2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 存亡の危機を賭けた増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』の年末文書 | トップページ | 被害者感情をないがしろにした「増田俊男」豪華イベントの開催に投資者怒る! »

2008/01/04

警視庁がエビ養殖投資「ワールド・オーシャンファーム」会長を逮捕

「いざとなったら海外へ逃げる」は、警察に通用しない。

エビ養殖投資会長を旅券法違反で逮捕、詐欺容疑でも追及へ

投資会社「ワールドオーシャンファーム」(東京都台東区)がエビ養殖に投資すると偽って約4万人から約600億円を集めていたとされる詐欺事件で、警視庁生活経済課が、同社会長黒岩勇容疑者(58)を旅券法違反と入管難民法違反の疑いで逮捕していたことが4日わかった。

黒岩容疑者は、詐欺容疑で会社などが捜索された昨年7月末以降、行方が分からなくなっていた。同課では、詐欺容疑でも同容疑者を追及する。

調べによると、黒岩容疑者は、昨年5月26日と12月1日、関西国際空港から他人名義のパスポートを使ってフィリピンに出国するなどした疑い。

黒岩容疑者は昨年12月20日、逃亡先と見られるベトナムから帰国。翌21日、東京都中央区の銀行にある現金自動預け払い機(ATM)で、本人名義の口座から、現金を引き下ろそうとしたが、同銀行からの通報で駆けつけた同課員に逮捕された。

同社は2005年ごろから、「フィリピンでのエビの養殖事業に投資すれば、1年で2倍の配当を支払う」との触れ込みで、全国の出資者から多額の資金を募集。当初は10日ごとに配当を支払っていたが、一昨年秋ごろから支払いが滞るようになり、昨年1月には完全にストップした。

黒岩容疑者は同2月、米国内の銀行口座に4000万ドルを送金したが、米連邦捜査局(FBI)は「犯罪に関与した資金の疑いがある」として口座を凍結している。

(2008年1月4日12時40分  読売新聞)

【関連記事】名誉毀損訴訟で露呈した「そろばん片手にお経を読む」増田俊男氏の〝騙しのテクニック〟

« 存亡の危機を賭けた増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』の年末文書 | トップページ | 被害者感情をないがしろにした「増田俊男」豪華イベントの開催に投資者怒る! »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 存亡の危機を賭けた増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』の年末文書 | トップページ | 被害者感情をないがしろにした「増田俊男」豪華イベントの開催に投資者怒る! »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ