2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« <イベント情報>こうして私の17年半は奪われた | トップページ | <イベント情報>佐藤博史(サンラ・ワールド社元顧問)弁護士が〝冤罪〟を語るシンポジウム〔大阪弁護士会/京都弁護士会〕 »

2009/09/19

連邦倒産法〔第11章〕申請の「サンラ・コーヒー組合」債権者会議がホノルルで開かれる

『サンラ・コーヒー組合』(Sunra Coffee LLC)が8月21日、米国破産裁判所(ハワイ地区)に連邦倒産法第11章の適用を申請したことは既報のとおり。

〔関連記事〕増田俊男氏ら「サンラ・コーヒー組合」米国連邦破産法第11章手続きを申し立て

Meeting_of_creditors ところが、破産の申立てから1ヵ月近く経ったいまも、サンラ・コーヒー組合への投資を名目に50億円を超える資金を集めた『サンラ・ワールド社』は、その事実をひた隠している。しかし、当ブログなどから情報を得た「サンラ商法被害者連絡会」会員の一部が、米国破産裁判所にサンラ・コーヒー組合の債権を届け出ていた。右の画像は、債権届をした日本の出資者のもとに送られてきた<第11章破産事件の債権者会議と最終期限の通知>だ。

サンラ・コーヒー組合の債権者会議は、ハワイ時間9月30日午後2時からホノルル市内の受託者会議室でが開かれる。そして、債権証明の届出の最終期限は今年の12月29日。この期限を過ぎれば、債権者は権利を主張できなくなってしまう。

サンラ・ワールド社には、このような重要情報を出資者に報告する義務がある。債権届の手続きなどについては、有料で顧客のサポート・サービスを行っているはずの「サービスセンター」(熊谷喜代美氏)に問い合わせてみるとよいだろう。

サービスセンター

TEL:03-3955-6575
FAX:03-3955-6976

e-mail: info@sc-jp.jp

サービスセンターが質問に応じなかった場合は、「サンラ投資被害対策室」または「サンラ商法被害者連絡会」が無料で債権届に関する情報を提供している。

サンラ投資被害対策室
e-mail: sunra_higai110@yahoo.co.jp

サンラ商法被害者連絡会
e-mail: sunra_info@yahoo.co.jp

サンラ・コーヒー組合は、増田俊男氏とサンラ・ワールド社が出資金集めの名目とした〝目玉商品〟のひとつだった。'07年末ころには、すでに破綻の兆しはあったが、サンラ・ワールド社の顧問(当時)の佐藤博史弁護士が「'08年春から配当の支払いを再開する」と宣伝するなどして、取り付け騒ぎを抑えてきた。

しかし、「配当の支払い」をホゴにしたばかりか、破産手続きの申立ても出資者に無断で行われた。

« <イベント情報>こうして私の17年半は奪われた | トップページ | <イベント情報>佐藤博史(サンラ・ワールド社元顧問)弁護士が〝冤罪〟を語るシンポジウム〔大阪弁護士会/京都弁護士会〕 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« <イベント情報>こうして私の17年半は奪われた | トップページ | <イベント情報>佐藤博史(サンラ・ワールド社元顧問)弁護士が〝冤罪〟を語るシンポジウム〔大阪弁護士会/京都弁護士会〕 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ