« <イベント情報>人権と報道・連絡会7月定例会のテーマは「足利事件の捜査・裁判・報道」 | トップページ | 【サンラ裁判情報】200億円を集めて海外潜伏中の自称評論家「増田俊男」氏ら〝江尻家〟の面々が日本で証言台に立つ »

2009/06/23

〔足利事件〕東京高裁が再審開始決定で〝詐欺まがい業者〟顧問「佐藤博史」弁護士の〝イソ弁〟もメディア露出

きょう東京高裁は、再審請求中に17年半ぶりに釈放された菅家利和氏に対し、再審開始の決定を出した。その決定を受けた弁護団は会見を開いたが、菅家氏の隣席を陣取ったのは、毎度のことながら〝主役顔〟の佐藤博史弁護士だ。

東京高裁、菅家さんの再審開始を決定

6月23日10時38分配信 時事通信

2009062300000007jijpsociview000 足利事件の再審可否決定を前に、東京高裁に入る菅家利和さん(中央右)と弁護団ら(23日午前、東京・霞が関の同高裁前)。矢村宏裁判長は、請求を棄却した宇都宮地裁の決定を取り消し、再審開始を認める決定をした。

佐藤弁護士は、詐欺まがいの商法で200億円もの資金を集めてきた『サンラ・ワールド社』という無登録の投資会社から、億単位の報酬を受け取ってきた人物でもある。サンラ・ワールド社顧問としては、同社を代理した佐藤弁護士から恫喝や強要、暴言、暴行、人権侵害などの行為を受けたとする被害者に、多数の懲戒請求を所属弁護士会へ申し立てられてきた。

それでも『足利事件』では、すっかり「正義の弁護士」として有名になった佐藤弁護士。これでもかというぐらい頻繁に記者会見を開いて、そのつど欠かさず臨席し、寡黙な菅家氏の存在がかすむぐらいに熱弁を振るって自己主張をする。どうでもいいようなところへでも、菅家氏にぴったりとくっついてまわり、強引に報道カメラのフレームに入り込もうとする。そんな佐藤弁護士の過剰なまでの自己宣伝は、サンラ・ワールド社の詐欺まがいの商法で大金を失ったうえに、暴言や暴行などの2次被害に遭った人たちの被害者感情を逆撫でしてきた。

そして、きょうの再審開始の決定では、佐藤弁護士の部下も〝晴れ舞台〟を踏んだ。裁判所合同庁舎から走り出て、正門前で垂れ幕を掲げた2人である。この2人は、佐藤弁護士が所長を務める新東京法律会計事務所に所属する〝イソ弁〟で、〝ボス弁〟とともにサンラ・ワールド社の代理人を担当している弁護士だ。

「再審開始」決定=足利事件

6月23日11時4分配信 時事通信

2009062300000011jijpsociview000 「再審開始」などと書かれた垂れ幕を掲げる弁護士ら(23日午前、東京・霞が関の東京高裁前)。東京高裁は、無期懲役刑の執行停止で釈放された菅家利和さんについて、再審開始を認める決定をした。

この2人のうち、<誤判の解明拒否>と書かれた垂れ幕をかざした木村文幸弁護士から、暴言を吐かれたという〝サンラ商法〟の被害者は少なくない。サンラ・ワールド社らが津田哲也に対して起こした名誉毀損訴訟で、4月22日に開かれた口頭弁論の閉廷後には、木村弁護士は同社経営者の増田俊男氏を取材しようとした報道記者をも暴力団的な言動で恫喝したのだ。この一件では、目撃者が木村弁護士に対する懲戒請求をしているが、「記者恫喝」の証拠映像は以下のリンクをクリックすればダウンロードできる。

「kimura.wmv」をダウンロード

090422kimura 足利事件報道で佐藤弁護士らを持ち上げているマスメディアも、サンラ・ワールド社の取材をしてみれば、「正義の弁護士」の本性を思い知らされるのではないだろうか。

<関連サイト>サンラ商法被害者連絡会

Shapeimage_3 Shapeimage_4

|

« <イベント情報>人権と報道・連絡会7月定例会のテーマは「足利事件の捜査・裁判・報道」 | トップページ | 【サンラ裁判情報】200億円を集めて海外潜伏中の自称評論家「増田俊男」氏ら〝江尻家〟の面々が日本で証言台に立つ »

メディア」カテゴリの記事

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

被害を受けたので詐欺会社に電話をかけたところ弁護士に任せたの一点張りで、仕方なく、悪徳詐欺業者の代理人である佐藤弁護士に電話をかけて話し合いをしようとしたら、この木村弁護

士というのが出てきて代理人にもかかわらずに、●●と関係あるやつとは、交渉せん!と恫喝してきたヤクザと間違った弁護士です。

それまでの相談での弁護士との接見で傲慢とか横柄な感じを受けていましたからある程度予想はしていましたが、口のきき方は
まるでヤクザです。

法をかざして法に無知な人間を恫喝するというのは、男として恥ずかしい行為とは思わないのでしょうか?

どんなに良いことをしていても、裏でかような会社の弁護を引き受け巨額の報酬をせしめている事実を知れば、悪だくみの為に
無垢な菅家利和氏を利用しているとしか私には思えません。

あとから電話を当方にかけてきたボスの佐藤弁護士は、何の権限があるのか知りませんが、「●●と付き合う人間には金を返さんぞ」!と威嚇していました。

呆れたというより、これほど人間はお金のためなら卑しくなれるのかと思った次第です。

どんなに資格を持ち有名でも裕福でも、一回でも人間的に下劣な事をすれば世間の信用を失うということをご存じないようです。

天罰はもとより、教会で懺悔でもしない限り子孫は救われないのでは?

あなたたちの報酬の一部でも私たち被害者からのお金ならば少しばかりでも“丁寧”にお話されてはいかがでしょうか?

商人ならば毎度ありがとうございましたと感謝してくれますよ。
自称「大佐藤弁護士」さん。

投稿: サンラ?佐藤被害者! | 2009/06/24 18:58

こいつは本当に悪い奴ですね。偽善者です。何故逮捕されないのか不思議です。
警察には、こいつが一番悪いと証言しておきました。

上の方のコメントを見ても良くわかるように、サンラと一体になっていることが分かりますね。

神様、仏様。早く悪い人に罪を償わせて下さい。

投稿: 斜陰 | 2009/06/24 21:44

やはり、似たもの同士というべきか。

この佐藤にして、この木村である。

まあ、佐藤のような弁護士の下には、まともな人間は集まらないだろうから、当然といえば当然である。

早く両者ともくさい飯を食わせて、反省の日々を送らせたいものだ。

警察の皆様、よろしく頼みます!

投稿: 砂糖 | 2009/06/25 11:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« <イベント情報>人権と報道・連絡会7月定例会のテーマは「足利事件の捜査・裁判・報道」 | トップページ | 【サンラ裁判情報】200億円を集めて海外潜伏中の自称評論家「増田俊男」氏ら〝江尻家〟の面々が日本で証言台に立つ »