« 佐藤博史〔足利事件〕主任弁護人式「美談報道」ネタの仕込み方 | トップページ | 人権派弁護士の金銭スキャンダル »

2009/12/04

過払い金返還請求事件で「過大報酬」を取った弁護士に業務停止3ヵ月の懲戒処分〔第2東京弁護士会〕

消費者金融への過払い金請求などを依頼した女性から高率な報酬を取ったとして、小林優弁護士(フォレスト総合法律事務所)が、所属する第2東京弁護士会から業務停止3ヵ月の懲戒処分を受けた。

「報酬取りすぎ」弁護士を懲戒 取り戻し額の3分の2〔朝日新聞〕

小林弁護士が懲戒処分の理由とされた過大報酬は、依頼人の女性が得た約179万円の約3分の2にあたる118万円余りだった。確かに高すぎるが、おなじ第2東京弁護士会に所属する佐藤博史弁護士(新東京法律会計事務所)が『サンラ・ワールド社』に請求していた報酬等の金額にくらべれば、かわいいものだ。

8100000佐藤弁護士は先月27日、サンラ・ワールド社から約1億2400万円の報酬等の返還を求める紛議調停を申し立てられているが、過大請求のスケールは小林弁護士の懲戒事由をはるかにしのいでいる。

たとえば、T氏という男性がサンラ・ワールド社に対して提起した損害賠償請求裁判では、訴訟の請求額は796万4368円だったが、佐藤弁護士が同社に請求した着手金は300万円(消費税別)。約4割という法外な金額だった。そして、この裁判は提訴から2ヵ月ほどで和解したが、サンラ・ワールド社が原告の男性に支払った和解金は、同社が弁護士を介さずに和解してきた金額よりも高かった。つまり、この訴訟ではサンラ・ワールド社の経済的利益はマイナスだから、本来は弁護士の成功報酬もゼロのはず。ところが、佐藤弁護士は500万円もの報酬を請求していたのだ。

Sato067 Sato071 Sato093 着手金と報酬のほかに同裁判で、佐藤弁護士は東京地裁に出廷した日当として10万円を請求しており、サンラ・ワールド社が支払わされた報酬等の総額は、訴訟の額を超える810万円だった。

現在は廃止されているが、日弁連の旧報酬基準をもとに計算すると、この裁判にかかる弁護士費用は訴訟の額の5%に9万円を加算した額の約49万円の着手金のみとなる。佐藤弁護士は、その約17倍もの報酬等を取っていたのである。

|

« 佐藤博史〔足利事件〕主任弁護人式「美談報道」ネタの仕込み方 | トップページ | 人権派弁護士の金銭スキャンダル »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

私は複数の被害者及び私自身の投資(コーヒー組合)に関連して、サンラワールド・増田・江尻及び佐藤に対して損害賠償請求の民事訴訟・刑事告訴・懲戒請求をまもなく実行すべく準備中の弁護士です(佐藤は既に2006年頃から私のサンラワールドへの問合せをブロックして妨害すると共に、私に対し再三逆に懲戒請求するむね脅しをかけていました。こちらは早く法的手続きを取りたかったのですが、証拠がそろわず、かつ依頼者の足並みもそろわなかったので、時間を食ってしまいました)。津田さんが勝訴した訴訟は高裁判決直後に記録を高裁で閲覧だけはできましたが、謄写は当事者ではないので許可されませんでした。その記録に加えて、津田さんや他の被害者がお持ちで本HPに出ていない各種書面の中にも、有力な証拠になりうるものがあるかもしれません(特に対佐藤で、コーヒー組合の投資案件や個別の投資者に対する交渉に関連した報酬請求書など)ので、もし可能でしたら、それらを閲覧ないし謄写させていただけませんでしょうか?よろしくお願いします。

投稿: 正野 嘉人 | 2010/01/21 20:47

過払い問題が絶えないですね

投稿: 借金相談屋 | 2010/02/01 21:43

このような過大請求が絶えませんね・・
弁護士はもっと真摯な態度で、弁護士を志した時の気持ちを忘れてはいけないですね。

投稿: 債務整理の川上事務所 | 2010/02/12 19:23

加害者の関係者が、被害者を装って情報を得ようとすることもありますしね。知能犯には要注意です。

投稿: Boxy | 2010/11/09 08:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 佐藤博史〔足利事件〕主任弁護人式「美談報道」ネタの仕込み方 | トップページ | 人権派弁護士の金銭スキャンダル »