« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/03/31

『サンラ・ワールド社』顧問弁護士が「横浜事件」免訴判決で司法を批判

J200812190566b 『サンラ・ワールド社』(江尻眞理子社長)の法律顧問や代理人を6年半にわたって務め、同社から億単位の報酬を得てきた佐藤博史弁護士(新東京法律会計事務所)が、きょうの毎日新聞朝刊で「横浜事件」第4次再審の免訴判決についてコメントしている。

横浜事件:再び免訴 司法が過ち認めるまでは 刑事補償手続きで「無罪」を /神奈川 [毎日新聞]

3月31日11時1分配信

舞台は刑事補償手続きへ--横浜事件「再審」で免訴とした横浜地裁(大島隆明裁判長)判決を受けて、被告遺族らは30日会見、控訴をしない方針を明らかにした。判決が名誉回復の手段として言及した刑事補償手続きで「無罪」の判断を求める考えだ。司法を含む権力がでっち上げた冤罪(えんざい)の過ちを、司法に認めさせようとする闘いはまだ終わらない。【杉埜水脈、池田知広】

遺族らは判決後、地裁近くで会見。治安維持法違反で45年に有罪が確定した故小野康人さん(59年死去)の次男の新一さん(62)は「私も62になり最善で最短の方法で」と、棄却が予想される控訴よりも、同手続きで争うことを望む心境を語った。
 長女の斎藤信子さん(59)は「悪法の下で起こった事について、法が廃止された後世では反省できないのかという根本的な疑問を感じた」と語り、刑の廃止などを理由にした免訴判決に疑問を投げかけた。

佐藤博史弁護士も「公益のためとされる免訴事由が結局、障害になるのは納得できない。国家の犯罪を裁判所が『悪かった』と言わなければならなかったが、その機会を失った」と司法の責任を果たさずに、公開審理を終えたことを批判した。

一方で判決は、弁護団が「実質無罪」と高く評価した再審開始決定に、再審に至る経緯で触れつつ「再審公判はただちに(有罪か無罪かの)実体判断ができる状態」と指摘。非公開の刑事補償手続きに関し「補償の決定の要旨は公示される」と、名誉回復の道筋に言及した。

これらを受けて、大川隆司弁護団長は「無罪に当たると言ったに等しく、最高裁判決の縛りの中で、刑事補償手続きの下ごしらえをしてくれた」と一定の評価をした。

◇警察も当事者--荻野富士夫・小樽商科大教授(近代史)の話

横浜事件の特殊な事情として戦後、特高警察による拷問が認定された有罪確定判決が存在することにも判決は触れている。沈黙を守り続けてきた警察も当事者であったことを自覚すべきだ。

佐藤弁護士は、日本弁護士連合会の人権擁護委員会に所属していたことをきっかけに、「横浜事件」の再審請求にかかわったという。人権擁護を標榜する佐藤弁護士だが、サンラ・ワールド社の不正な出資金集めの被害を拡大させたことについては、責任を感じないのだろうか。

Satokimu

| | コメント (0)

2009/03/30

「横浜事件」第4次再審も免訴〔横浜地裁〕

戦時下、最大の言論弾圧事件とされる「横浜事件」の第4次再審請求で、きょう横浜地裁は「免訴」の判決を言い渡した。

0000041634b この判決後、遺族とともに記者会見に臨んだ佐藤博史弁護士が代理人を務める『サンラ・ワールド社』の名誉毀損裁判の口頭弁論は、来月22日に東京高裁で開かれる。同裁判では、佐藤弁護士自身も当事者となっており、当日の弁論にはサンラ・ワールド社の実質上の経営者である増田俊男氏に対する尋問が行われる予定。

| | コメント (0)

2009/03/26

〔ゴーストライター訴訟〕に提出された増田俊男「陳述書」の〝目からウロコ〟

『サンラ・ワールド社』の実質上の経営者で機関投資家の増田俊男氏が、当ブログの管理者の津田哲也に対して起こしている2件の名誉毀損訴訟のうち、1件の弁論準備が25日に東京地裁であった。

この裁判では、「増田俊男のの著書は、ゴーストライターの代筆だった」としたブログ記事について争っているが、「著書は、すべて自分が書いた」とする増田氏の「陳述書」が提出されたので公開する。

Ghostmasuda001 Ghostmasuda002 Ghostmasuda003 Ghostmasuda004 Ghostmasuda005 Ghostmasuda006
末項には、なぜか「最後に天地天命に誓って申し上げますが,私の本陳述書はゴーストライターが書いたものではなく,私,増田俊男自身が真実を申し述べたものであります」と、但し書きされている。いくら、ゴーストライティングか否かについて争われている裁判とはいえ、異様なまでの念の入れようだ。

しかし、どうせ誓うなら「天地天命」ではなく、正しく「天地神明」にしてもらわないと〝誓文〟にならないのではないだろうか。

増田氏の主張は、あくまで「著書は、すべて自分が書いた」というものだ。この「陳述書」は、ゴーストライティングを認めるために提出されたものではないので念のため。

25日の弁論準備では、増田氏代理人の佐藤博史弁護士が作成した「反訳書」も提出された。これは、増田氏の著書の一部である「そして、日は昇った! 日本が世界の『富』を牽引する」などの書籍が制作された過程について、版元のPHP研究所の担当編集者に佐藤弁護士が電話をかけ、その通話の録音を書き起こしたものだ。

Ghostsato001 Ghostsato002 Ghostsato003 Ghostsato004_2 Ghostsato005 Ghostsato006 Ghostsato007 Ghostsato008 Ghostsato009

Isbn9784569659114 この「反訳書」の立証趣旨も増田氏の「陳述書」と同様に、ゴーストライティングを否定することにあるので、誤解なきように。

<参考記事>『ライターを起用するメリットとデメリット』(出版プロデューサー/本多泰輔)

| | コメント (1)

2009/03/20

増田俊男と『サンラ・ワールド社』投資被害者の臨時(最終)集会

増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』に出資金の返還を求める被害者の集会が、あす新宿で開催される。当日は、未公開の情報をもとに今後の被害対策について議事を進められる予定。

日時:3月21日(土)午後5時00分~7時00分

場所:新宿 ※会場は予約者にのみ連絡済

主宰:「増田俊男,サンラ・ワールド,SIC」投資被害対策室

| | コメント (0)

2009/03/19

懲戒請求者を脅した弁護士にも「激甘」懲戒処分〔日弁連〕

懲戒を請求した相手を脅したとして、第1東京弁護士会所属の加藤豊三弁護士が懲戒処分を受けた。しかし、その決定は、きわめて軽い「戒告」処分である。「人権擁護と社会正義を実現するための自由独立」を大義名分とした「弁護士自治」に、閉鎖的な弁護士業界の自浄作用は期待できない。

懲戒処分を受けた弁護士

氏名 加藤豊三 登録番号 12695
第一東京弁護士会
東京都千代田区代々木 サラブレッド法律事務所

懲戒処分 戒告

処分の効力の生じた日 2008年10月27日

懲戒処分の理由の要旨

被懲戒者は2005年7月頃、自己が当事者である私的紛争について懲戒請求者らに対し法律的知識の乏しい相手方を屈服させるためのおどしの手段あるいは誹謗中傷のための手段等として、後に検察官によって嫌疑不十分と判断されるような罪名罰条を挙げて刑事告訴を予告して断罪するなどした抗議書及び告訴状の写し等合計5通の書面を送付した。
被懲戒者の上記行為は弁護士法第56条第1項の弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。

2009年3月1日  日本弁護士連合会

| | コメント (0)

2009/03/18

増田俊男の「ここ一番!」裁判所出廷は4月22日

20090318_1 『サンラ・ワールド社』の実質上の経営者で、時事評論家などの肩書きを名乗っていた増田俊男氏が、潜伏先の海外から「増田俊男の『ここ一番!』」なる商売をはじめたようだ。「新企画」と銘打たれてはいるが、ようするに旧来の『時事直言』の有料版といったところだろう。

Dsc000372 ところで、増田氏の本当の「ここ一番!」ともいえる裁判所への出廷が来月に迫っている。増田氏らが、当ブログ管理者の津田哲也に対して起こしていた名誉毀損裁判の控訴審における本人尋問だが、16日の口頭弁論でサンラ・ワールド社顧問の佐藤博史弁護士(新東京法律会計事務所)が増田氏の出廷を確約した。

期日 4月22日(水)午後1時30分
場所 東京高等裁判所 809号

| | コメント (0)

2009/03/15

未公開株などで300億円集めた「ナニワの増田俊男」実際に上場した企業はゼロ

09_02_1320hm2 「アインシュタインに学ぶ成功法則」などの著書を持ち、全国で「スーパーリッチ・セミナー」なる講演活動を展開してきた『人間と産業開発研究所』(H&M研)所長の倉本忠夫氏(67歳)は、未公開株への投資を名目に300億円以上を集めたとされる。しかし、上場した企業は皆無。この倉原商法には、アインシュタインの生まれ変わりを自称する増田俊男氏の〝サンラ商法〟に通じる共通点がいくつもある。

YouTube「未公開株商法 人間と産業開発研究所(H&M研究所)倉原」

| | コメント (0)

2009/03/14

最長で禁固150年「マドフ」巨額詐欺事件

巨額詐欺事件にからむ11件の罪で起訴された米国「ナスダック・ストック・マーケット」元会長のバーナード・マドフ被告(70)が12日、マンハッタンの連邦地裁に出廷し、起訴事実をすべて認めた。最長で禁固150年の刑が言い渡される可能性がある。マドフ被告に対する判決の言い渡しは6月16日の予定。

他国にくらべ、ニッポン人は騙されても泣き寝入りをする被害者が多く、詐欺罪の量刑も軽い。組織犯罪処罰法(組織的詐欺)が適用されても、最長で懲役20年だ。海外事情に詳しい詐欺師の目には、ニッポンは〝カモ〟があふれる天国のように映っているに違いない。

| | コメント (0)

2009/03/12

投資詐欺疑惑の自称「元バレーボール全日本女子代表」女性実業家の「カネと色」

Nagayama 混浴温泉で、若い男と裸で頬を寄せあう嬌艶な熟女。

この女性が、関西を中心に巨額の資金を集めて破綻し、詐欺の疑いで大阪府警に告訴されている自称「元バレーボール全日本女子代表」の永山恵美子氏(44)である。女性実業家として、ネイルサロンやエステサロンなどの事業を手広く展開していた永山氏は、'05年ごろから<日経225オプション取引>への投資名目で「年60%」の高配当をうたい出資を募集。700人を超える出資者から約73億円を集めたが、'07年9月以降に配当の支払いを停止し、約52億円もの元金を償還していない。

冒頭の写真は、温泉旅行で撮った愛人とのツーショットだという。公開は控えておくが、愛人と濃厚な絡みを見せつけているものもある。この写真が、配当を停止した以降に撮影されたものだというのだから、出資者が怒るのも無理はない。ファンドの破綻後に、永山氏が訴訟コンサルタントを名乗る男と弁護士を雇って「被害者の会」を主宰し、自分も被害者であるかのごとく装っていたことは既報のとおり。この女性、どこまでもしたたかである。

【関連記事】元全日本女子バレーボール選手ら「投資詐欺」の疑いで告訴状を提出されていた〔大阪府警〕

続きを読む "投資詐欺疑惑の自称「元バレーボール全日本女子代表」女性実業家の「カネと色」"

| | コメント (0)

未払い賃金の支払いなどを求めて『アイ・トレードFX社』元従業員から訴えられる

FX(外国為替証拠金取引)会社『アイ・トレードFX社』(東京都中央区)を昨年9月に解雇された元従業員が、同社に不払い賃金など計約260万円の支払いを求める訴えを、東京地方裁判所に起こしていたことがわかった。

アイ・トレードFX社は昨年8月、アイ・トレード・ホールディングス社に買収されて現在の社名に変更される以前は、詐欺まがいの海外投資などで訴訟が相次いでいる投資会社『サンラ・ワールド社』(江尻眞理子社長)のグループ会社だった。今回、アイ・トレードFX社に対して訴訟を起こした原告の元従業員は、同社が『サンラ・フォレックス・ジャパン社』の社名で営業していた'04年1月当時に、サンラ・ワールド社から移籍。その後、サンラ・フォレックス・ジャパン社はめまぐるしく社名を変えるが、現在のアイ・トレードFX社となって解雇される直前の4ヶ月あまり、元従業員は1日16時間にもおよぶ長時間労働を強いられていたのだという。当時の社長は、サンラ・ワールド社出身の熊谷司(くまがいつかさ)氏だった。

訴状によると、原告の元従業員は「長時間の拘束と休日出勤の継続により身体的苦痛を受け、雇用が継続すると信じていた矢先の即日解雇で精神的苦痛を受けた」としている。

第1回口頭弁論

〔期日〕3月23日(月)午後1時30分
〔場所〕
東京地方裁判所 526号法廷
〔被告〕アイ・トレードFX株式会社 代表取締役 井村博司

【関連記事】サンラ・グループの〝準〟カリスマ役「柏木芳樹」の正体

| | コメント (0)

2009/03/08

スーパーリッチ・セミナー「ナニワの増田俊男」未公開株詐欺容疑で告訴される〔大阪府警〕

大阪や東京で「スーパーリッチ・セミナー」を開催し、参加者らに未公開株を売りつけていた『人間と産業開発研究所』(H&M研)の倉本忠夫氏(67歳)が5日、出資者2人から詐欺などの疑いで大阪府警に告訴された。

倉本氏らは、「人をシアワセににするためにやっている」などと言って出資者を引きつけ、「必ず上場する。上場すれば何百倍になる」と宣伝して未公開株への投資を勧誘していたという。

倉原忠夫氏の経歴(自称を含む)

昭和16年、大阪生まれ。脱サラ後、27歳で製薬機器の総合商社を興す。10年間の会社経営後、昭和53年「H&M研究所」を設立。経営心理学を本場アメリカの講師に学び、日本人向けにアレンジした独特の経営指導で、多くの企業、経営者を成功へ導く。顧問会社を中心に幅広い人脈ネットワークを築き、人脈紹介・交流会などさまざまな出会いを企画する。現在は、各種企業経営者の相談を受けるかたわら、社員教育・記念講演・執筆などで活躍中。USA・フロリダ州マイアミ市、コーラルゲーブル市、マイアミビーチ市の各名誉市民賞受賞。心理学博士、経営学博士。

「願望実現のワープ理論 ある日突然成功する!」 、「ワープ次元願望実現の科学 アインシュタインに学ぶ成功法則」、「華僑流大富豪の教え」、「ユダヤ人の成功法則」、「なぜか金持ちになる人の成功法則」(以上、すべてウィーグルブックス刊)など、多数の著書がある。

| | コメント (0)

2009/03/04

『サンラ・ワールド社』投資被害者の臨時集会

「増田俊男,サンラ・ワールド,SIC」投資被害対策室が、臨時「被害者集会」を開催することを決定した。

日  時:3月21日(土)午後5時00分~7時00分

場  所:新宿(会場、その他の詳細な情報は予約者のみに案内)

予約締切:3月14日。ただし、定員を超えた場合は期日前に締め切る

予約方法:以下のメールアドレスにて受付(必須事項・住所、氏名、投資案件)

sunra_higai110@yahoo.co.jp

■当日は、サンラ案件をあつかう弁護士も出席する予定
■参加費用は1500円から2000円(実費・当日集金)

<参考記事>サンラワールドと佐藤博史(弁護士)関連の裁判期日一覧

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »