« 増田俊男の「ここ一番!」裁判所出廷は4月22日 | トップページ | 増田俊男と『サンラ・ワールド社』投資被害者の臨時(最終)集会 »

2009/03/19

懲戒請求者を脅した弁護士にも「激甘」懲戒処分〔日弁連〕

懲戒を請求した相手を脅したとして、第1東京弁護士会所属の加藤豊三弁護士が懲戒処分を受けた。しかし、その決定は、きわめて軽い「戒告」処分である。「人権擁護と社会正義を実現するための自由独立」を大義名分とした「弁護士自治」に、閉鎖的な弁護士業界の自浄作用は期待できない。

懲戒処分を受けた弁護士

氏名 加藤豊三 登録番号 12695
第一東京弁護士会
東京都千代田区代々木 サラブレッド法律事務所

懲戒処分 戒告

処分の効力の生じた日 2008年10月27日

懲戒処分の理由の要旨

被懲戒者は2005年7月頃、自己が当事者である私的紛争について懲戒請求者らに対し法律的知識の乏しい相手方を屈服させるためのおどしの手段あるいは誹謗中傷のための手段等として、後に検察官によって嫌疑不十分と判断されるような罪名罰条を挙げて刑事告訴を予告して断罪するなどした抗議書及び告訴状の写し等合計5通の書面を送付した。
被懲戒者の上記行為は弁護士法第56条第1項の弁護士としての品位を失うべき非行に該当する。

2009年3月1日  日本弁護士連合会

|

« 増田俊男の「ここ一番!」裁判所出廷は4月22日 | トップページ | 増田俊男と『サンラ・ワールド社』投資被害者の臨時(最終)集会 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 増田俊男の「ここ一番!」裁判所出廷は4月22日 | トップページ | 増田俊男と『サンラ・ワールド社』投資被害者の臨時(最終)集会 »