2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 「増田俊男・サンラ訴訟」速報 Ⅵ | トップページ | 『パシコン名誉毀損裁判』で〝言論の自由〟を守ったはずの「佐藤博史」弁護士が〝言論封じ〟をしていた »

2007/03/17

「投資詐欺」を理由に集団訴訟を起こされた  被告「増田俊男」氏らの答弁

3月19日(月)、サンラ・ワールド社らが「共謀した詐欺行為の被害に遭った」とする7名の投資者から、約6300万円の損害賠償を求めて訴えられた裁判の口頭弁論が開かれる。その被告「答弁書」が、東京地方裁判所に提出された。

〔関連記事〕増田俊男氏らに「騙された」と投資者が集団訴訟へ

070319001 『答弁書』の全文は、ここをクリック!

被告は、サンラ・ワールド社と同社社長の江尻眞理子氏、同元副社長の江尻徳照氏、増田俊男氏の4名。7名の原告が投資していたのは『アリウス3D社』(Arius3D,Inc.)、『SCH』(Sunra Capital Holdings Ltd)、『サンラ・コーヒー組合』(Sunra Coffee LLC)、『サンラ国際信託銀行』など、サンラ・ワールド社が募集・勧誘してきた代表的な案件だった。投資に至った経緯や手続き、送金先などは、ほかのサンラ投資者となんら変わりはない。ファクシミリ送信の文書や、SIC(サンラ・インベストメントクラブ)定例会などで勧誘され、誇大なセールス・トークに煽られ、増田氏らを信じて投資をしてきた。ところが増田氏ら被告は、それらの事実をいっさい否定しているのだ。

被告の眞理子、増田、徳照はSICを主宰していない。

同人らが、投資の勧誘をしてきた事実もない。

原告(投資者)が送金したのは『アジアン・ドリーム社』(Asian Dream, Inc.)であり、被告らとは関係ない。

すでに、江尻眞理子社長が代表者であることが判明している『アジアン・ドリーム社』でさえ、いまだに「無関係」を主張し続けている。この「答弁書」は、すべてのサンラ投資者の信頼を裏切り、熱狂的な〝増田信者〟をも失望させるものではないだろうか。

〔関連記事〕Asian Dream,Incの代表は江尻眞理子氏だった

« 「増田俊男・サンラ訴訟」速報 Ⅵ | トップページ | 『パシコン名誉毀損裁判』で〝言論の自由〟を守ったはずの「佐藤博史」弁護士が〝言論封じ〟をしていた »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「増田俊男・サンラ訴訟」速報 Ⅵ | トップページ | 『パシコン名誉毀損裁判』で〝言論の自由〟を守ったはずの「佐藤博史」弁護士が〝言論封じ〟をしていた »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ