2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 「詐欺」などを理由に出資者が「増田俊男」氏らを提訴 〔静岡地裁〕 | トップページ | 「サンラ・ワールド社」スポークスマンの佐藤博史弁護士「赤枠広報」が沈黙 »

2008/08/18

米国の資金運用会社をかたった「フューチャーワールド」元最高経営責任者ら4人を逮捕 〔愛媛県警など〕

68億円、違法に集金容疑 30都道府県の550人被害 【共同通信】

愛媛県警生活環境課などは18日、元本保証と高額の配当をうたい、資金を違法に集めたとして、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで、無職浜崎則文容疑者(44)=兵庫県明石市別所町=ら4人を逮捕した。

県警によると、浜崎容疑者は米国に本拠を持つ資金運用会社「フューチャーワールド」の社長を名乗り、2001年ごろから30都道府県の約550人から約68億円を集めていた。

調べでは、4人は04年11月から2年間で、愛媛県西条市の無職女性(70)ら4人に、5-12%の利息を支払うと約束して約1億2000万円を集めた疑い。06年末、利息の支払いが途絶え、突然連絡が取れなくなったという。

県警はことし4月ごろから浜崎容疑者らの自宅など関係先を家宅捜索し、裏付け捜査を進めていた。

30都道府県は北海道、岩手、宮城、茨城、千葉、東京、神奈川、富山、石川、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、長崎、宮崎、鹿児島、沖縄

2008/08/18 11:47

不法に出資金集め、4容疑者逮捕 被害100億円超か 【アサヒ・コム】

国の認可なしに多額の出資金を集めたとして、愛媛県警生活環境課などは18日、実体のない資金運用会社「フューチャーワールド」の元社長浜崎則文容疑者(44)=兵庫県明石市別所町=ら4人を出資法違反(預かり金の禁止)容疑で逮捕した。県警は、浜崎容疑者らは01年ごろから全国30都道府県の計550人以上から約68億円集めている事実を把握しており、浜崎容疑者らの供述から不法に集めた額は100億円以上にのぼるとみて、詐欺容疑も視野に入れて調べている。

逮捕されたのはほかに、元同社取締役原哲夫(48)=大津市唐橋町=、元同社代理店の経営責任者渡辺弘志(45)=松山市古川西2丁目=、元同社代理店の執行責任者脇水伸次(44)=同市空港通1丁目=の3容疑者。

同課の調べによると、浜崎容疑者らは共謀し、04年11月から06年11月ごろ、愛媛県西条市の無職女性(70)ら4人に対し「日本の銀行は信用できない」などと不安をあおり、「プロが個人事業主や株式への投資で資金をつくる」などと言って元本を保証した上で5~12%の利息を支払うことを約束して、現金計約1億2350万円を受け取った疑いが持たれている。

愛媛県内の警察署には、06年末ごろから「浜崎という男に高利の利息を払うと誘われ、金を預けたが、元本すら戻ってこない」などという相談が寄せられていたという。被害者の多くは女性で、知人から誘いを受けて出資。利息が記入された知人の預金通帳を見せられて信用した人もいたという。

2008/08/18 12:24

「時事評論家」の肩書きを名乗る増田俊男氏らが、海外投資を名目に200億円を超える出資金を集めた問題では、70代の元教師らが今年1月、警視庁へ出資法違反の疑いで告訴状を提出している。今後、さらに複数の出資者が刑事告訴に踏み切る予定。

« 「詐欺」などを理由に出資者が「増田俊男」氏らを提訴 〔静岡地裁〕 | トップページ | 「サンラ・ワールド社」スポークスマンの佐藤博史弁護士「赤枠広報」が沈黙 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「詐欺」などを理由に出資者が「増田俊男」氏らを提訴 〔静岡地裁〕 | トップページ | 「サンラ・ワールド社」スポークスマンの佐藤博史弁護士「赤枠広報」が沈黙 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ