2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 「時事評論家」増田俊男氏らが「詐欺」を理由に訴えられた訴訟の弁論期日 | トップページ | 「第2のマイクロソフト」を自称する〝長屋住まい〟のIT会社が『読売新聞社』へ抗議文を送ったと〝遠吠え〟する増田俊男氏 »

2008/04/18

古希を迎えた「時事評論家」増田俊男氏の〝斜陽〟

増田俊男氏は、きょう満70歳の誕生日を迎えた。

0103302s 写真は、「サンラ東日本橋ビル」の竣工式('01年)に顔をそろえた〝江尻ファミリー〟だ。右から増田俊男氏、江尻眞理子氏(サンラ・ワールド社社長)、そして中央のメガネをかけた人物が、眞理子氏の実弟の江尻徳照氏。このころの増田・江尻夫婦は、得意の絶頂にあった。

私達3人は、「もはや、家族だけでサンラ・グループを所有する時代は終わった」と判断し、またサンラ・グループの「今日までの目覚しい発展は皆様のお陰である」との認識から、今日までの成果と、今後限りなく成長するサンラ・グループの利益を皆様と分かち合うべきであると思い、グループの中心的存在であるサンラ・ワールド株式会社を近い将来適切な株式市場に公開(IPO)することを決心しました。

「20010409_special1.pdf」をダウンロード

Untitled2 『時事直言』('01年4月9日号)で宣伝されたように、増田氏が代表組合員となって結成した『サンラ事業投資有限責任組合』で総額15億円の出資を募集したのは、サンラ東日本橋ビルが竣工した直後のことだ。

サンラ・ワールド(株)は創立後5年にして、150 億円にも及ぶベンチャーキャピタル投資の実績を誇るSIC(サンラ・インベストメントクラブ)の監事会社に成長いたしました。また株式・為替についての投資顧問事業、増田俊男の出版、講演、勉強会、海外旅行企画等々、様々な分野でも業績を伸ばしてまいりました。さらに本年3月23日、私たちの念願であった「サンラ東日本橋ビル(地上10 階45 室)」が完成、万全の構えで将来に向って発展する基盤が整いました。

Photo サンラ事業投資有限責任組合への出資を募る〝信用の証〟とされたこのビルは、2年後には人手に渡っていた。ところがサンラ・ワールド社は、その事実をいまだに発表していないのだ。

サンラ東日本橋ビルが象徴する江尻ファミリーの虚業は、破綻頓挫を繰り返しながら、新たに立ち上げた別案件を名目に資金を集めることで、今日まで継続されてきた。しかし、その〝自転車操業〟も大手メディアの報道によって実態を暴かれたことで、壊滅の危機に瀕している。

Sunra5 評論家として、メジャーなメディアへのデビューを夢見つづけ、虚業家としてニュースの主役となってしまった増田氏。「お経」と「ソロバン」が相まみえぬものであることを、古希を迎えて、ようやく学ぶことができたのではないだろうか。

« 「時事評論家」増田俊男氏らが「詐欺」を理由に訴えられた訴訟の弁論期日 | トップページ | 「第2のマイクロソフト」を自称する〝長屋住まい〟のIT会社が『読売新聞社』へ抗議文を送ったと〝遠吠え〟する増田俊男氏 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「時事評論家」増田俊男氏らが「詐欺」を理由に訴えられた訴訟の弁論期日 | トップページ | 「第2のマイクロソフト」を自称する〝長屋住まい〟のIT会社が『読売新聞社』へ抗議文を送ったと〝遠吠え〟する増田俊男氏 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ