2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« やはり危なかった時事評論家「増田俊男」氏の〝儲け話〟 | トップページ | 「増田俊男・サンラ訴訟」速報 Ⅳ »

2007/02/19

79歳「年金生活者」が、増田俊男氏に「騙された!」と提訴

きょう夕方、増田俊男氏ら4名に「詐欺行為の被害を受けた」として、投資者2名が総額約1200万円の損害賠償を求める訴えを東京地方裁判所に起こした。

原告のうち、今年に傘寿を迎える男性Eさんは、『SCH』(サンラ・キャピタル・ホールディングス)や『サンラ国際信託銀行』など、サンラ・ワールド社が主宰・募集した案件に投資していた。昨年10月、サンラ・ワールド社に投資の解約を申し込んだEさんは、投資時の約束が守られないことについて抗議。その後も、サンラ・ワールド社と交渉を続けたが、返金はされず、しまいには無視されて、返事もこなくなったのだという。単独で交渉を続けても、らちが明かないと判断したEさんが、当対策室へ相談にこられたのは、昨年末になってからのことだった。しかしサンラ・ワールド社は、Eさんにだけは、当対策室がサポートする他の返金請求者にくらべて、極端に悪い条件を提示したのだ。Eさんは憤る。

「どうせ、地方に住む高齢の年金生活者なんかに訴訟は起こせない。せいぜい、こうるさい手紙を書いてよこすことぐらいしかできないだろうと、彼らは高をくくっているようです。弱者を見下した態度が、ひしひしと伝わってきます。このまま泣き寝入りしては、サンラ・ワールドと増田俊男氏を増長させ、さらに被害者を増やすことにもなりかねません。私は闘います。一寸の虫にも五分の魂です」

Eさんは、先月から腎不全で入院しており、病床からの提訴となった。

サンラ・ワールドにEさんが投資したのは、『船井相互研究所』会長の船井幸雄氏が、増田俊男氏を推薦していたことで、信用してしまったからだという。船井氏のサイト『船井幸雄.COM』では、今月16日に更新した「船井幸雄の『この人いいよ!』」のページで、増田氏のインタビュー記事を載せている。

今回の訴訟の被告となったのは、増田俊男氏、サンラ・ワールド社、江尻真理子社長、江尻徳照元副社長の4名。今月8日にも、同様の民事訴訟が提起されている。こうした事態を承知したうえで、船井氏は増田氏を褒めちぎっているのだろうか。

« やはり危なかった時事評論家「増田俊男」氏の〝儲け話〟 | トップページ | 「増田俊男・サンラ訴訟」速報 Ⅳ »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やはり危なかった時事評論家「増田俊男」氏の〝儲け話〟 | トップページ | 「増田俊男・サンラ訴訟」速報 Ⅳ »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ