« 「菅家さんを支える会」津田哲也に〝出入禁止〟〔足利事件〕 | トップページ | 「東京高検」鑑定追加データ要求の上申書に「弁護団」は反発「サンラ商法被害者連絡会」は佐藤博史弁護士に抗議デモ〔足利事件〕 »

2009/05/16

【増田裁判レポート④】増田俊男「尋問調書」全文

Masudajinmon 増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』が当ブログなどに掲載された記事に名誉を傷つけられたとして、管理者の津田哲也に対して3300万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審で、4月22日に控訴人(増田)の本人尋問(が行われたことはすでに報じている。その「尋問調書」が届いたので、全文を掲載しておく。

増田氏ら控訴人側の代理人である佐藤博史弁護士(新東京法律会計事務所)は、この尋問について4月30日、サンラ・ワールド社のウェブサイトに自身が執筆を担当する「法務」のページ(赤枠広報)で「裁判終了後、津田氏に煽られて傍聴した多くの投資家も大野弁護士の尋問が失敗に終わったことは認めざるを得ず、異口同音にそのことを口にしていました」と自慢していた。しかし、 それが悪質な「デマ広報」もしくは〝特異な目と耳〟をもった佐藤弁護士ひとりの思い込みであったことは、「尋問調書」を読めばわかるだろう。

控訴人側の尋問は、事件当事者でもある佐藤弁護士の自己弁護のために行われたようなものだった。一方、被控訴人(津田)側代理人の大野裕弁護士の尋問によって、1審の終盤から控訴審にかけて唐突に持ちだされた控訴人側の荒唐無稽な主張が虚偽であったことを、増田氏は暴露してしまっている。

Sensei 法廷の証言台で「宣誓」をしたうえで、「ハワイ王国全権委任大使」と「パラオ共和国国会アドバイザー」という実在しない虚偽の肩書きを名乗った増田氏の証言は、とにかくボロボロだった。

増田俊男「尋問調書」の全文↓「masuda09.04.22a.pdf」をダウンロード

この裁判の次回口頭弁論は、5月25日午後4時から東京高裁809号法廷で開かれる。

〔関連記事〕【増田裁判レポート①】詐欺まがい商法「時事評論家」増田俊男氏が出廷「被害者」裁判所前でデモ活動を実施

〔関連記事〕【増田裁判レポート②】カリスマの凋落

〔関連記事〕【増田裁判レポート③】「増田俊男氏」被害者から逃げる「佐藤博史弁護士」吼える

〔関連記事〕『横浜事件』遺族の刑事補償金請求で記者会見に臨んだ「佐藤博史弁護士」が同日『サンラ・ワールド社』スポークスマンとして発表した「悪質デマ広報

|

« 「菅家さんを支える会」津田哲也に〝出入禁止〟〔足利事件〕 | トップページ | 「東京高検」鑑定追加データ要求の上申書に「弁護団」は反発「サンラ商法被害者連絡会」は佐藤博史弁護士に抗議デモ〔足利事件〕 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「菅家さんを支える会」津田哲也に〝出入禁止〟〔足利事件〕 | トップページ | 「東京高検」鑑定追加データ要求の上申書に「弁護団」は反発「サンラ商法被害者連絡会」は佐藤博史弁護士に抗議デモ〔足利事件〕 »