2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 『警察庁』拳銃情報「謝礼金」制度の導入で懸念される警察の〝不正と犯罪〟の急増 | トップページ | 増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』は「金融商品取引法」の施行を乗りきれるのか〔2〕 »

2007/09/01

完成記念ツアーを宣伝する『サンラ・コーヒー組合』土地を担保に〝借金まみれ〟か

『サンラ・コーヒー組合』が投資者に無断で520万ドルの抵当権を設定('06年9月1日付)していたことは、すでに報じているが、さらに今年6月、追加の借り入れを行っていたことが判明した。

〔関連記事〕「サンラ・コーヒー園に設定されていた抵当権」

0000025192 0000025193 融資元は、前回と同じくハワイ・ナショナル銀行(Hawaii National Bank)。登記された抵当権設定書によれば、元本は384万ドル(約4億4500万円)となっている。

既報の近隣農園主との訴訟を終結させるための和解金が、この借金から充当されたとみられ、サンラ所有地に付けられていたLis Pendens(訴訟係属)の登記は解除された。

〔関連記事〕「増田俊男氏が「最高の投資」と吹いていたコーヒー園〝儲け話〟の実態」

0000025194 0000025195 正式な分譲許可(Final Subdivision Approval)が取得されたのちに、訴訟原告は5エーカーの区画を2つ、合計10エーカーの土地引き渡しを受けられることになっていた。しかし、サンラがいっこうに分譲許可取得を完了させないため、分筆された土地そのものを受け渡すことができない。そこで、最終的に土地の対価相当を現金で支払うかたちで、解決が図られたものと推測される。

(画像は'05年11月に登記された訴訟係属の謄本。訴訟の解決により解除された)

これで、コーヒー園用地を担保にした借り入れ元本は合計904万ドル(約10億4600万円)となる。金利や融資実行条件は別書類に記載されるものなので、現在のところは正確な年利は不明。仮に年利を7%として計算した場合、金利負担が年間7000万円以上にものぼるのだ。

0829 万が一、約定通りの返済ができなければ、「抵当流れ」(foreclosure)というかたちで、コーヒー園の土地がが人手に渡ることにもなりかねない。『サンラ・ワールド社』は、「完成記念ツアー」なるイベントでごまかさず、投資者に対してコーヒー組合の財務状況、資金調達の理由や今後の見通しなどについて、きっちりと説明すべきだろう。

« 『警察庁』拳銃情報「謝礼金」制度の導入で懸念される警察の〝不正と犯罪〟の急増 | トップページ | 増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』は「金融商品取引法」の施行を乗りきれるのか〔2〕 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『警察庁』拳銃情報「謝礼金」制度の導入で懸念される警察の〝不正と犯罪〟の急増 | トップページ | 増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』は「金融商品取引法」の施行を乗りきれるのか〔2〕 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ