2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« イベント情報 「不祥事ではない、これは犯罪だ! 知らないではすまされない 警察犯罪の真実『ポチの告白』」 | トップページ | 「ABCホーム.」脱税事件で顧問弁護士を逮捕 〔東京地検特捜部〕 »

2009/01/06

米ナスダック・ストック・マーケット元会長「4兆円詐欺事件」を見抜けなかった監督機関の責任

5日、米ナスダック・ストック・マーケットのバーナード・マドフ元会長の巨額詐欺事件で、米議会が初の公聴会を開いた。

同事件をめぐっては、被害総額が500億ドルを超えるとされる大規模な不正でありながら、それを見抜けなかったSEC(証券取引委員会)の責任を追及する声も高まっている。マドフ元会長による詐欺行為は'70年代からはじまったとされるが、昨年にFBI(米連邦捜査局)が強制捜査に乗り出すまで、事件は発覚しなかった。一部のSEC職員が、マドフ元会長のファンドの不正を知りながら、見逃していたという疑惑も持たれている。

米当局、巨額詐欺事件のマドフ容疑者を16年間で8回取り調べ=WSJ紙

1月5日17時52分配信 ロイター

2009010500000067reubus_allview000 1月5日、WSJ紙は米当局が巨額詐欺事件のマドフ容疑者を16年間で8回取り調べしていたと報道。昨年12月17日撮影(2009年 ロイター/Shannon Stapleton)

[5日 ロイター] ウォールストリート・ジャーナル紙は、米ナスダック・ストック・マーケット(現ナスダックOMXグループ<NDAQ.O>)のバーナード・マドフ元会長による巨額詐欺事件をめぐり、米証券取引委員会(SEC)などの監督機関は16年間に少なくとも8回、バーナード・マドフ証券の取り調べを行っていたと報じた。

SEC幹部は、マドフ容疑者のビジネス手法は「かなり異常」とするニューヨークのヘッジファンドからの電子メールを受けて調査したという。

証券業界の監視機関である金融業界規制委員会(FIRA)は2007年に、同社の一部には顧客が存在しないもようだと報告していた。
 
同紙によると、マドフ容疑者は少なくとも2回、SECの聴取を受けたが、1970年代に始まったとされる500億ドルの詐欺の発覚には至らなかった。

SECのコメントは得られていない。

最終更新:1月5日17時52分

金融取引の監督機関が満足に機能していないのは、どこの国も変わらないようだ。

『サンラ・ワールド社』(江尻眞理子社長)による不正な出資金集めについて、出資者や同社元社員らが金融庁や関東財務局などに対し、数年前から通報や情報提供を行ってきた。しかし、いずれも表面的な調査しか行われていない。

« イベント情報 「不祥事ではない、これは犯罪だ! 知らないではすまされない 警察犯罪の真実『ポチの告白』」 | トップページ | 「ABCホーム.」脱税事件で顧問弁護士を逮捕 〔東京地検特捜部〕 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イベント情報 「不祥事ではない、これは犯罪だ! 知らないではすまされない 警察犯罪の真実『ポチの告白』」 | トップページ | 「ABCホーム.」脱税事件で顧問弁護士を逮捕 〔東京地検特捜部〕 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ