« 「L&G」組織的詐欺立件に向けて本格捜査 | トップページ | イベント情報 「不祥事ではない、これは犯罪だ! 知らないではすまされない 警察犯罪の真実『ポチの告白』」 »

2008/12/31

単行本紹介「サルでもできる弁護士業」

詐欺商法や悪質投資商法に対する警察の摘発は、つねに後手にまわる。そのため事件になってから、被害を拡大させた責任を警察に押しつけて批判する声もあるが、実際はそうとは言い切れない。

だまされたことを認めたがらず、業者の破綻が確定的になるまで、被害に遭ったことを自覚できない大多数の〝潜在被害者〟にも責任がある。なかには、とことんまで業者を擁護して、利益を得ようとする共犯的な者も存在するのだ。そういう悪質な〝潜在被害者〟が、結果として業者を延命させ、純粋な被害者を増やしている。

さらにタチが悪いのが、業者が不法行為で利得した資金の上前をはねる弁護士だ。高額な報酬と引き換えに、業者に脱法を指南する。あるいは違法な商法を「適法」と言い張り、被害者を欺網や恫喝するなどして沈黙させ、被害の表面化を遅らせる。本来は、詐欺商法や悪質投資商法の被害者を救うべき弁護士が、逆に被害の拡大に加担しているケースもあるのだ。

なぜ、そんな悪い弁護士が、いつまでも弁護士バッジをつけていられるのか。一般には理解できない、不可思議な弁護士業界の実態を暴いた本がある。「サルでもできる弁護士業」(西田研志弁護士著)がそれだ。

サルでもできる弁護士業 (単行本) 

32179748

法律事務所ホームロイヤーズ 所長弁護士 西田 研志 (著)

単行本: 192ページ
出版社: 幻冬舎 (2008/12/17)
価格: ¥ 1,500 (税込)

内容紹介
歪んだ日本の弁護士業界の内幕を
すべて白日の下に曝す!

傲慢で、怠惰で、仕事のできない日本の弁護士たち。そんな弁護士たちが支配する閉鎖的な弁護士業界。本来なら、庶民の側に立つ<法の番人>として、「法」によって人々の抱える問題を解決し、また「法」の使いこなし方を人々に伝えなければならない立場であるはずの弁護士だが、まったくその役割を果たしていない。それはなぜなのか。法律事務所 ホームロイヤーズ所長の西田研志弁護士が、非効率で「人々の役に立たない」旧態依然とした日本の弁護士業界を糾弾! 日本の弁護士、弁護士業界の現状と問題点を白日のもとにさらし、弁護士業界の改革を訴える一冊。

内容(「BOOK」データベースより)
どこの国と比べてみても、日本の弁護士は特殊だ。彼らは、人々のために仕事をするのではない。彼ら自身のために仕事をするのである。世間の常識は、弁護士の世界では常識ではない。歪んだ日本の弁護士業界の内幕をすべて白日の下に曝す。

|

« 「L&G」組織的詐欺立件に向けて本格捜査 | トップページ | イベント情報 「不祥事ではない、これは犯罪だ! 知らないではすまされない 警察犯罪の真実『ポチの告白』」 »

メディア」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「L&G」組織的詐欺立件に向けて本格捜査 | トップページ | イベント情報 「不祥事ではない、これは犯罪だ! 知らないではすまされない 警察犯罪の真実『ポチの告白』」 »