« サンラ・ワールド社が公開した「増田信者」の声 | トップページ | 増田俊男氏らとの「共同不法行為責任」を理由に請求された佐藤博史弁護士の「懲戒請求事件」に追加〔意見書〕提出 »

2008/01/31

ねずみ講『天下一家の会』の元ロス支部長「増田俊男」氏の逮捕歴

当対策室の管理者である「津田哲也を名誉毀損で告訴している」と、増田俊男氏は講演会や投資説明会、インターネット・サイトなどで頻りに宣伝してきた。1月29日付の『時事直言』(第451・緊急号)では、このように書いている。

私は今回の騒動の火付け役とも言えるT氏を名誉毀損で告訴しています。氏は5年前にある雑誌に、今回と同じく、私のことを「40億円の詐欺師」などと書き立てましたが、「事実無根のことを書いてしまった」と雑誌社とともに正式謝罪し、「今後このようなことはしない」と謝罪文を提出した人物です。

増田氏と『サンラ・ワールド社』が、津田に3300万円の損害賠償などを求める訴えを東京地方裁判所に起こし、係争中であることは事実だ。そして、「5年前に『40億円の詐欺師』と書いた」と増田氏がいうのが、『財界展望』(2002年9月号)の記事である。「詐欺師」と書いたおぼえはないが、この記事は「甲第2号証」として、原告の増田氏側が証拠提出している。

Zaiten01a Zaiten02a Zaiten03a

当時の示談のいきさつについては、〔関連記事〕当対策室の批判活動を「違法行為」と誹謗する増田俊男氏の逆ギレを参照されたい。

「甲第2号証」にあるように、在米中に『天下一家の会』ロス支部長をしていた増田氏は、ねずみ講を行なった罪で逮捕されている。このことは、『サンラ・コーヒー組合』(Sunra Coffee LLC)が「在ハワイ州連邦地方裁判所」で起こされていた訴訟で、原告側代理人の弁護士が提出した書面のなかにも記されていた。

0000024423a サンラの幹部である増田俊男は、カリフォルニアにおいてピラミッド投資スキーム(ねずみ講)に関与したかどで有罪判決を受けた。さらに、サンラはカネの流れを見えにくくするオフショア銀行制度を隠れ蓑にし、国際的な投資スキームの運営をつづけている。20080131

0215s  フライデー [2008年02月15日号]

【本誌は撮っていた!】被害総額200億円の大型詐欺事件に発展か
「パラオ投資」【疑惑】の評論家《増田俊男氏》に囁かれる「闇の素顔」

|

« サンラ・ワールド社が公開した「増田信者」の声 | トップページ | 増田俊男氏らとの「共同不法行為責任」を理由に請求された佐藤博史弁護士の「懲戒請求事件」に追加〔意見書〕提出 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンラ・ワールド社が公開した「増田信者」の声 | トップページ | 増田俊男氏らとの「共同不法行為責任」を理由に請求された佐藤博史弁護士の「懲戒請求事件」に追加〔意見書〕提出 »