« 【サンラ裁判情報】増田俊男氏<ゴーストライター訴訟>本人尋問で今月に裁判所出廷へ | トップページ | <イベント情報>異色の警察映画『ポチの告白』ニューヨークで上映 »

2009/07/08

【サンラ裁判速報】言論封じの〝嫌がらせ訴訟〟2審も増田俊男氏が敗訴

Satosunra 増田俊男氏が公認会計士に対する「脅迫事件」を教唆し、その実行犯の「口止め」を佐藤博史弁護士が行ったとする記事をめぐって、増田氏と『サンラ・ワールド社』が当ブログ管理者の津田哲也を相手に起こしていた名誉毀損裁判の控訴審判決が、きょう東京高裁で言い渡された。

判決は、「本件控訴をいずれも棄却する」とし、1審と同様に津田の全面勝訴となった。

Hanketsu090708_2 サンラ・ワールド社側の訴訟代理人である佐藤弁護士弁護士が、争点の「口止め事件」の当事者というこの異例の裁判は、東京地裁の1審判決が「本件ブログ記事は、いずれも公共の利害に係るもので、かつ、被告(津田)の執筆の目的は専ら公益性を図ることにあり、しかも、そこで摘示された 事実は、その主要な内容、本質的な部分において真実であると認められるから、本件ブログ記事を執筆し掲載した被告の行為に違法性は認められず、不法行為は成立しない」と認定。敗訴したサンラ・ワールNikichanド社側が控訴していた。

※右の写真は、裁判所へあらわれたサンラ・ワールド社の〝偵察隊〟。「サンラ商法被害者連絡会」のデモの様子を熱心に写真撮影をしていた。

〔関連記事〕法廷で暴かれた「増田俊男」氏と「佐藤博史」弁護士のウソと不正

〔関連記事〕『パシコン名誉毀損裁判』で〝言論の自由〟を守ったはずの「佐藤博史」弁護士が〝言論封じ〟をしていた

|

« 【サンラ裁判情報】増田俊男氏<ゴーストライター訴訟>本人尋問で今月に裁判所出廷へ | トップページ | <イベント情報>異色の警察映画『ポチの告白』ニューヨークで上映 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

津田様、勝訴お目出とう御座います。

略、100%信じていましたが、

昨今の赤猿の悪毒い活躍が目立ったので、

心配が無くも有りませんでしたが。

正義が勝つ事を実感致しました。

投稿: イシ | 2009/07/09 02:14

拝啓 人権派弁護士

赤猿大先生殿

貴方の、貴方による、貴方の為の、上告はされるのでしょうか?

お差し支えなければお教え下さい。

出来たら“法螺爺”・“涙嘘婆”が、お可愛そうですからお止め下さい。

2年間で既に13億の顧問料ですが、まだまだ欲しいのでしょうか?

如何に元は私共が出したお金とは言え、これ以上“絞り取る”のはお気の毒です。

既にご存知と思いますが来る12日に津田様に、【これぞ将に目からウロコ】と題し
講演をして頂きます。

その後、勝訴記念の会を築地某料亭にて催します。

これ等の事を、貴方も良くご存知のK様にお伝え致しました。

「アアー、良かった!良かった!お目出とう。」と、ご自分の事の様に喜んで下さいました。

「解った、解った、あんた達の行くとこは、何処でも行くヨ。」と、快諾して下さいました。

挙句、「兎に角あいつは増田より悪いから、トッチメナクチャー!」とお仰てました。

若し宜しければ、先生の所の“小猿”様・爺様子飼いの●●君にも,ご招待と言う訳には参りませんが、ご臨席頂ければ幸甚です。

正しい生き方を多少でもご教示出来るのではと愚考する次第です。

イシ拝


追記

私はネット社会でハンドルネーム“イシ”を良く使います。

「馬鹿は死ななきゃ治らない」と謳われた同郷の森の石松っさん、

「死しても未だ生きている」石原裕次郎、が好きなのと、

「己が意思を大事にしたいからです。」

使用した後、医師でもある事に気が付きました。

投稿: イシ | 2009/07/09 02:30

弁護士会や警察当局は、このような弁護士をいつまで放置しておくつもりなのか。

可能な限り早く、適切な処分を下し、これ以上の被害が広がるのを防いで欲しい。

その際は、詐盗、じゃなくて佐藤の忠実な手下として現在も活動している、木村弁護士の処分もお忘れなく!

投稿: 詐盗 | 2009/07/09 17:00

やはり正義は勝つ!

ところで、判決までは、法務のページにあれほど吼えていた佐藤博史弁護士ですが、結果報告は無しですか?

都合の悪いことは一切口を閉ざす、まさしく大本営発表ですね。

特に判決当日、佐藤博史氏だけでなく、とりまきの木村弁護士、金澤弁護士も誰一人出廷もしなかったのは、これまでの法務広報がいかに虚偽に満ちたものであるか、裁判所によって明らかにされることを予想し、化けの皮が剥がれたところを見られるのが嫌だったからなんでしょう。

投稿: 目玉おやじ | 2009/07/09 20:39

大新聞の報道には何もせず、津田さんという個人にたいしては大金の損害賠償をふっかけた「嫌がらせ」訴訟を起こしてくる・・・あくどい弁護士ですね。
増田氏の元投資家への脅迫の教唆と、佐藤弁護士のその事実への「口止め」行為、サンラ商法には弁護士も絡んでいたということにはビックリしました。

投稿: 凡夫 | 2009/07/09 22:11

津田哲也様
勝訴おめでとうございます。
一審の判決文を読ませて頂き、結果は間違いないと思っておりました。
津田様の正義感がここまで事態を導いてくださったと感謝してます。
彼らを増長させた原因を考えると深く反省する必要もあると思います。
真実が白日の下にさらされる日が近い事を祈念いたします。
その瞬間まで、どうぞ前を歩いて行ってください。

投稿: バーベイン | 2009/07/10 00:12

津田さん

勝訴、おめでとうございます。
サンラの被害者のために尽力していただいた津田さんに対して、本当に理不尽な嫌がらせ訴訟であり、勝訴が当然でなければならないのですが、そのために多大な時間と費用、精神的な負担を強いられただろうことに憤りを感じます。
審判が必ずしも正義を実現出来ているのか疑問を感じる昨今、勝訴で安心しましたヽ(^o^)丿

投稿: とくちゃん | 2009/07/10 00:23

津田様

心より感謝いたします。
有難うございます。
津田様が、いなければ公表もされることなく泣き寝入りしてたと
思います。先程、サンラの2人は・・・あの弁護士は?と気になり検索したらこの書き込みを見つけました。うれしいニュースでした。津田様が勝つことは確信してました。裁判のことを思うと江尻氏の眉間にしわの険しい表情が浮かぶので、あちらが苦しむ結果になる、と思っていました。

投稿: シリウス | 2009/07/11 00:01

津田様

裁判勝訴おめでとうございます。

増田俊男が出鱈目だ云う事が、公に一つでも認められた事

は大変意義深い。

津田様が、逸早くサンラの悪徳投資金集めを見抜いて下さった

御陰で彼らの活動にストップがかかり、被害も押えられている

と思います。

増田、江尻、佐藤にとって津田様は目の上のタンコブで憎い存在

だったのですね。

悪人が善人を訴えるとは、全くもって盗人猛々しい。

お門違いもイイ加減にしないと畳の上で死ねませんよネッ。

またハワイで畳のベッドでも造っているのかしら?

投稿: 三条 | 2009/07/11 03:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【サンラ裁判情報】増田俊男氏<ゴーストライター訴訟>本人尋問で今月に裁判所出廷へ | トップページ | <イベント情報>異色の警察映画『ポチの告白』ニューヨークで上映 »