2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 映画「大阪府警潜入捜査官」 | トップページ | 「佐藤博史」弁護士が訴えられた「損害賠償請求事件」口頭弁論期日 »

2007/06/04

「パシコン」名誉毀損訴訟で、雑誌「ZAITEN」とライター「山岡俊介」氏側が附帯控訴

建設コンサルタント会社『パシフィックコンサルタンツ・グループ』(パシコン)と前社長の荒木民生氏が、月刊誌『財界展望』(現・ZAITEN)とフリーライターの山岡俊介氏に対して起こしていた名誉毀損訴訟は、今年2月16日に財界展望側が一審勝訴。東京地裁は、パシコン側の請求を退けたうえで、財界展望側の反訴も認めたのだ。その後、パシコンは控訴しなかったが、個人の荒木前社長が控訴。この控訴審の手続きのなかで、6月1日、財界展望側が附帯控訴した。

この「パシコン名誉毀損訴訟」で、財界展望の発行元・財界展望新社と山岡氏の訴訟代理人となっているのが、第二東京弁護士会所属の佐藤博史弁護士(新東京法律会計事務所)である。ところが、その佐藤弁護士は〝もぐり〟の投資会社『サンラ・ワールド社』らの訴訟代理人となって、財界展望の記事を理由とした名誉毀損訴訟を、当ブログ運営者の津田哲也(次回弁論準備6月18日午後2時)に対して起こしているのだ。

〔関連記事〕『パシコン名誉毀損裁判』で〝言論の自由〟を守ったはずの「佐藤博史」弁護士が〝言論封じ〟をしていた

佐藤弁護士は現在、サンラ・ワールド社の投資被害者から、「共同不法行為の責任」を理由に2件の損害賠償請求訴訟を起こされ、また「不当な言論封じや人権侵害を受けた」などとして、所属する第二東京弁護士会に10件あまりの懲戒請求をされている。

※〔附帯控訴〕被控訴人が、相手方の控訴によって開始された控訴審手続中に、控訴審判の範囲を自己に有利に拡張させて、原判決の取消し・変更を求める申立て。

« 映画「大阪府警潜入捜査官」 | トップページ | 「佐藤博史」弁護士が訴えられた「損害賠償請求事件」口頭弁論期日 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「大阪府警潜入捜査官」 | トップページ | 「佐藤博史」弁護士が訴えられた「損害賠償請求事件」口頭弁論期日 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ