2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 増田俊男氏の周辺に蠢く「闇社会」の住人 | トップページ | 「時事評論家」増田俊男氏らが「詐欺」を理由に訴えられた訴訟の弁論期日 »

2008/04/16

『読売新聞』報道を「悪質なうわさ話」と批判する増田俊男氏の〝遠吠え〟

あいかわらず増田俊男氏は、マスメディアの取材からコソコソと逃げまわりながら、「読売新聞の報道は根拠のない誤報。他社からの取材は1件もない」などという〝ホラ〟を吹きまくっている。信者や投資者を虚言でごまかしてはいるが、心中穏やかでないようだ。11日と13日の『読売新聞』報道に追随するメディアの取材に、かなり動揺しているらしい。14日、『アリウス3D社』(Arius3D,Inc.)の〝擬似株主〟へ文書を送り、信用不安を払拭しようとして必死だ。

0000046124 0000046125 市場取引開始の遅延を報道のせいにしまうあたりは、なんとも増田氏らしい。

それにしても、「前回の報道(1月24日)について公式調査の結果、単なる『悪質なうわさ話』であることが証明されているので、今後読売の記事がカナダで取り上げられることはない」という記述は、滑稽さをとおり越して哀れを誘う。「悪質なホラ話」も、そろそろ限界だろう。

サンラ・ワールド社の投資者を対象とした「弁護士無料相談会」の開催日が決まった。

[日時] 4月30日(水)午前10時から正午まで。
[場所] 上野法律事務所会議室

すでに、多数の問い合わせが入っているが、今回は定員10名予約制となる。

問い合わせは、かならず「増田俊男,サンラ・ワールド,SIC」投資被害対策室まで。上野法律事務所では一切対応しないので、ご注意願いたい。

Eメール:sunra_higai110@yahoo.co.jp
電 話 :03ー3355ー6901

« 増田俊男氏の周辺に蠢く「闇社会」の住人 | トップページ | 「時事評論家」増田俊男氏らが「詐欺」を理由に訴えられた訴訟の弁論期日 »

メディア」カテゴリの記事

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 増田俊男氏の周辺に蠢く「闇社会」の住人 | トップページ | 「時事評論家」増田俊男氏らが「詐欺」を理由に訴えられた訴訟の弁論期日 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ