2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« [増田俊男ニュース] なぜ投資詐欺事件は後を絶たないのか | トップページ | 『読売新聞』報道に〝遠吠え〟で反論をつづける増田俊男氏の醜態 »

2008/04/13

『読売新聞』が報じた「時事評論家」増田俊男氏の〝ウソ宣伝〟

Yomiuri070413増田俊男氏が、内縁の妻の江尻眞理子氏(サンラ・ワールド社社長)らとともに8年前から「近く上場して、株価が数十倍になる」などと宣伝し、『アリウス3D社』(Arius3D,Inc.)の未公開株式を〝ヤミ販売〟してきた問題にからんで、さらに詐欺性の疑われる勧誘があったことが、きょうの『読売新聞』朝刊の報道で明らかになった。

サンラ・ワールド社が運営していた集団投資スキーム『サンラ・インベストメント・クラブ』の定例会などで、増田氏らはアリウス3D社の株価上昇の根拠として、「日立製作所」や「シャープ」との業務提携を謳っていた。が、両社は読売新聞の取材に対して、アリウス3D社との関係を否定。提携の話は〝真っ赤なウソ〟だったことが発覚した。

この報道を受けて、増田夫婦とサンラ・ワールド社は、早くも13日の昼までに自社のWEBサイト上で反論声明を発表した。

マスメディアの取材からは逃げ回っている一方で、信者やファンに向けては休日返上で必死に釈明する増田夫婦の対応は、あまりにも見苦しい。

« [増田俊男ニュース] なぜ投資詐欺事件は後を絶たないのか | トップページ | 『読売新聞』報道に〝遠吠え〟で反論をつづける増田俊男氏の醜態 »

メディア」カテゴリの記事

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« [増田俊男ニュース] なぜ投資詐欺事件は後を絶たないのか | トップページ | 『読売新聞』報道に〝遠吠え〟で反論をつづける増田俊男氏の醜態 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ