2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 佐藤博史<足利事件>弁護士に「1億2400万円を返せ」と増田俊男<サンラ・ワールド社>氏が紛議調停を申し立て | トップページ | 佐藤博史〔足利事件〕主任弁護人式「美談報道」ネタの仕込み方 »

2009/11/30

弁護士とカネ

今年9月に東京弁護士会から<除名>の懲戒処分を受けていた佐竹修三元弁護士が、「武富士」元会長邸宅の虚偽の売却話で「三菱地所」から約1億5000万円を騙し取ったとして、詐欺などの容疑で、きょう警視庁捜査2課に逮捕された。

佐竹元弁護士は、除名される以前にも2度の懲戒処分を受けており、今年9月には自己破産もしている。さらに、かねてから怪しげな筋との交流も噂されてきた人物だけに、金銭がらみの事件で逮捕されても納得できる。

しかし、国家権力に立ち向かう人権派の<熱血弁護士>では、<金銭スキャンダル>とイメージが結びつきにくいのではないだろうか。

<足利事件>主任弁護人の佐藤博史弁護士が、今年7月末まで顧問を務めていたサンラ・ワールド社から、約1億2400万円の報酬の返還などを求める紛議調停を申し立てられたことは既報のとおりだ。そして、その事実はサンラ・ワールド社からも発表された。

Teikoku きょう、リニューアルされた同社のウェブサイトに「2009.11.30 紛議調停申立て」と題し、増田俊男氏と江尻眞理子氏が報酬の返還を求めるにいたった理由について、こう述べている。

私増田は、何度も佐藤弁護士に対し「皆様は私を信じて投資されているのだから私に責任がある。投資家の皆様と話しあいたい」とお願いしたのですが、私の言う事に従わないなら私は辞任させていただきます。私は日本で最強の刑事専門の弁護士です。もし私が辞任したことがわかれば警察は放っておかないでしょう。すぐにも強制捜査が始まることも考えておいたほうがいいですよなどと度々言われてきました。 弁護士の指示に忠実に従って業務を行ってきたのですから、私どもに違法性があったとは考えません。しかし、警察の強制捜査は社会的な信用の損失につながります。社員のことや投資先に与える損害の大きさを考えれば、強制捜査をきっかけとする報道は、何としてでも回避しなければなりません。そのような思いから、不満を重ねながらも、佐藤弁護士の横暴に我慢をして来たのです。

ようするに佐藤弁護士は、警察の威力を利用することで増田氏らを従わせ、高額な報酬を支払わせてきた、ということらしい。

« 佐藤博史<足利事件>弁護士に「1億2400万円を返せ」と増田俊男<サンラ・ワールド社>氏が紛議調停を申し立て | トップページ | 佐藤博史〔足利事件〕主任弁護人式「美談報道」ネタの仕込み方 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐藤博史<足利事件>弁護士に「1億2400万円を返せ」と増田俊男<サンラ・ワールド社>氏が紛議調停を申し立て | トップページ | 佐藤博史〔足利事件〕主任弁護人式「美談報道」ネタの仕込み方 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ