« 「最強の刑事専門弁護士」を自称する佐藤博史弁護士〔足利事件・横浜事件〕をダシにした「捜査逃れ」の〝用心棒代〟キツイ取立て | トップページ | 〝嵐を呼ぶ男〟佐藤博史弁護士「騎虎の勢」で暴走の果てに呼んだ「強制捜査」〔サンラ・ワールド事件〕 »

2010/02/24

増田俊男氏「そば屋の出前」を〝マスダ・マジック〟で10年目に届ける Arius3D

『アリウス3D社』上場の成否をめぐる情報が錯綜していたが、カナダのTSX-V(トロント・ベンチャー証券取引所)は、きょう(トロント時間23日)『レベッカ・キャピタル社』とのQT(合併)が完了したことを正式に発表した。

Arius3D Corp.

この合併により、'07年10月5日から取引停止となっていたレベッカ・キャピタル社は『アリウス3Dコーポレーション社』と社名を変更し、TSX-Vの上場会社として市場取り引きが再開されることになる。

旧アリウス3D社の株主には、旧社株1株に対し、0.5582株の割合でアリウス3Dコーポレーション社株が交付されるという。

Tmasuda0131

増田俊男氏は、日本に帰国していた今月3日、無登録でアリウス3D社株の取り引きを行った疑いで警視庁の強制捜査を受けている。その後、8日に妻の江尻眞理子氏とともにトロントに飛び、〝ひと昔前〟にはじめたプロジェクトを奇跡的に成就させた。

新会社の市場取り引きは、日本時間のあす午前に開始されるらしい。増田氏とともに10年ものあいだ夢を見つづけてきた日本の投資家が、いよいよ現実と向き合うときがきたわけだ。

アリウス3D社株の代理店である『サンラ・ワールド社』の関係者によれば、増田氏は来月に帰国し、アリウス3Dコーポレーション社の幹部を招いた説明会を東京で開催する予定だという。

Arius3D Corp.
Listed Company

ARIUS3D CORP. ("LZR")
[formerly Rebecca Capital Inc. ("REB.P")]
BULLETIN TYPE: Qualifying Transaction-Completed, Name Change, Resume Trading
BULLETIN DATE: February 23, 2010
TSX Venture Tier 2 Company

TSX Venture Exchange has accepted for filing Rebecca Capital Inc.'s (the "Company") Qualifying Transaction described in its Filing Statement dated January 29, 2010. As a result, at the opening Wednesday, February 24, 2010, the Company will no longer be considered a Capital Pool Company. The Qualifying Transaction includes the following:

1. Qualifying Transaction:
The Company completed the acquisition of Arius3D Inc. ("Arius3D"), a company that creates imaging solutions allowing organizations to capture and share unique physical objects in 3D digital form, through the merger of a wholly-owned subsidiary of the Company with Arius3D and the issuance (and/or the reservation for issuance) by the Resulting Issuer of 101,845,712 common shares from treasury ("RI Shares"). The previous shareholders of Arius3D received 0.5582 of a RI Share in exchange for one share of common stock of Arius3D and for each Arius3D common share issuable upon the conversion of convertible securities of Arius3D, each holder thereof will receive one RI Share.

2. Name Change, Resume Trading:
The common shares of the Company have been halted from trading since October 5, 2007, pending completion of the Qualifying Transaction. As a result of the completed Qualifying Transaction, effective at the opening Wednesday, February 24, 2010, trading will resume in the securities of the Company. Pursuant to a resolution passed by the shareholders, the Company has changed its name from Rebecca Capital Inc. to Arius3D Corp. There is no consolidation of capital.

Effective at the opening Wednesday, February 24, 2010, the common shares of Arius3D Corp. will commence trading on TSX Venture Exchange, and the common shares of Rebecca Capital Inc. will be delisted. The Company is classified as an "Information Technology" company.

Capitalization: unlimited number of common shares with no par value of which
110,862,212 shares are issued and outstanding
Escrow: 76,173,749 common shares;
22,688,473 warrants; and
4,150,000 incentive stock options

Transfer Agent: Equity Transfer and Trust Company
Trading Symbol: LZR (new)
CUSIP Number: 04045T 10 5 (new)

Company Contact: Brian Mori, President & CEO
Company Address: 755 The Queensway East, Suite 20
Mississauga, Ontario L4Y 4C5

Company Phone Number: (905) 270-7999
Company Fax Number: (905) 270-6888
Company Email Address:
investor@arius3d.com 

TSX-X

|

« 「最強の刑事専門弁護士」を自称する佐藤博史弁護士〔足利事件・横浜事件〕をダシにした「捜査逃れ」の〝用心棒代〟キツイ取立て | トップページ | 〝嵐を呼ぶ男〟佐藤博史弁護士「騎虎の勢」で暴走の果てに呼んだ「強制捜査」〔サンラ・ワールド事件〕 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

問題の要約としては

無登録での海外未公開株販売
不特定多数からの出資金集め
数十倍になると言う誇大広告


上場したとしても違法脱法であることには変わりない。


果たしてフロンティアワンは集めた金額に対して正しく株を持っているのか、どうやって換金するのか等疑問は果てしない。

上場するとなればアリウスのIRが公開されるがどれほど有望であるのか期待はふくらみますなぁ。

投稿: ゴロリ | 2010/02/24 17:15

旧AriusとRebeccaを合算した資産(filing statement記載)を発行株数で割り算してbook valueを出しますと、何やらすさまじい値になってしまいます。(こんなものが上場できる取引所って何?)

が、あとしばらく(数時間?)の期待感、お祭り気分に水を差すのもなんですから、無粋なことは書きません。(書いてるか。爆)

実際問題、サンラ投資者が持株を換金するのは不可能ですが、いつの間にか、「上場」のタイトル獲得だけが目標という感じにすり替えられていますから、これで十分、満足だという方もいるのでしょう。

しかし、既に名乗り出ている被害者が「増田君よくやった。上場さえすれば良い。株価も返金も不問だ」と、告訴を取り下げるわけもないので、今後の展開は時間の問題です。

投稿: 燐寸 | 2010/02/24 18:57

〝マスダ・マジック〟の結果を見たいものです。
生き延びるために、とにかくどんな形であれ「上場」という事実をつくるために奔走し投資家の資金を使ってきたのでしょう。
07年10月5日から取引停止となっていた「ボロ会社」と合併してまでも。
There is no consolidation of capital.(資本の強化はない)が痛々しい限りです。

投稿: 伊羅漢 | 2010/02/25 11:06

初値0,195ドル、安値0,16$ 終値0,17$ アメドルではなくカナダドルでアリウス株の合併比率は0,55,,,ですので日本円ではおよそ7-8円くらいでしょうか。

当初1株2$
その後1$
ワラント付けて1株1$
最後井は30セントで売っていたようです。

右肩下がりの値付けからすると1株7-8円は順当な値段といえるのではないでしょうか。


上場したとしても さぁ どうやって換金するんでしょうか。

今日の出来高は9万株額にして60-70万円ですが日本でばらまいた株数は1億株くらいですか?

値上がりすると言って販売した未公開株を実勢価格より高く売りつけて捕まったサギグループがありましたよ。


投稿: ゴロリ | 2010/02/25 23:55

投資家に、株券は配られたの?
確か、1万株分のファンドだったはず。
証券取引所にどう報告しているのかな?
増田君、5年たって景気がよくなれば100倍とか言い出すかもね。

投稿: 御名御璽 | 2010/02/26 10:01

予想通りの、立派な株価ですね!

増田の信者も、少しは目が覚めたでしょうか?

投稿: 詐盗 | 2010/02/27 10:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「最強の刑事専門弁護士」を自称する佐藤博史弁護士〔足利事件・横浜事件〕をダシにした「捜査逃れ」の〝用心棒代〟キツイ取立て | トップページ | 〝嵐を呼ぶ男〟佐藤博史弁護士「騎虎の勢」で暴走の果てに呼んだ「強制捜査」〔サンラ・ワールド事件〕 »