2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』は「金融商品取引法」の施行を乗りきれるのか〔3〕 | トップページ | 増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』の投資被害者に弁護士が無料相談 »

2007/10/17

『L&G被害対策弁護団』に被害者を救済できるのか

健康寝具販売会社『エル・アンド・ジー社』(L&G)に対する出資法違反の疑いで、警視庁などの合同捜査本部が一斉捜索に入ったのは今月3日のことだった。それから1週間後の10日、東京の46名の弁護士が『L&G被害対策弁護団』団長・千葉肇弁護士)を結成している。

この被害対策弁護団には、『サンラ・ワールド社』顧問の佐藤博史弁護士が率いる『新東京法律会計事務所』に所属する2名の弁護士が名を連ねているのだ。しかも、そのうちの1名は示談交渉などで、サンラ・ワールド社の代理人を務めたこともある。

2007年10月14日被害者説明会配布資料一式―PDFファイル

L&G被害対策弁護団は15日に開設したホームページのなかで、事務局長の田中博尊弁護士がL&Gの商法を「組織的詐欺」と断言すしたうえで、同商法の法律上の問題点を以下のように指摘している。

4 法律上の問題点

(1)刑事
①出資法第8条1項2号違反(3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金又はこれらの罰の併科)
②詐欺罪(刑法246条1項)(10年以下の懲役)
③組織的詐欺罪(組織的犯罪処罰法第3条1項9号)(1年以上20年以下の懲役)

(2)民事
実際には、破綻が必至のシステムであるにもかかわらず、それと知りながら、多数の会員から多額の金員を、「世界経済円天構想」といった出鱈目の経済構想や、宗教がかった説明で預託させている。これらは明らかに詐欺その他の不法行為に該当する。また、波は当然として、その他の取締役等の役員対しても、損害賠償責任を追求していく余地がある。さらに、会員の勧誘に関与した芸能人に対しても、損害賠償責任を追及することができないか、検討する必要がある。

悪質商法が破綻すれば、かならず弁護団が結成される。しかし、警察が捜査介入し、マスコミが報道し、業者の破綻が確定して、出資金の回収が困難な状態になってから群がるのでは、着手金目当てに被害者を食い物にする〝ハイエナ〟と誤解されかねない。

被害の拡大を未然に防ぎ、出資金の回収が可能な時期に被害者の救済に乗り出すことこそ、社会正義の実現を使命とする弁護士がとるべき道ではないだろうか。L&G被害対策弁護団には、サンラ・ワールド社の商法についても、ぜひ見解を聞かせてもらいたいものだ。

損害賠償責任を追求していく余地がある対象は、役員や広告塔となった著名人だけではない。悪質業者の商法に「適法」との〝お墨付き〟をあたえ、不法行為を助長した弁護士の損害賠償責任も視野に入れるべきだ。

L&G被害対策弁護団連絡先

〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目7番地8 地引第2ビル407号
 リンク総合法律事務所
 L&G被害対策弁護団・副団長 紀藤正樹弁護士

« 増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』は「金融商品取引法」の施行を乗りきれるのか〔3〕 | トップページ | 増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』の投資被害者に弁護士が無料相談 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』は「金融商品取引法」の施行を乗りきれるのか〔3〕 | トップページ | 増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』の投資被害者に弁護士が無料相談 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ