者の訴訟や返金騒動が起こっていることも知らなかったK氏にとって、晴天の霹靂だった。

「なんの話ですか?」

K氏は尋ねる。男は脅迫的な口調で返した。

「それは、あんたが一番よく知っているはずだ」

電話は一方的に切られた。そして、間もなく2度目の電話。

「やっぱり、あんただ。あんただ」

K氏が問い返す間もなく電話は切れた。正体不明の電話に恐怖を覚えたK氏は、男が言った「サンラの件」の言葉から、私に心当たりを尋ねてきた。K氏は80歳代の高齢者だ。社会的弱者に対して、この電話はあきらかな脅迫行為である。卑劣きわまりない。

警察へ被害届を出し、サンラ顧問弁護士の所属する弁護士会へ苦情の申立てを行うよう、K氏に勧めている。

« アリウス3D「株主説明会」の会場が判明 Arius3D | トップページ | 第2回「サンラ商法」弁護士無料相談 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168028/4373737

この記事へのトラックバック一覧です: サンラ批判者が脅迫された!:

« アリウス3D「株主説明会」の会場が判明 Arius3D | トップページ | 第2回「サンラ商法」弁護士無料相談 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ