2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

« 佐藤博史弁護士の「懲戒請求」不処分に異議申出で審査開始〔日弁連〕 | トップページ | 『サンラ・ワールド社』を金融商品取引法違反の疑いで捜索〔警視庁〕 »

2010/01/29

佐藤博史弁護士「もらった金は返さない」答弁にサンラ・ワールド社の出資者ら激怒!〔紛議調停〕

「時事評論家」の増田俊男氏を代理人として、『サンラ・ワールド社』(江尻眞理子社長)が第2東京弁護士会に申し立てていた紛議調停で、相手方の佐藤博史弁護士が「答弁書」を提出していたことがわかった。

1月25日付で、増田氏に宛てて第2東京弁護士会紛議調停委員会が送った佐藤弁護士の「答弁書」(昨年12月25日付)の要旨は「1.受領済みの弁護士報酬を返却する意思はない」「2.未払いの弁護士報酬を放棄する意思はない」「3.損害金を支払う意思はない」としたうえで、「よつて、本件紛議調停は、成立する余地がないから、すみやかに不成立として終了されたい」というもの。

この答弁に憤慨したのは、サンラ・ワールド社の出資者(投資家)が組織する「弁護士『佐藤博史』の責任を追及する会」のメンバーだ。同会代表のY氏は、「誠意のかけらもない答弁。佐藤弁護士とは、とことんまで闘っていきますよ」と決意をあらたにする。

件の紛議調停は、サンラ・ワールド社が佐藤弁護士に支払った約2億円の報酬等のうち、約1億2400万円の返還などを求めて申し立てたものだった。代理人の増田氏は、調停が成立した場合には、取り戻せた資金をサンラ・ワールド社の出資者に還元することを約束する「申述書」を、紛議調停委員会へ提出している。

20100128 そして「弁護士『佐藤博史』の責任を追及する会」は、21日に<足利事件>の再審公判が開かれた宇都宮地裁前で、佐藤弁護士に報酬の返還を求めるデモを実施。その模様が、きのう発売された「週刊新潮」(2月4日号)で報じられるなど、佐藤弁護士の不当な〝荒稼ぎ〟に批判は高まる一方だ。

Pict0846 当の佐藤弁護士は、27日に日弁連が主催した取り調べの可視化実現に向けた集会で、菅家利和氏や鈴木宗男衆議院議員らとともに演台に立った。この集会で、菅家氏が受けた取り調べを「悪魔の取り調べ」と評し、さらに「弁護士も悪い」と同業を厳しく批判した佐藤弁護士。

あいかわらずの正義漢ぶりだが、自分の不正義を棚に上げたままでは、正義をただす資格はないのではないだろうか。

Pict0853 Pict0867 Pict0866

« 佐藤博史弁護士の「懲戒請求」不処分に異議申出で審査開始〔日弁連〕 | トップページ | 『サンラ・ワールド社』を金融商品取引法違反の疑いで捜索〔警視庁〕 »

メディア」カテゴリの記事

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

サンラ家宅捜索のニュース見ました。
貴方の努力の結果と思います。

友人が2000年頃にサンラに騙され、それ以来、増田の動向を見ていました。
数年前、貴方の活動を見つけ、大手メディアが取り上げない/取り上げられない事件を追い続ける活動に陰ながら応援しておりました。
佐藤弁護士、有名になったがゆえに、サンラ問題はさらに大きく取り上げられると思います。
お忙しくなると思いますが、頑張ってください。

遂に増田俊男も 御名御璽 (もう終わり) になりましたね!!

ついに、増田に対する警察の追及が始まりましたね。

これを機会に、サンラの幹部社員、さらには、増田を推薦し続け、被害拡大に一役買った船井幸雄氏の責任も追及して欲しい。

船井氏は、最近の著書(共著)「すでに世界は恐慌に突入した」の中でも、まだ、増田氏を応援しているのだから、本当にあきれてしまう。

今回ニュースを見てはじめて騙されたことに気がつきました。

主人が増田さんを信じてきっていたので...

被害にあったお金は返ってこないかもしれませんがどのように

行動して良いかわかりません。どこか被害にあったことを相談に

載ってくれるところがないか探してましたこちらを見つけました。

お忙しいとは思いますが私のような被害者もいると思いますので

どのように行動したら良いのか教えていただければ助かります。

金銭的に余裕がないため個人的に弁護士をやとって訴訟を起こ

す余力はありませんが諦めずにできることをやっていきたいと思

っています。

ちょうど弁護士会が無料の電話相談をやってます。
なかなか繋がらないと思いますが、まずはトライしてみては如何でしょう。

投資被害110番
http://www.futures-zenkoku.com/110ban/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 佐藤博史弁護士の「懲戒請求」不処分に異議申出で審査開始〔日弁連〕 | トップページ | 『サンラ・ワールド社』を金融商品取引法違反の疑いで捜索〔警視庁〕 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ