« 〔足利事件〕弁護団「報道のネタづくり」で暴走か | トップページ | 佐藤博史弁護士の「懲戒請求」不処分に異議申出で審査開始〔日弁連〕 »

2010/01/21

〔足利事件〕再審弁論で「弁護士『佐藤博史』の責任を追及する会」と「サンラ・ワールド社」が共闘デモ

Pict0832 きょう<足利事件>第4回目の再審公判が開かれた宇都宮地裁正門前で、「弁護士『佐藤博史』の責任を追及する会」とサンラ・ワールド社が合同して、佐藤博史弁護士に約1億2400万円の返還を求めるデモを行った。

Ashikaga20100121001

Ashikaga20100121002 Ashikaga20100121003 Ashikaga20100121004 Ashikaga20100121005 このデモの報告は、サンラワールド社が運営する<サービスセンターWEBサイト>に掲示された。

2010.1.21 「足利事件」の第4回目の再審公判が宇都宮地裁で開かれる。

本日、「足利事件」の第4回目の再審公判が宇都宮地裁で開かれ、同地裁前で「弁護士『佐藤博史』の責任を追及する会」がデモを行いました。

「足利事件」の主任弁護人は、昨年7月まで弊社の法律顧問を務めていた佐藤博史弁護士です。佐藤弁護士は顧問在任中、約2億円の報酬等を弊社に支払わせました。しかし、その報酬等の大半が不当に高額な請求だったことが判明し、弊社は昨年11月27日、佐藤弁護士に約1億2400万円の返還などを求める紛議調停を申し立てたことは、すでにご報告した通りです。

宇都宮地裁前における本日のデモは、弊社に不当請求した約1億2400万円を返還するよう、佐藤弁護士に求める趣旨で行われたものです。
主催の「弁護士『佐藤博史』の責任を追及する会」は、投資家の方々が結成した団体であり、弊社もその活動を支援いたしました。

佐藤弁護士から取り戻した資金を投資家の利益に供することをお約束している弊社と、「弁護士『佐藤博史』の責任を追及する会」は目的を共有しているのです。

Bira2010

<足利事件>弁護団は、この日、菅家利和氏の取り調べの録音テープをダビングしたCD-ROMなどをマスメディアにばら撒く計画だった。しかし、地裁の佐藤正信裁判長が公判の冒頭で「刑事訴訟法で禁止された『証拠の目的外使用』に当たる。報道への提供は差し控えるべき」と指摘したことで、佐藤弁護士らによる〝報道のネタづくり〟は、その実行を見合わせることになった。

|

« 〔足利事件〕弁護団「報道のネタづくり」で暴走か | トップページ | 佐藤博史弁護士の「懲戒請求」不処分に異議申出で審査開始〔日弁連〕 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 〔足利事件〕弁護団「報道のネタづくり」で暴走か | トップページ | 佐藤博史弁護士の「懲戒請求」不処分に異議申出で審査開始〔日弁連〕 »