« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/28

増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』らを相手に投資者が提訴

詐欺を理由に、増田俊男氏や『サンラ・ワールド社』(江尻眞理子社長)らを相手に損害賠償を求める2件の訴訟が27日、東京地方裁判所に提起された。

提訴したのは、神奈川県在住の30代の男性と都内に住む70代の男性。2人はいずれも、サンラ・ワールド社らが資金集めをしてきた『サンラ国際信託銀行』('05年消滅)や『サンラ・キャピタル・ホールディングス社』(Sunra Capital Holding Ltd.)などの複数の案件に出資をしていた。

原告のうち、30代の男性は昨年11月からサンラ・ワールド社に資金の返還を求めてきた。しかし、同社顧問弁護士の佐藤博史弁護士(第2東京弁護士会)らから、返金請求をした正当な権利について「謝罪」を強要されるなど、まともな会社ではあり得ない異常な対応をされたため、詐欺の被害に遭ったことを確信。サンラ・ワールド社と増田氏、江尻社長のほか、佐藤弁護士を被告に加えた法人・個人4名に対して、約2000万円の損害賠償を求める訴えを起こした。この男性は今月18日、第2東京弁護士会に佐藤弁護士らの懲戒請求を行っている。

一方、70代の男性は出資した全案件のうちの一部(旧・サンラ国際信託銀行の定期所金)についてのみを訴訟の理由とし、約3000万円の損害賠償を求めている。佐藤弁護士に対しては、サンラ・ワールド社らとの共同不法行為の責任があるとして1月21日、東京簡易裁判所に損害賠償請求訴訟を起こしており、今回の訴訟では被告に加えなかった。

訴状によると、原告らは「出資時の固定配当や元本保証の約束を被告らは一方的に破棄し、買戻しや返金には応じない。虚偽説明と誇大な宣伝を繰り返すことで、市場流通性がまったくない無価値の株式保有権を、原告ら投資家に売りつけた詐欺である」、「当初は銀行の定期預金という普遍的な信用に基づいて預金をしたが、被告らは高額な金利を実際に支払うことで、原告をさらに信用させた。そのことにより、徐々に預金額を増額させ、サンラ国際信託銀行以外の投資ファンドなどにも出資を勧誘して、原告に生活資金のほとんどをつぎ込ませるに至った。これらの被告らの行為は、詐欺以外のなにものでもない」などとしている。

現在、サンラ・ワールド社に対して、多数の投資者が資金の返還を求めており、今後も同様の訴訟が相次ぐ可能性がある。

〔原告代理人〕上野勝弁護士

上野法律事務所
〒160-0022東京都新宿区新宿5ー4ー1 新宿Qフラットビル808号室
電話:03-5269-6831 ファックス:03-5269-6870

| | コメント (0)

2008/03/27

50万円の借金を返さずに訴えられた「増田俊男」氏の不始末

0000044050a出資法違反の疑いで刑事告訴され、詐欺を理由に損害賠償請求訴訟を起こされるなど、出資金集めをめぐるトラブルが絶えない増田俊男氏が、またしても出資者から訴えられていたことが明らかになった。「買戻しを約束した株式の代金を返さない」として、岐阜県在住の会社員の男性から訴えられたのだ。

この訴訟で増田氏の債務とされる金額は、わずか47万5000円。これまでに200億円を超える巨額の資金を集めたとされる〝増田ファンド〟の胴元にしては、あまりにもしみったれている。しかも、訴訟にいたった経緯が、いかにも食言家の増田氏らしい。0000044041a0000044040a_2

原告の男性が、増田氏に支払いを求めている47万5000円は、もとは『サンラ・ワールド投資事業有限責任組合』への投資金だった。

続きを読む "50万円の借金を返さずに訴えられた「増田俊男」氏の不始末"

| | コメント (0)

2008/03/26

投資者に「謝罪」を強要する『サンラ・ワールド社』顧問弁護士が、また「懲戒請求」されていた

Chokai0803_2サンラ・ワールド社』(江尻眞理子社長)に出資金の返還を求めた投資者が、「和解金と引き換えに謝罪を強要された」などとして、同社顧問弁護士の佐藤博史弁護士(新東京法律会計事務所)ら3名の弁護士を懲戒請求をしていたことがわかった。

佐藤弁護士は、増田俊男氏とサンラ・ワールド社らとの共同不法行為責任などを理由に、投資者らから多数の民事訴訟と懲戒請求を起こされている。

続きを読む "投資者に「謝罪」を強要する『サンラ・ワールド社』顧問弁護士が、また「懲戒請求」されていた"

| | コメント (0)

2008/03/17

「懲戒請求」事件で『サンラ・ワールド社』らとの共同不法行為責任を否定する「佐藤博史」弁護士の詭弁

サンラ・ワールド社』(江尻眞理子社長)顧問弁護士の佐藤博史弁護士(新東京法律会計事務所)と木村文幸弁護士(同)は、所属する第2東京弁護士会に多数の懲戒請求をされている。

増田俊男氏やサンラ・ワールド社らによる詐欺的な資金集めを助長したことや、同社らに対して損害賠償を求める訴訟を起こした原告に謝罪を強要するなどの人権侵害を行ったことなど、請求の事由はさまざまだ。それらの「懲戒請求」事件のうち、岐阜県に住む男性が申立てていた2件の事件について、佐藤・木村両弁護士が「弁明書(2)」と題した書面を第2東京弁護士会綱紀委員会へ提出していたことがわかった。

0000042975 0000042976 この懲戒請求事件で、申立人の男性は昨年11月14日今年1月29日付で2通の「意見書」を提出していた。それに対する佐藤弁護士らの反論が、今回の「弁明書(2)」で述べられている。

続きを読む "「懲戒請求」事件で『サンラ・ワールド社』らとの共同不法行為責任を否定する「佐藤博史」弁護士の詭弁"

| | コメント (0)

2008/03/11

「そば屋の出前」が届いたあとに待っている「落とし穴」① Arius3D

長期にわたる「そば屋の出前」に耐えてこられた皆様に、お詫びと感謝の気持ちをお伝えしたいと思います──。

サンラ・ワールド社』(江尻眞理子社長)が2月18日に投資者へ送った文書で、増田俊男氏は「そば屋の出前」の終結宣言をしていた。

「そば屋の出前」とは、その場しのぎの言い訳で、物事の遅延をごまかすことの喩えだ。サンラ・ワールド社の商法では常套化された瞞着の術だが、『アリウス3D社』(Arius3D,Inc.)の投資話では、あまりにも度が過ぎていた。「もうすぐ上場する!」、「投資したお金が何十倍にもなる!」などと、増田氏が「上場話」を吹きつづけて今年で8年目になる。アリウス3D社の上場先として、増田氏がこれまでに名を挙げてきたのは証券市場は、存在もしない証券取引所からナスダックやニューヨーク証券取引所といった世界最大級の市場まで多数ある。「近日上場」を吹いては資金を集め、それらの上場話はいつのまにか立ち

消えて、結果はウヤムヤにされてきた。予告時期を先延ばしにする「そば屋の出前」は数え切れない。

投資者から「IPO詐欺」の声が上がり、増田氏らに対する訴訟が相次ぐ最中に、現在のTSXーV(トロント・ベンチャー証券取引所)での上場話が持ち出された。TSX(トロント証券取引所)グループの証券取引所だが、大規模企業と中堅企業が上場するTSXに対し、TSXーVの上場会社ほとんどが中小企業。そのTSXーVでさえ、アリウス3D社は上場基準を満たすことができなかったからか、昨年6月ごろからCPC(上場会社との合併)方式を利用した上場話に変更された。

冒頭の増田氏のコメントが添えられたサンラ・ワールド社の2月18日付の発表では、CPC会社の『レベッカ・キャピタル社』(Rebecca Capital,Inc.)とアリウス3D社の合併が完了し、2月末から3月3日ごろまでにSEDAR(電子文書検索システム)に掲示され、その数日後に『アリウス3D・コーポレーション(Arius3D,Corp.)の社名で取引きが開始されるはずだった。

ところが結果は、いつもどおりの「そば屋の出前」。そればかりか増田氏とサンラ・ワールド社は、日本でのマスメディアの報道とレベッカ・キャピタル社が3月7日に発表したニュース・リリースこじつけて、取引開始後の「落とし穴」の仕上げに取りかかったのだ。

嵌れば、投資者は不利益をこうむり、増田氏やサンラ・ワールド社らが一方的に得をするおそれのある仕掛けは「株式確認書」に隠されている。

続きを読む "「そば屋の出前」が届いたあとに待っている「落とし穴」① Arius3D"

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »