« 民事再生申立の「あおば出版」負債額13億6000万円 | トップページ | マネー・ロンダリングまがいの海外投資商法 »

2007/07/11

『アリウス3D社』のIPOに関する「オンタリオ証券委員会」の回答

『アリウス3D社』(Arius3D,Inc.)のIPOを予告してきた最終期限が切れる直前の6月末、「サンラ・ワールド社」(江尻眞理子社長)は「Arius3D,Inc.株主説明会)を開き、「IPOが確定した」かのような発表をした。配布された資料も一見すると、もっともらしい説明が並んでいる。が、しかし、過去に幾度となく投資者を欺き、はぐらかしつづけてきた〝コケオドシ〟の手口に変わりはない。

財務諸表、目論見書、申請書類、契約書などの具体的な証拠は、毎度のことながら、ちらりとも見せない。そればかりか、CPC(資本共同会社)や同担当法律事務所、投資銀行などの名称すら発表していないのだ。「IPOする」と言っているのは、カネ集めをするサンラ・ワールド社側だけ。それでは、あまリにもインチキ臭い。

先月の12日、増田俊男氏は一部の投資者に対して「Arius3D, Inc.のIPOは13日午後2時の時点で正式に決定します」と断言していた。その言葉がウソだったことは、今回の発表が物語っている。「CPC方式という制度を利用する」と言い出したのは、下旬になってからのことだ。6月なかばの時点では、通常のIPOの準備をしていなかったのではないか。そう疑われても仕方がないだろう。

アリウス3D社がIPOの手続きをしていることが示される唯一の〝希薄な証拠〟が、ブライアン・モリ(Brian Mori)氏なる人物のビデオ・レターによるメッセージだった。「上場については、すべての書類が提出され、現在返事を待っている所です。夏の終わり頃には、合体が完了します。次の説明会の時には皆様にさらに良いニュースを、お伝えすることが出来るでしょう(原文ママ)」と、サンラ・ワールド社が投資者に配布したモリ氏のメッセージの和訳文書に書かれている。

このモリ氏は、デヴィッド・ブルッケルマン(David Breukelman)氏に代わって就任したアリウス3D社の新社長として、サンラ・ワールド社が今年2月に紹介していた。しかし、アリウス3D社のサイトを参照すると、社長はブルッケルマン氏のままになっている。しかも、マネージメント・チームの一覧にモリ氏の名前は見当たらない。

Company Information - Arius3D

当対策室調査班は、今回あらたに浮上した「IPO話」の真偽を確かめるべく、リサーチをはじめた。現地の信用調査会社の報告などは、手もとに届きしだい発表する。以下は、オンタリオ証券委員会から得られた回答だ。

Thank you for your inquiry to the Ontario Securities Commission (OSC) concerning Arius 3D (Arius).

The capital pool company program (CPC) permits issuers to file a CPC prospectus, and to obtain a TSX Venture Exchange listing for a company that does not yet carry on business and has no assets.

Arius is not a reporting issuer (publicly traded company) in Ontario, nor is there any information concerning Arius in the public records of the OSC.

You may wish to contact the company directly, to inquire as to its intentions or direct your concerns to your local securities regulator.

I appreciate the time you have taken to contact the OSC using our on-line inquiry service.

Sincerely,

Kimberly Shilton
Inquiries Officer
Ontario Securities Commission
inquiries@osc.gov.on.ca
416-593-8314
1-877-785-1555

オンタリオ証券委員会 (OSC)に、Arius3D (以下、Arius)に関して照会をいただき、ありがとうございます。

CPC(共同出資会社)とは、まだ事業活動を開始しておらず(現金以外の)資産を持っていない会社が「CPC目論見書」を登録すればTSX-V(トロント・ベンチャー証券取引所)に株式の上場を許可される制度です。

Ariusはオンタリオで報告義務のある企業(上場企業)ではありません。Ariusに関するいかなる情報もOSCの公的記録にはありません。

直接、会社(Arius)に上場予定の有無を問い合わせるか、または、お住まいの地区の証券監督機関に照会してみてください。

時間を割いて、当方のオンライン照会サービスを利用して連絡いただいたことに感謝します。

キンバリー・シルトン
問合せ担当官
オンタリオ証券委員会

|

« 民事再生申立の「あおば出版」負債額13億6000万円 | トップページ | マネー・ロンダリングまがいの海外投資商法 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民事再生申立の「あおば出版」負債額13億6000万円 | トップページ | マネー・ロンダリングまがいの海外投資商法 »