« 投資トラブルの渦中にある「時事評論家」増田俊男氏が海外で3億円の不動産を購入していた | トップページ | <増田俊男ニュース> 医師ら「増田信者」に [読売新聞] »

2008/04/27

自称「時事評論家」増田俊男氏〝闇勢力〟との黒い関係

きょう未明、「増田俊男,サンラ・ワールド,SIC」投資被害対策室に「チャーター機の大嘘!」と題するコメントが投稿された。

チャーター機の大嘘!

思い起こせば、小生が「増田俊男」を知ったのは、2002年の事。パラオ共和国の独立記念日の事だ。式典に招待された際にその名前を聞いた。ステージ中央には「パラオ大統領」右側には、麹町の大物の方が座り、左側に「増田俊男」が座っていた。その際、パラオ国会アドバイザーと言う紹介は無く、ただ「トシオ・マスダ」と呼ばれただけだったと記憶する。後で判った事だが、この時「サンラ増田」は、パラオの投資者を何人か連れて来ていた様だ。しかも、投資者には「サンラ・増田」が、JAL機をチャーターしたと言っていたようである。笑ってしまう。小生もこの飛行機に乗っていた。このチャーター機を飛ばしたのは、日本でも超有名な「超党派右翼団体」がチャーターした機である。同団体は、増田氏より遥か昔、昭和61年よりパラオとの交流を持っている団体である。それを、「サンラ増田」がチャーターしたなどと言う大嘘ついて投資者を騙していたのである。何度も言うが「増田信者」は、一度パラオへ行って見るがいい。そして現地の人達に「トシオ・マスダ」を知っているか?尋ねれば、増田俊男の正体がすべて分かるはずだ。

2008/04/27(日) 01:10:22 | URL | パラオ共和国 FIB

800px2007taipeiitf_day1_tommyremeng 「時事評論家」や「金融スペシャリスト」などの肩書きを名乗り、海外への投資を名目に巨額の資金を集めてきた増田俊男氏だが、彼のホラを指摘する声は枚挙にいとまがない。

パラオ国会アドバイザー」という役職については、当ブログ管理者の津田哲也も以前、雑誌の取材で『在日パラオ共和国大使館』(東京都新宿区)に照会したことがある。その回答は、「そのような肩書きを自称している日本人がいることは承知しているが、パラオ共和国に『国会アドバイザー』などという役職は存在しません」というものだった。

Shihon0011 増田氏は、パラオに設立した『サンラ国際信託銀行』が銀行許可を取り消された'05年1月以降も、その事実を隠して日本で銀行業務を継続。ゴルフ場(PGI)の開発事業では、スコップひとつ入れずに、ニセの工事現場の写真で出資金を集めていた。一時はパラオ共和国政府からも「入国禁止」とされ、現地での評判は、すこぶる悪い。そんな増田氏のことだから「チャーター機のウソ」も、さもありなん。

いまや、周知の事実となりつつある増田氏のインチキ臭い行状はともかく、ハンドル・ネーム「パラオ共和国FIB」氏からののコメントに「麹町の大物」が登場するのは2度目だ。

[関連記事]増田俊男氏の周辺に蠢く「闇社会」の住人

Nakagawahi パラオ共和国の独立記念式典に、増田氏と同席したという大物とは、日本最大勢力といわれる右翼団体『日本青年社』(東京都港区)大幹部の滑川裕二(なめかわゆうじ)氏である。日本青年社は、広域指定暴力団『住吉会』の西口茂男総裁が最高顧問を務める同会系の右翼標榜暴力団。そして滑川氏は、'00年に中川秀直氏が日本青年社へ官房機密費を流したとされる疑惑で官房長官を辞任した問題で、その名を一般にも知られるようになった〝闇勢力〟の大物だ。

その滑川氏は『NPO南洋交流協会』の理事長でもあり、毎年「清流社青年神職南洋群島慰霊巡拝団」というパラオ独立記念祭ツアーを主催している。

どうやら増田氏は、滑川氏のツアーに相乗りをさせてもらって、さも自分が主催者であるかのように吹いていたのだろう。それだけなら、毎度のインチキと笑ってすますこともできる。しかし、増田氏と滑川氏との関係はもっと深い。破綻したサンラ国際信託銀行の売却にも、滑川氏が暗躍していたらしい。

パラオ共和国での利権にからんで、増田氏が集めた資金の一部が闇勢力に流れていた可能性があるのだ。

|

« 投資トラブルの渦中にある「時事評論家」増田俊男氏が海外で3億円の不動産を購入していた | トップページ | <増田俊男ニュース> 医師ら「増田信者」に [読売新聞] »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

暴力団/右翼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 投資トラブルの渦中にある「時事評論家」増田俊男氏が海外で3億円の不動産を購入していた | トップページ | <増田俊男ニュース> 医師ら「増田信者」に [読売新聞] »