« 増田俊男氏と江尻眞理子氏が組成・運営する『Arius3Dファンド』の違法性 | トップページ | 「詐欺」被害の声が相次ぐ『増田俊男』氏の冠番組を「BS11」が放送開始 »

2007/12/12

「預けたお金を返してくれない」と被害者が憤る『増田俊男ヤミ銀行』の違法性

『サンラ国際信託銀行』(パラオ籍)の営業許可が'05年1月に取り消された以降も、元金保証・高配当(金利)をうたって募集した預り金業務を継続している増田俊男氏の〝ヤミ銀行〟が、昨年末に破綻していたことは、すでに報じたとおり。

〔関連記事〕「破綻」しても〝カネ集め〟をやめない「増田俊男ヤミ銀行」の実態

〔関連記事〕「破綻」しても〝カネ集め〟をやめない「増田俊男ヤミ銀行」の実態②

その〝もぐり〟営業の銀行窓口となっているのが、『サンラ・ワールド社』(江尻眞理子社長)だ。資金の預け先であったはずの銀行は、とっくに消失。その後のヤミ営業で破綻している事実を隠して、サンラ・ワールド社は〝幽霊銀行〟の窓口業務を継続している。だから出資(預金)者は、サンラ国際信託銀行の株式保有権の売却や定期預金の解約を申し込んで、はじめて自分が騙されていたことを知るのだ。

この記事の全文は「増田俊男,サンラ・ワールド,SIC」投資被害対策室に掲載。

|

« 増田俊男氏と江尻眞理子氏が組成・運営する『Arius3Dファンド』の違法性 | トップページ | 「詐欺」被害の声が相次ぐ『増田俊男』氏の冠番組を「BS11」が放送開始 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 増田俊男氏と江尻眞理子氏が組成・運営する『Arius3Dファンド』の違法性 | トップページ | 「詐欺」被害の声が相次ぐ『増田俊男』氏の冠番組を「BS11」が放送開始 »