« また「時事評論家」増田俊男氏が「詐欺」を理由に訴えられていた | トップページ | 『読売新聞』が報じた「時事評論家」増田俊男氏の〝ウソ宣伝〟 »

2008/04/12

[増田俊男ニュース] なぜ投資詐欺事件は後を絶たないのか

警視庁、増田俊男氏を告訴 なぜ投資詐欺事件は後を絶たないのか〔MONEYzine〕

4月12日8時30分配信 MONEYzine

パラオ共和国の銀行への投資名目で高配当をうたい、約30億円もの資金を募った「時事評論家」の増田俊男氏。「近く上場する」と言いながら8年経っても上場せず、また集めた約16億円の大半が返済されなくなっており、出資法違反容疑で警視庁に告訴され、問題となっている。

増田氏は、2007年10月に「上場が決定した」と嘘をつき、投資家を集め祝賀会を東京や大阪のホテルで開催。そこでも株価が10倍以上になると、投資家を煽り、数億円の追加出資を募っていたという。

また増田氏は10年前から以前も多数の海外投資案件で多額の投資金を募集しており、その返金などを巡って相次いでトラブルになっていた。こうした背景から今回の件も詐欺の疑いが強まっている。

事件の全貌は明らかになっていないが、国内でも同様の投資詐欺は後を絶たない。2006年には「会員になると1か月で5万円が受け取れる」などと46都道府県で女性や高齢者を中心に8000人から130億円集金したとされ、エフ・エー・シーが福岡県警から出資法違反容疑に問われた。さらに同年、虚偽の説明を繰り返し、投資家から300億円以上の資金を集め警視庁に詐欺容疑に問われたIP電話会社「近未来通信」による詐欺事件も記憶に新しい。

また昨年には、「フィリピンのエビ養殖事業に投資すれば1年で2倍になる」などと、実態のない事業を名目に全国約4万人から約600億円をだまし取ったとして投資会社「ワールドオーシャンファーム」が詐欺容疑にかけられてメディアを賑わせた。

投資詐欺は、細かい手法は多岐にわたるものの、実際には以前から使い古された詐欺手法を応用して繰り返される。金融庁はホームページなどで「無登録業者による未公開株の勧誘に注意を」と呼びかけているが、人間の欲に付け込む詐欺に、被害者が後を絶たないのが現状だ。

30億円募集、上場できず=評論家増田氏を提訴-東京地裁〔時事通信〕

4月11日13時1分配信 時事通信

パラオの銀行預金による高配当をうたい、多額の資金を違法に集めたとして、一部の投資家から出資法違反容疑で警視庁に告訴された「時事評論家」の増田俊男氏が、8年前から「近く上場する」と宣伝していたカナダのIT企業が、計30億円の出資を募りながら、いまだに上場していないことが11日、分かった。

一部の投資家は先月27日、この問題などをめぐり、増田氏らに損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

関係者によると、出資を募っていた企業はカナダに本社を置く「アリウス3D」。増田氏は2000年ごろから「第2のマイクロソフト(MS)になる。株価は40倍を見込める」などと宣伝。同氏の主宰する投資クラブの会員ら約1000人が、同社の未公開株の購入名目で出資した。

「時事評論家」増田氏、30億募集のカナダ企業が上場頓挫〔読売新聞〕

4月11日3時9分配信 読売新聞

「時事評論家」の増田俊男氏(69)がパラオ共和国の銀行への投資名目で集めた約16億円の大半が返済されなくなっている問題で、増田氏が8年前から「近く上場する」と宣伝していたカナダのIT企業が、約30億円もの出資を募りながら、いまだに上場していないことがわかった。

この企業の昨年3月期の売上高はわずか360万円で債務超過に陥っている。一部の投資家は先月末、こうした事実を説明しないまま宣伝していたとして、増田氏らに損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

問題の企業はカナダ・オンタリオ州に本社を置く「アリウス3D」。投資家の代理人などによると、増田氏は主宰する会員制投資クラブの会員らに、2000年から「アリウス3Dは第2のマイクロソフト(MS)になる。株価は40倍を見込める」などという宣伝を始め、約1000人がアリウス社の未公開株の購入名目で出資した。

ところが上場計画は何度も延期され、昨年になると、アリウス社がカナダのベンチャー市場に上場している別の投資会社と合併する内容に変更された。

今年3月には、合併先とされる投資会社が07年3月期のアリウス社の決算資料の一部を公開。アリウス社が「05年には200億円を超える」としていた売上高は約360万円しかないことが判明した。同社は約4億円の赤字も計上しており、監査法人が認めた同社の資産は1億円程度しかないこともわかった。

増田氏は、こうした経緯を投資家に説明していなかっただけでなく、昨年10月には「上場が決定した」として投資家を集めた“祝賀会”を東京や大阪のホテルで開催。「(株価は)10倍以上になる」と言って数億円の追加出資を募っていた。

投資家の代理人は「巨額の金がどこに消えたのか極めて不透明」としている。

増田氏は「アリウス社が回答する」とし、アリウス社の責任者名で「会社は良好な状態だが、財務内容の詳細は公開できない決まりになっている」などとするコメントを出した。

増田氏は10年前からパラオの銀行やハワイのコーヒー園など20件を超える海外投資案件で100億円以上を募集していたが、返金などを巡って相次いでトラブルになり、一部投資家が出資法違反容疑で警視庁に告訴状を提出している。

IPO前投資で大成功!」などと謳いながら、増田俊男氏らが過去10年間に投資(出資)を募集してきた多数の海外投資先は、その大半が破綻頓挫消滅解散するなど、惨たんたる結果に終わっている。前宣伝どおりにIPOしたものは、ただの1件もない。

それら投資先の立ち消えによって生じた出資者の損失を、増田氏らは『アリウス3D社』(Arius3D,Inc.)の株式(実際は出資持分)と等価交換するかたちで補填してきた。アリウス3D社の未公開株式投資は、いわば取り付け騒ぎを食い止めるための〝最後の砦〟なのだ。

昨年9月に金融商品取引法が施行されたことで、増田氏らは無登録のままで新たな資金集めができない。ファンド・マネージャーとしての寿命は、出資者にアリウス3D社の上場後の株価高騰の〝〟を見させつづけることができなくなった時点で尽きる。

|

« また「時事評論家」増田俊男氏が「詐欺」を理由に訴えられていた | トップページ | 『読売新聞』が報じた「時事評論家」増田俊男氏の〝ウソ宣伝〟 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« また「時事評論家」増田俊男氏が「詐欺」を理由に訴えられていた | トップページ | 『読売新聞』が報じた「時事評論家」増田俊男氏の〝ウソ宣伝〟 »