« 増田俊男氏〔ゴーストライター裁判〕で尋問期日が決まる | トップページ | 裁判員制度反対派の大物弁護士に懲戒処分 »

2009/10/28

暴力団恐喝事件の被害者威迫で弁護士に求刑1年

2 5代目共政会の守屋輯(写真)会長が、解体業者にあいさつ料を要求したとされる恐喝事件(公判中)の被害者に対し、被害申告をしないよう迫ったとして証人威迫罪に問われた関元隆弁護士(広島弁護士会:登録番号11802)の差し戻し審で、きのう検察側が懲役1年を求刑した。

関元弁護士は1審判決で無罪を言い渡されていたが、昨年6月に広島高裁が無罪判決を破棄。広島地裁に審理が差し戻されていた。

5代目共政会は、広島市内に本拠を置く指定暴力団。300人余りの構成員を擁するとされる。

弁護人は依頼者以外のものに対し,驚き,苦しみ,災厄,破壊をもたらそうとも介意すべきではありません。否,弁護人が愛国者として負担する国家に対する義務をも必要あれば風に吹きとばし,依頼者保護のため国家を混乱に陥れることも,それがもし不幸にして彼の運命だとしたら,結果を顧みることなしに,続けなければならないのであります。

佐藤博史著『刑事弁護の技術と倫理』(有斐閣刊)より

〔関連記事〕「暴力団員との交際で倫理観が鈍麻していた」と弁護士に実刑判決

〔関連記事〕弁護士の「誠実義務」

〔関連記事〕裁判所内「暴行事件」を週刊誌に報じられた翌日に弁護士を脅した佐藤博史弁護士

〔関連記事〕〝嫌がらせ訴訟〟を起こして墓穴を掘った増田俊男氏らの敗訴確定

|

« 増田俊男氏〔ゴーストライター裁判〕で尋問期日が決まる | トップページ | 裁判員制度反対派の大物弁護士に懲戒処分 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

暴力団/右翼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 増田俊男氏〔ゴーストライター裁判〕で尋問期日が決まる | トップページ | 裁判員制度反対派の大物弁護士に懲戒処分 »