« 増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』の投資被害者「弁護士無料相談会」定員になり次第締切 | トップページ | 「神奈川県警」取調室で「拳銃発砲」被疑者死亡の『戸部署事件』から10年 »

2007/11/05

年末に「アリウス・ショック」は到来する!?

11月に上場し、上場すれば10倍から15倍になる──。

先月の10・11日に、東京と大阪で開かれた『アリウス3D社』(Arius3D,Inc.)の「説明会・祝賀会」の席上で、増田俊男氏はそう宣言したという。

それから1週間ほど経って、「説明会・祝賀会」に出席した投資者のもとへ、「Arius3D,Inc.株主の皆様」と題された文書が届いた。この文書は、アリウス3D社への投資を名目とした有価証券を〝闇売買〟するグループの胴元『サンラ・ワールド社』(江尻眞理子社長)が、『Arius3D,Inc.サービス代行センター』を名乗って発信したものだ。

【関連記事】増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』が最後? の出資金集め

「Arius3D,Inc.株主の皆様」は、『フロンティア・ワン社』(Frontier One,LLC)が保有する約550万株分のワラント行使を募集・勧誘する文書だった。「説明会・祝賀会」での夢のような上場話の興奮が冷めやらぬうちに、目の前にニンジンをぶら下げられた投資者たちは締切日の10月31日までに、ハワイアン・ナショナル銀行に開設されたフロンティア・ワン社名義の口座に投資金を振り込んだ。そして、大金と引き換えに投資者が手にしたのは、アリウス3D社の株券ではない。フロンティア・ワン社が発行した「株式保証書」という、投資者がアリウス3D社への投資を法的に報償されない〝マスダ債権〟だった。

過去7年間に4度も「虚偽のIPO 話」に乗せられてきたにもかかわらず、またもや「1ヶ月の超短期投資で10倍以上に化ける未公開株」という、うますぎる話に引っかかった投資者も少なくなかったようだ。

しかし、「増田俊男,サンラ・ワールド,SIC」投資被害対策室は断言する。

アリウス3D社が今月中に上場し、株価が10倍や15倍になることは100%あり得ない!

金融商品取引の専門家に訊いてもらっても、おそらく同じ答えしか返ってこないと思う。また、消費生活センターに駆け込まれた投資者は、相談員から一様に「詐欺的商法の疑いがあるから、すぐに弁護士か警察に相談して、サンラ・ワールド社に返金を求めなさい」というようなアドバイスを受けている。

それでも「こんどこそ上場する……かも」と、まだ希望を捨てきれないでいる人は、Arius3D, Inc. - IPO資料舘というサイトが、CPCの『レベッカ・キャピタル社』(Rebecca Capital,Inc.)とアリウス3D社の合併進捗状況を確認する方法を教示している。自身でチェックして、今月末にパニックが起きた場合を想定した対策を講じておく必要があるのか、ないのか、判断する材料にすればいいだろう。

|

« 増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』の投資被害者「弁護士無料相談会」定員になり次第締切 | トップページ | 「神奈川県警」取調室で「拳銃発砲」被疑者死亡の『戸部署事件』から10年 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』の投資被害者「弁護士無料相談会」定員になり次第締切 | トップページ | 「神奈川県警」取調室で「拳銃発砲」被疑者死亡の『戸部署事件』から10年 »