2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 単行本紹介「サルでもできる弁護士業」 | トップページ | 米ナスダック・ストック・マーケット元会長「4兆円詐欺事件」を見抜けなかった監督機関の責任 »

2009/01/04

イベント情報 「不祥事ではない、これは犯罪だ! 知らないではすまされない 警察犯罪の真実『ポチの告白』」

昨今多発する日本の警察犯罪事件の数々の実例を基に、良識ある巡査が警察の犯罪機構に巻き込まれながら悪徳に染まり、やがて自滅するまでを描いた社会派エンターテインメント映画『ポチの告白』が、いよいよ1月24日から公開される。公開に先駆け、日本警察の隠された真実をゲストを交え徹底討論する。

【出演】
PANTA(頭脳警察)
宮崎学(作家)
寺澤有(警察問題ジャーナリスト)
高橋玄(映画「ポチの告白」監督)
ほか

2009年1月19日(月)
OPEN 18:30 / START 19:30
予約¥1300/当日¥1500(共に飲食代別)
予約は阿佐ヶ谷ロフトA(03-5929-3445)にて電話、WEB受付

「ポチの告白」オフィシャルサイト

« 単行本紹介「サルでもできる弁護士業」 | トップページ | 米ナスダック・ストック・マーケット元会長「4兆円詐欺事件」を見抜けなかった監督機関の責任 »

メディア」カテゴリの記事

警察」カテゴリの記事

コメント

日本はこんな容易い不祥事では生温いもっと大きな問題がたくさんある

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 単行本紹介「サルでもできる弁護士業」 | トップページ | 米ナスダック・ストック・マーケット元会長「4兆円詐欺事件」を見抜けなかった監督機関の責任 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ