« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009/04/29

【増田裁判レポート③】「増田俊男氏」被害者から逃げる「佐藤博史弁護士」吼える

増田俊男氏が入廷したのは午後1時26分。東京高裁809号法廷は、すでに傍聴人で溢れかえっていた。30席あまりある傍聴席はすべて埋まり、壁際には立ち見をしようとする10名以上の傍聴希望者が並ぶ。法廷に入りきれなかった人も少なくない。

控訴人席側のイスに腰をおろした増田氏は、瞼を閉じて〝鎮座〟する。代理人の佐藤博史弁護士は、鬼気迫る形相で傍聴席を睨みつけた。

開廷予定時刻の1時30分が過ぎても、裁判官は入廷しない。裁判所事務官が、あたふたとした様子で「どういう関係の方ですか?」と傍聴人に問いかけ、立ち見をしようとしていた人たちには退廷を求める。その事務官に、傍聴席の最前列にいたジャーナリストの寺澤有氏が、名前を名乗るよう求める一幕もあった。自称評論家が、個人の運営するブログ記事について起こした小さな民事裁判とは思えないほど、法廷は物々しい空気につつまれていた。

予定時刻を10分あまり過ぎたころ、3名の裁判官が入廷する。増田氏が証言席に向い、ようやく尋問が開始された。

増田氏の証言の内容については、裁判所から「尋問調書」が届き次第、全文を掲載する。が、控訴人側の尋問は、争点となっている「口止め事件」の当事者でもある佐藤弁護士が、ひたすら自己弁護的な質問を繰り返したことは言うまでもない。まるで増田氏が「本人」とは思えないような佐藤弁護士の尋問に、シラケぎみになっていた傍聴人が、一度だけどよめく場面があった。それは、被控訴人(津田哲也)側代理人の大野裕弁護士の尋問に対し、増田氏が「いつ(アリウス3D社が)上場するかは分かりません」と答えたときだ。'00年から9年間にわたり、「もうすぐ上場する」という増田氏の言を信じて大金を出資してきた被害者にとって、その証言は衝撃的であったに違いない。

閉廷後、混乱を懸念した裁判所の配慮によって、増田氏は3名の弁護士とともに裏口から退廷した。しかし、裁判所を出て、弁護士会館の前でタクシーに乗り込もうとしたところを、一部の報道関係者と被害者から直撃されている。

「『ちょっと待て』って言っただろ、おいっ! 録音を録ってんだぞ!! どこのジャーナリストだ」

Kimu 乱暴な物言いで、取材記者を威嚇する若い「イソ弁」。「ボス弁」の佐藤弁護士は記者に向かって指を突き立て、「あんたがたも、裁判は聴いたでしょ」と念を押し、なぜか勝ち誇ったような笑みを浮かべた。

増田氏を乗せたタクシーは走り去り、その場に残った佐藤弁護士が、被害者からの質問に答えた。

Escape 被害者は、おもに増田氏らに説明義務を果たすよう求めた。ところが佐藤弁護士は、被控訴人の津田や、その代理人の大野弁護士らを誹謗中傷する発言を繰り返すばかり。「津田さんと、我われの質問とは関係ないでしょう」と、被害者から指摘されたが、それでも津田らに対する悪口雑言をやめようとはしなかった。

「いまや、増田ひとりを守ってもしかたがない」

そう言って、「1000名の出資者を守る正義の味方」を自己演出しようSatoben とする佐藤弁護士。だが、被害者から「高い報酬をもらって、けっきょく自分を守りたいだけでしょう」とツッコミを入れられ、口をへの字に曲げる。津田が、和解金の不払いについて追及すると、声を荒げて「黙れ!」と暴言を吐いた佐藤弁護士だった。

この裁判の次回弁論期日は5月25日。午後4時から809号法廷で開かれる。

| | コメント (0)

2009/04/27

被害者団体の代表者へ『サンラ・ワールド社』が送りつけていた「増田俊男の手紙」

増田俊男氏が東京高裁に出廷した22日、『サンラ商法被害者連絡会』の決起集会が開かれたことは既報のとおりだが、じつはその6日前に、同連絡会のY代表のもとに『サンラ・ワールド社』から1通の文書が届いていた。不正ファンドの運営部署「サービスセンター」(海外事業部)責任者の熊谷喜代美氏が取り次いだ、増田氏を発信人とするY代表宛の「手紙」である。その文書には増田氏の弁として、つぎのように書かれていた。

下記は昨年5月にお送りした手紙です。
私は、Yさんは大変貴重な投資家であると頼りにし、またご忠告をしっかり生かしてきたつもりです。
昨今私の被告と協調して間違った手段で投資金の返還を要求したり、他の投資家の皆様の不安を煽るような方と行動を共にされたことを知り、この上なく残念に思っています。
度々お手紙をいただいていますが、私の被告はもとより、被告と協調するA氏と無関係であることを明確にしていただかない限り、Yさんとの連絡はすべて弁護士を通すことになります。
ちなみにA氏とお知り合いのN医師とは毎日のように連絡し合い、ご協力いただいています。N氏はお知り合いに、馬鹿げた集会に行くなど自殺行為ですよと言われているそうです。
Yさんともそういう関係になりたいものです。

                          増田

Yabemasu001a Yabemasu002a この文書について、Y代表は怒りをあらわに反論する。

「増田氏が、さも協力者であるかのように名指しした『Nさん』に確認してみたところ、『事実無根です。増田のウソに惑わされないでください』と憤慨していました。それに、昨年の5月19日に私宛に送ったという『手紙』の文面が添えられていますが、これもウソです。当時に、このような手紙を受け取った覚えがありません。はじめて見るものですよ。このような稚拙な『工作』を仕掛けてきたところをみると、我われの集会を阻止しようとして、サンラ側は必死だったんでしょうね」

増田氏の手紙には、「私の被告はもとより、被告と協調するA氏と無関係であることを明確にしていただかない限り、Yさんとの連絡はすべて弁護士を通すことになります」と書かれている。「私の被告」とは、当ブログ管理者の津田哲也を指していることは容易に推認できる。

しかし一方で、サンラ・ワールド社法律顧問の佐藤博史弁護士は、Y代表らに対して「Kane津田と縁を切らなければ、話し合いはできない」と言っているのだ。

連絡会のメンバーのひとりは、増田氏と佐藤弁護士の無責任な対応を強く批判した。

「増田氏も佐藤弁護士も、ようするに津田氏の存在を都合よく口実にして、逃げようとしているだけですよ。増田氏が『弁護士を通す』と言っても、以前のようにバカ高い報酬を支払えない。佐藤弁護士としては、報酬がもらえなければ、不名誉な仕事なんか引き受けたくない。そういうことなんだと思います。そもそも津田氏に対する名誉毀損裁判も、私たちの目には、増田氏が佐藤弁護士に利用されているようにしか見えない。裁判が終わったら、佐藤弁護士は、自分だけさっさと逃げるつもりではないのか、と勘ぐりたくもなりますね」

| | コメント (0)

2009/04/26

増田俊男氏らへ被害者団体が「公開質問状」

全国の1000名を超える投資家から200億円以上を集め、その資金の大半を償還できなくなっている増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』へ、被害者団体『サンラ商法被害者連絡会』が公開質問状を送っていたことがわかった。

質問状は、サンラ・ワールド社が和解した訴訟の和解金を支払わず、昨年12月に裁判所の差押命令を受けていたことを指摘。同社と増田氏が募集・勧誘してきた多数の投資案件のうち、'07年に破綻しているパラオ共和国の銀行など3件を挙げ、出資金が返還される見込みなどについて回答を求めている。

同連絡会のY代表は、「回答の有無にかかわらず、刑事告訴や破産申立などの手続きを粛々とすすめています。逃げ得は、絶対に許しません」とコメントしている。

Shitsumon01 Shitsumon02 Shitsumon03 Shitsumon04 Shitsumon05

| | コメント (0)

2009/04/25

【増田裁判レポート②】カリスマの凋落

3人の弁護士に警護されるようにして法廷へ入った増田俊男氏には、かつて大勢の信者やファンを集めて、大言壮語していた〝資金集めのカリスマ〟の面影はなかった。

22日に東京高裁809号法廷で開かれた裁判は、増田氏とサンラ・ワールド社が当ブログなどの記事に名誉を傷つけられたとして、管理者の津田哲也を相手に損害賠償などを求めた民事訴訟の控訴審だ。1審の東京地裁判決は、増田氏側が敗訴している。

この日の口頭弁論は増田氏(控訴人)の尋問が行われたが、その模様を報告する前に、裁判の経過を把握していない読者も多いと思われるので、まず1審の概要について触れておこう。

増田氏らが名誉を毀損されたとしたのは、'06年10月と11月に津田がブログ上に執筆・公開した以下の記事だった。

サンラを訴えると脅される?!

私が把握している範囲で、最も古いサンラの裁判沙汰は’00年に遡る。当時のSIC(サンラ・インベストメント・クラブ)会員の公認会計士が、サンラ・ワールド社を相手に起こした民事訴訟(平成12年 ワ 第9655号)が、それだ。この訴訟で、増田氏と江尻社長は常軌を逸した〝無法〟な対策を講じている。以下は、私が執筆した「財界展望」(2002年9月号)掲載の記事からの引用だ。

一昨年、増田氏は投資に関するトラブルで、都内の公認会計士から7100万円の支払いを求める訴えを、東京地方裁判所に起こされている。その提訴の直後、原告の公認会計士のもとへ数人の暴力団員風の男が押しかけてきて、「増田先生に対する訴えを取り下げさせろ」と凄んだというのだ。会計士を脅しに行った人物は、「(脅迫の)仕事が終わったあと、増田先生は俺に『謝礼だ』と言って100万円を渡そうとした」と証言している。

この記事の取材に対して、増田氏はこのように反論していた。

「訴訟は事実ですが、本件は終了しています。私の方が脅迫されたものと認識しており、警察にも届けています。暴力団を使ったなど、根も葉もないことです」

「被害者は自分」とまで言い切った増田氏だが、およそ半年後の’03年初旬、氏の弁明が〝真っ赤なウソ〟だったことが明らかになる。問題の脅迫事件の捜査をしていた神奈川県警高津警察署から、出頭を求められたのだ。脅迫を実行したのは、事件当時は増田氏の腹心だったHという人物を筆頭に、右翼関係者ら4人のグループだった。高津署へ任意で出頭した増田氏は、事件への関与を否定して、署から帰された。が、実行者のHが警察の取り調べを受ければ、とうぜん首筋が寒くなる。そこで増田氏は、弁護士と共謀して事件のもみ消しを図ったのだ。

その頃、Hは潜伏生活を送っていた。携帯電話の番号を変え、自宅や実家にも寄りつかず、所在がつかめない。警察が行方を追っていたさなか、Hと連絡が取れるK氏という人物のもとへ、増田氏本人とサンラの弁護士から電話がかかった。用件は、Hの口止めの依頼である。「Hが高津署へ出頭しても、増田の関与は否定してほしい」と、増田氏と弁護士は再三にわたって、K氏を通じて要求したのだという。

そしてHは、高津署へ出頭した。捜査員は、増田氏の写真が表紙を飾った月刊誌『資本の意思』(サンラ出版)を示して、Hを厳しく尋問する。「この増田という男から、頼まれてやったんだろう!」しかしHは、自己の犯行は素直に認めたが、「自分の一存でやった」と、増田氏の教唆については否認しつづけたのである。こうして増田氏は、神奈川県警の捜査の手を逃れた。

海外では、マフィアが陪審員や証人、裁判官などに対するテロや買収で、裁判の進行を妨害する。ということはある。だが、ここは日本。治安の悪い外国と、おなじようなマネをすれば自殺行為だ。高津署で震えて、アメリカナイズされた増田氏も十分に懲りたはず。サンラの周辺には、いまも闇勢力の影がチラつくが、暴力的威力で訴訟を妨害することは、二度とないだろう。今後、提訴を予定している人は、ご安心いただきたい。

ちなみにHの口止めを依頼し、高津署の捜査を妨害したのは、現在もサンラ・ワールド社に対する返金請求や訴訟を担当している代理人と、おなじ事務所の弁護士である。

この記事を「何らの裏付けもないまったくの虚偽」として、増田氏らがサンラ・ワールド社の法律顧問である佐藤博史弁護士(新東京法律会計事務所)ほか2名の弁護士(同)を代理人に、津田に対して訴訟を提起したのは'07年2月22日。増田氏らは当初、「公認会計士脅迫事件」そのものが存在しなかったかのような主張をしていたが、1審の途中から「脅迫事件はあったが、増田は教唆していない」と言い出している。また、教唆が行われたことを示す客観的な証拠となる「ご苦労さん会」についても、裁判の終盤になってから、佐藤弁護士が「『ご苦労さん会』を開いたのはH。増田と江尻は、その場にいなかった」と、被告の津田側が証拠提出した音声データに録音された会話の言葉尻をつかまえて、唐突に〝無理筋〟の主張をはじめていた。

さらに佐藤弁護士は、サンラ・ワールド社が運営するサイト上で執筆を担当する「法務」のページに昨年9月、「名誉毀損裁判の判決は10月7日です。津田氏の虚偽が裁判所によって断罪される日が近づいています」と〝勝訴宣言〟をしている。

ところが、その翌月の7日、増田氏側は裁判に負けた。

【関連記事】法廷で暴かれた「増田俊男」氏と「佐藤博史」弁護士のウソと不正

東京地裁判決は、「本件ブログ記事は、いずれも公共の利害に係るもので、かつ、被告(津田)の執筆の目的は専ら公益性を図ることにあり、しかも、そこで摘示された事実は、その主要な内容、本質的な部分において真実であると認められるから、本件ブログ記事を執筆し掲載した被告の行為に違法性は認められず、不法行為は成立しない」と認定。原告の増田氏側の請求を棄却し、津田の全面勝訴となった。

東京地裁は、佐藤弁護士が力説した「ご苦労さん会」の〝H氏主催説〟を完全無視。増田氏による「公認会計士脅迫事件」の教唆と、佐藤弁護士によるH氏の「口止め事件」の存在を認めた。控訴審では、その2点が主な争点となっている。つまり、増田氏側の代理人弁護士が「口止め事件」の当事者という、異例の裁判なのだ。

Satohiroshi02 22日、尋問のために東京高裁に出廷した増田氏は、昨年1月に出資金集めのスキャンダルを新聞・テレビに報道された以降、海外で潜伏生活を送っている。前回に帰国したのは昨年11月。その滞在日数は、わずか4日間だった。マスメディアや出資者(被害者)などの目をおそれ、海外へ避難している増田氏が、帰国して公の場に出るには、そうとうな勇気がいったに違いない。法廷にあらわれた増田氏は、顔をむくませ、意気阻喪した様子だった。尋問の内容については、次回に報告する。

増田氏側は、22日の弁論の直前に大量の書証を提出したが、佐藤弁護士の希望をかなえて、その一部を当ブログに公開しておく。これは〔甲44号証拠〕として提出されたもので、「公認会計士脅迫事件」の実行者となったH氏が、'03年4月1日に増田氏へ宛てて送った手紙だ。

44001 44002 44003 44004 44006 44007 44008 44009

「佐藤弁護士は全く事実を違う事を言っていますが、本当に笑われますよ!!(原文ママ)」、「事実を良く確認しないで、いいがかりばかりやっていますと、裁判で恥をかいて敗けるのは増田さんですよ(同)」という2枚目から3枚目にかけて書かれたH氏のメッセージが、なんとも皮肉である。

公平に、被控訴人(津田)側が提出した書証の一部も掲示しておこう。「公認会計士脅迫事件」で、脅迫や暴行を受けた直接の被害者O氏が、神奈川県警に刑事告訴をした際の告訴状だ。これを読めば、22日の「増田尋問」を傍聴した人には、控訴人側の代理人(佐藤弁護士)が行った尋問の意味がわかるだろう.。

Ootakokuso001 Ootakokuso002 Ootakokuso003 Ootakokuso004 Ootakokuso005

| | コメント (0)

2009/04/23

【増田裁判レポート①】詐欺まがい商法「時事評論家」増田俊男氏が出廷「被害者」裁判所前でデモ活動を実施

Pict0648 増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』(江尻眞理子社長)が、当ブログ管理者の津田哲也に3300万円の損害賠償などを求めた名誉毀損裁判の控訴審で、きのう増田氏に対する本人尋問が東京高裁であった。

開廷前の午後1時ごろから、裁判所庁舎の正門前には、増田氏とサンラ・ワールド社によるファンドの出資者が組織する被害者団体『サンラ商法被害者連絡会』のメンバーが集結。横断幕を掲げてサンラ・ワールド社の商法を糾弾し、増田氏の出廷する裁判の傍聴に訪れた出資者へ向けて、連絡会の活動への賛同を呼びかけるデモ活動を展開した。このデモと決起集会は、サンラ・ワールド社らが主宰した投資クラブの最古参の〝大口会員〟で、増田氏の〝信者〟だった出資者が主宰したもの。それだけにサンラ・ワールド社の関係者や、いまもなお、同社の虚偽発表に惑わされつづけている一般会員が受けた衝撃は大きかったようだ。

Img_16371 開廷前のデモには多数の報道陣がつめかけ、連絡会の代表ら実行委員をはじめとする「サンラ商法」被害者を取材する光景も見られた。

Img131_2

| | コメント (0)

2009/04/21

「足利事件」再鑑定でDNA型一致せず

0000041634b 『サンラ・ワールド社』法律顧問の佐藤博史弁護士(新東京法律会計事務所)が主任弁護人を務める「足利事件」の再審請求即時抗告審で、東京高裁の嘱託によってDNAの再鑑定が行われていたが、事件で殺害された女児の着衣に付着していた体液と菅家利和受刑者のDNA型が一致しなかったという。今月末に、この鑑定結果が正式に東京高裁へ報告されれば、再審開始の可能性が出てくる。

DNA型不一致の結果について、佐藤弁護士は共同通信の取材に対し、「正式な連絡があるまで静かに見守りたい。コメントはしない」としている。

足利事件、DNA型一致せず 東京高裁再鑑定、再審の公算〔共同通信〕

203994 一方、佐藤弁護士がサンラ・ワールド社の代理人となって、当ブログ管理者の津田哲也に対して起こした名誉毀損訴訟の控訴審では、あす同社の実質上の経営者である増田俊男氏(自称評論家)の尋問が東京高裁で行われる。当日は、サンラ・ワールド社の資金集めの被害者が結成した『サンラ商法被害者連絡会』のメンバーが、裁判所庁舎前に集合し、ビラ撒きなどのデモを実施する予定、同連絡会の代表らによると、「詐欺罪」などの疑いで、サンラ・ワールド社や増田氏らを刑事告訴する準備を進めているという。

| | コメント (0)

2009/04/18

「サンラ名誉毀損裁判」に佐藤博史弁護士が証拠提出した窮境の〝内輪ネタ〟

Masudamail37a Masudamail38a増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』が当ブログの記事に名誉を傷つけられたとして、管理者の津田哲也に3300万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審で、サンラ側代理人の佐藤博史弁護士(新東京法律会計事務所)らは16日、2点の書証を提出した。が、その2点はいずれも、増田氏と佐藤弁護士らがやり取りしたメールの写しという、お粗末なものだった。これでは増田氏も、億単位の超高額な弁護士報酬を支払ってきた甲斐がないのではないだろうか。

この控訴審は来週、増田氏の本人尋問が行われる予定だ。「増田メール」を提出した佐藤弁護士の立証趣旨は、増田氏の証言を傍聴すれば理解できるかもしれない。

期日 4月22日(水)午後1時30分
場所 東京高等裁判所 809号

同日、「増田俊男『サンラ商法』被害者連絡会」の決起集会が開かれる。参加希望者は「裁判所合同庁舎」正門前に午後1時に集合。

サンラ商法被害者連絡会

| | コメント (0)

2009/04/05

公明党元幹部の手帳持ち去り報道「名誉毀損裁判」の逆転敗訴に佐藤博史弁護士が週刊誌で反論

公明党の元国会議員3人が『週刊現代』の記事に名誉を傷つけられたとして、損害賠償などを求めた訴訟の控訴審で東京高裁は先月27日、発行元の講談社や矢野絢也氏(元公明党委員長)らに計660万円の支払いを命じた1審の東京地裁判決を取り消し、元議員側の請求を棄却する判決を言い渡した。

この訴訟は、3人が「矢野氏の自宅を家捜しして、衆議院手帳100冊を持ち去った」などとした『週刊現代』('05年8月6日号と同月13日号)の記事について争われていた。高裁判決は、「3人は、4回にわたって矢野氏の自宅を訪れ、『要求を拒めば、創価学会や公明党員が危害を加える恐れがある』と脅迫。手帳などを受け取ったが、さらに3人は矢野氏宅の本棚などを開けた」として、記事の真実性を認定。また東京高裁は、矢野氏側の反訴を認め、持ち去った手帳などの返還と慰謝料計300万円の支払いを3人に命じている。 判決後、3人は即日上告したが、最高裁の決定のいかんいよっては〝ヤブヘビ〟になりかねない裁判となった。

0417s 3人の代理人で、「名誉毀損の専門弁護士」を自認する佐藤博史弁護士は今回の敗訴について、『フライデー』(4月17日号)誌上で「(高裁の判断は)まったくの事実誤認」「明白な事実誤認」とコメントしている。佐藤弁護士が「事実誤認」と連呼するのは、3人から証拠提出された音声データに改竄の疑いがあることを高裁判決が指摘した点についての反論だ。

そういえば佐藤弁護士は、隠し撮りをした音声データで争うことが得意の弁護士だったはず。「改竄が加えられていないことを科学的に証明できることがわかった」と、佐藤弁護士は『フライデー』の取材に答えているが、どうせなら敗訴する前にわかっておくべきだったのではないのか。

何ごとも〝アトダシ〟では説得力がない。

<参考記事>創価学会が脅えた私の「極秘メモ」元公明党委員長の告発手記

| | コメント (1)

2009/04/02

4.22「サンラ商法被害者連絡会」決起集会

海外投資などを名目に200億円を超える出資金を集め、破綻状態になっている「サンラ商法」の被害者が1日、『サンラ・ワールド社』経営陣の増田俊男氏らの責任追及と被害の回復をめざす『サンラ商法被害者連絡会』を結成した。同会は今月、決起集会を開き、全国の被害者に団結を呼びかけるという。

集合日時:4月22日(水)午後1時00分
集合場所:「裁判所合同庁舎」正門前

  • Tisaihontyo 東京都千代田区霞が関1-1-4(地下鉄東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」A1出口から徒歩1分,地下鉄東京メトロ有楽町線「桜田門駅」5番出口から徒歩約3分)

この日は午後1時30分より、増田氏が東京高等裁判所809号法廷に出廷する。決起集会は、閉廷後の午後3時から開かれる予定。詳細は当日、集合場所で発表される。

| | コメント (1)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »