2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 増田俊男氏らが巨額の出資金を集めた海外未公開会社「上場話」に暗雲 Arius3D | トップページ | 悪質商法被害に泣き寝入りは禁物 »

2008/09/12

『サンラ・ワールド社』顧問弁護士が「警視庁」に挑戦か

『サンラ・ワールド社』(江尻眞理子社長)法律顧問で、同社のスポークスマンを兼ねた佐藤博史弁護士(新東京法律会計事務所)が、きょうインターネット上で警察を挑発するかのような発表を行なった。

2008.09.12 警視庁はサンラに対する告訴を受理していませんでした

Y氏が告訴を取り下げる旨約束したことは既にご報告しましたが,上野弁護士から,Y氏は9月1日に警視庁の担当者に電話して告訴を取り下げたとの「報告書」が届きました。

しかし,告訴の取下げは,書面で行うべきものです。

そこで,警視庁に確認したところ,驚くべき事実が判明しました。

すなわち,警視庁の担当者によれば,サンラに対する告訴は正式には受理していない,警視庁は,参考書類として告訴状の写しを預かっているだけだというのです。

正式に受理されていない告訴は取下げもあり得ないわけで,Y氏は電話で済ませたというわけです。

しかし,津田氏は,この間,被害者は警視庁にサンラを告訴したと大宣伝を繰り返してきました。大野弁護士もマスコミのインタビューに答えて,そう明言しました。

警視庁は,告訴を正式に受理すれば,捜査に着手して,検察庁に事件を送致する義務を負います。

しかし,正式に受理していなければ,警視庁は,何もしないことも可能なのです。

そこで,捜査に着手しても事件化できる見通しがつかない事件については,警視庁は,告訴を受理せず,告訴状の写しを預かるだけの処理をするのですが,サンラの場合は,まさに,そのような取扱いがなされていたのです。

それをあたかも警視庁は既に捜査に着手しているかのようにデマを流し続けた津田氏,あるいはこれに加担した大野弁護士や読売新聞の中沢記者の責任は重大だと思います。

ともあれ,またひとつ,津田氏のウソが判明したわけです。

投資家の皆様は,どうか津田氏のデマに騙されないようにして頂きたいと思います。

この発表は、サンラ・ワールド社が運営する「サービスセンターWEBサイト」のトップページと「法務」のページを毒々しく飾る「赤枠広報」に掲載されたものだ。日ごとに論調が、カルト的な様相を色濃くしてきている。

Pict0444 それにしても、サンラ・ワールド社側からの照会に、警視庁の担当者が答えたとは思えないのだが。

« 増田俊男氏らが巨額の出資金を集めた海外未公開会社「上場話」に暗雲 Arius3D | トップページ | 悪質商法被害に泣き寝入りは禁物 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 増田俊男氏らが巨額の出資金を集めた海外未公開会社「上場話」に暗雲 Arius3D | トップページ | 悪質商法被害に泣き寝入りは禁物 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ