« ビル横山氏「BRONCO」事務所が爆発炎上 | トップページ | プラスチック製でも「真正拳銃」にしてしまう拳銃捜査の怪 »

2008/11/13

やらせ? 首なしの「鉄パイプ銃」が駐車場でみつかる〔奈良県警〕

Ytv_081112night01_2 「自宅にあったけど、怖くなった。駐車場のクルマの下に置いてきた」という匿名の電話をもとに、奈良県警が手製のパイプ式銃を発見したという。

奈良県警の〝押収実績〟となった銃は、きわめて単純な構造の単発式。低レベルの工作技術で製作できる手製銃だ。性能のいい真性拳銃が容易に入手できる暴力団筋では、いまどき改造銃や密造銃は、警察へ〝献上〟する以外に所持する目的がなくなっている。件のパイプ型銃は、奈良県警がお披露目をした現物の映像をみたところ、ひと目で銃だとわかる代物だから、偽装銃としての用もなさない。

この種のパイプ型の手製銃は、過去にマニアが自作して摘発された例もなくはない。しかし、発見された経緯が気になる。匿名電話を捜査の端緒とする拳銃の押収は、90年代の半ばに警察では当たり前の手法だった「首なし」(被疑者不詳)のやらせ押収の典型的なパターンだからだ。

鉄パイプを加工した銃が見つかる 〔読売テレビ〕

銃がみつかったのは奈良県大淀町の雇用促進住宅の駐車場で、長さ約39センチ。切断した2本の鉄パイプを組み合わせた上、引き金をつけるなどして作られていた。先月31日、奈良県警に女性の声で電話があり発見された。[11/13 0:09]

|

« ビル横山氏「BRONCO」事務所が爆発炎上 | トップページ | プラスチック製でも「真正拳銃」にしてしまう拳銃捜査の怪 »

警察」カテゴリの記事

銃器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビル横山氏「BRONCO」事務所が爆発炎上 | トップページ | プラスチック製でも「真正拳銃」にしてしまう拳銃捜査の怪 »