2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 「サンラ・ワールド」社と「増田俊男」氏が被告の民事裁判〔1月の弁論期日〕 | トップページ | 「サンラ裁判」に関する緊急告知 »

2007/01/12

「サンラ商法」は証券取引法に違反していないのか

昨年11月中旬から閉鎖されていたSCM(サンラ・クローズド・マーケット)SCM(サンラ・クローズド・マーケット)が、9日から営業を再開した。

営業再開にあたって、サンラ・ワールド社は適法性に留意したのだろうか。コンピュータ・ネットワークを使って有価証券を取引するPTS(私設取引システム)は、証券会社ならば、金融庁の認可を受けることで開設できる(証券取引法:第29条1項3号)。ところがサンラ・ワールド社は、金融庁に登録された証券会社ではないし、PTS開設の認可もとうぜん受けていない。

PTSの認可を受けている証券会社('06年8月31日現在)

■BGC証券会社東京支店■ICAP東短証券■インスティネット証券会社東京支店■エンサイドットコム証券■カブドットコム証券■ジェイ・ボンド証券■セントラル短資証券■トレードウェブ・ヨーロッパ証券会社東京支店■日本証券代行■日本相互証券■ブルームバーグ・トレードブック・ジャパン証券■マネックス証券

免許・登録を受けている業者一覧〔金融庁〕

サンラ・ワールド社が『SCM』の開設を準備していた'04年当時、SIC(サンラ・インベストメント・クラブ)の定例会で増田俊男氏は、「出資法や証券取引法に触れないよう、アジア圏の外国に設置する」と発表していた。しかし、実際の運営はサンラ・ワールド社が日本国内で行っている可能性はある。『SCM』で取引きされる有価証券は、サンラ・ワールド社が募集・販売してきた『SCH社』(サンラ・キャピタル・ホールディングス)の有価証券のみである。投資者の手元に『SCH社』の株券はない。『Asian Dream,Inc.』が発行した「株式保有証明書」が、株券に代わるものとして渡されている。そしてサンラ・ワールド社は、『SCM』に登録した投資者から『Asian Dream,Inc.』の「株式保有証明書」を預かり、投資者相互に『SCH』株式の権利を売買させているのだ。『SCM』の管理者でないのなら、サンラ・ワールド社が「株式保有証明書」を預かりはしないだろう。

200410scm 2200203sch

  『SCM』の開設・運営には違法性が疑われるが、そもそも『SCH社』の有価証券の販売そのものが、国内法を犯しているおそれがある。『SCH社』は'02年、バミューダに設立されたサンラ・ワールド社のグループ企業だ。株式のほとんどをサンラ・ワールド社の経営者一家と、『Asian Dream,Inc.』が所有している。そして投資者の代理人と称する『Asian Dream,Inc.』は、タークス&カイコス諸島に設定された「ノミニー会社」だが、その代表者がサンラ・ワールド社の社長・江尻眞理子氏であることが民事裁判のなかで明らかとなった。すなわち江尻社長と増田氏は、自己の所有するペーパー・カンパニーを媒介して、実質的に支配権を握るグループ会社の有価証券を業として販売してきたのだ。

Pg03

内閣総理大臣の登録を受けた「証券会社」や「証券取引業者」ではない者が、営業として有価証券の売買・媒介・取次ぎをすることは、証券取引法によって禁じられている。

« 「サンラ・ワールド」社と「増田俊男」氏が被告の民事裁判〔1月の弁論期日〕 | トップページ | 「サンラ裁判」に関する緊急告知 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168028/4897999

この記事へのトラックバック一覧です: 「サンラ商法」は証券取引法に違反していないのか:

» みずほ、みずほ証券と新光証券が合併へ! [今日の気になるニュース@総合]
みずほFG傘下のみずほ証券と新光証券が合併へ。 みずほFG傘下のみずほ証券と新光証券が合併するようです。詳しくは続きをどうぞ! [続きを読む]

» 内部統制とは何か? [内部統制とは]
内部統制とは何か? 端的に言えば、それは、 企業における内部報告の適正性を高める... [続きを読む]

« 「サンラ・ワールド」社と「増田俊男」氏が被告の民事裁判〔1月の弁論期日〕 | トップページ | 「サンラ裁判」に関する緊急告知 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ