2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』が当ブログ管理者を訴えた「名誉毀損訴訟」の弁論期日 | トップページ | 完成記念ツアーを宣伝する『サンラ・コーヒー組合』土地を担保に〝借金まみれ〟か »

2007/08/30

『警察庁』拳銃情報「謝礼金」制度の導入で懸念される警察の〝不正と犯罪〟の急増

警察庁は29日、またしても〝愚策〟としかいいようのない新制度導入の発表を行った。来年4月から、銃器の摘発につながった情報の提供者に対して、1丁当たり10万円前後の「謝礼金」を国費から支払う方針を決め、銃器対策に'08年度は4億3800万円の概算予算を計上するというのだ。

銃摘発の情報に10万円 押収数減り、警察庁が窮余の策〔朝日新聞〕

いまさら、警察庁が「謝礼金」の新制度を謳うまでもなく、警察は以前から拳銃捜査の情報提供者(協力者)に対して、報奨金を支払ってきている。国家事業として銃器対策が推進されていた90年代なかばには、拳銃捜査に巨額の国費が投入され、「カネで買ってでも拳銃を挙げろ」とする警察庁の奨励が警察の〝不正と犯罪〟を助長した。全国都道府県警察は組織ぐるみで裏金づくりに励み、国費ほしさに「ヤラセ偽装押収」や「犯意誘発型オトリ捜査」などの違法捜査で数字を稼ぐ。そのために、警察は協力者の犯罪の目溢しや事件のもみ消しを行い、不正薬物の蔓延などの弊害をまねいたのだ。

警察庁の勅令で、警察は再び過ちを繰り返そうとしている。新制度は、違法捜査の〝隠れ蓑〟として悪用される可能性が高い。

「謝礼金情報で、全国初の拳銃押収」などという記事が新聞に載れば、それは違法捜査だとみて、まず間違いないだろう。

【関連記事】「自殺者」まで出した警察の不当捜査

【関連記事】大麻と拳銃を大量密輸した「兵庫県警」幹部の直撃映像

【関連記事】銃が人を殺すのか、人が人を殺すのか

【関連記事】元「潜入捜査官」が語るヤクザの拳銃事情

【関連記事】警察「ヤラセ押収」のツケがまねいた「闇拳銃」の氾濫!

« 増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』が当ブログ管理者を訴えた「名誉毀損訴訟」の弁論期日 | トップページ | 完成記念ツアーを宣伝する『サンラ・コーヒー組合』土地を担保に〝借金まみれ〟か »

警察」カテゴリの記事

銃器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』が当ブログ管理者を訴えた「名誉毀損訴訟」の弁論期日 | トップページ | 完成記念ツアーを宣伝する『サンラ・コーヒー組合』土地を担保に〝借金まみれ〟か »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ