2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 弁護士に対する「懲戒請求」の手続き | トップページ | 増田俊男氏らに「騙された」と投資者が集団訴訟へ »

2007/01/30

「リッチランド」会長ら幹部を詐欺容疑で逮捕

警視庁生活経済課が静岡、福岡両県警と合同捜査本部を設置し、詐欺容疑の立件に向けて「リッチランド」の捜査に乗り出したのは'05年5月のことだった。同年6月28日、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで、本社や関係先など全国約30ヵ所を一斉捜索。それから1年7ヵ月を経て、ようやく詐欺容疑での逮捕となった。

投資金詐欺:リッチランドの会長ら逮捕へ 5百億円集める

健康食品販売会社「リッチランド」(東京都北区)が、配当の見込みのないまま会員から投資金をだまし取っていた疑いが強まり、警視庁生活経済課は30日にも佐伯万寿夫会長(61)ら幹部十数人を詐欺容疑で逮捕する方針を固めた。「短期間で高配当が得られる」とうたい、全国の会員1万人から約500億円を集めたとされ、同課は資金集めと使途の解明を進める。

調べでは、佐伯会長らは配当の見込みがないのに高額配当を約束し、全国の主婦や会社員らから多額の資金をだまし取った疑いが持たれている。

全国のホテルで説明会を開いたり、既存会員に新規会員を開拓させる「マルチ商法」を取り入れて会員を増やした。

04年春ごろには配当が滞るようになり、資金繰りが悪化。新たな投資話を持ちかけて出資金を集め、既存の会員の配当に回す「自転車操業」に陥った。その後も「探検家による沈没船の引き揚げ事業に投資する」などと宣伝し、資金集めを続けていた。投資話のほとんどは実体のないものだったと同課はみている。

同課は、会員の被害届けを受けて05年6月、出資法違反(預かり金の禁止)容疑で同社や関係先など約30カ所を家宅捜索し、財務書類など押収資料の分析を進めていた。

毎日新聞 2007年1月30日 3時00分

会長と幹部のほか、会員を獲得し、みずから大口の投資をしていた上級会員も、逮捕者に含まれるという。

« 弁護士に対する「懲戒請求」の手続き | トップページ | 増田俊男氏らに「騙された」と投資者が集団訴訟へ »

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/168028/5134939

この記事へのトラックバック一覧です: 「リッチランド」会長ら幹部を詐欺容疑で逮捕:

« 弁護士に対する「懲戒請求」の手続き | トップページ | 増田俊男氏らに「騙された」と投資者が集団訴訟へ »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ