2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 寺澤有氏「警察庁の取材妨害を禁止する仮処分」申し立てで「報道の自由」を争う | トップページ | 〔足利事件〕無罪判決と〔横浜事件〕報告集会で「サンラ・ワールド社」元顧問弁護士〝背水の陣 »

2010/03/11

「元本保証・高配当・必ず儲かる」違法ファンドの被害増加で注意を呼びかけ〔警視庁〕

警視庁はきょう、ホームページで悪質投資商法の被害を防止するための注意の呼びかけた。

Toukei_1

昨年中に全国の警察が摘発した違法ファンドなどの被害者は約5万4000人、その被害総額は約1654億2000万円で、振り込め詐欺の被害(7156人、約95億8000万円)を大きく上回っている。また、警視庁に寄せられるファンドに関する相談や情報提供も増加しており、昨年は372件(前年比約1.7倍)だったという。

警視庁ホームページ

「元本保証・高配当・必ず儲かる」~あぶない投資話にご注意ください~

警視庁生活経済課は先月にも、海外投資を名目にしたファンドを無登録で運営していた都内の3業者を、金融商品取引法違反の疑いで家宅捜索している。

Toranomaki

« 寺澤有氏「警察庁の取材妨害を禁止する仮処分」申し立てで「報道の自由」を争う | トップページ | 〔足利事件〕無罪判決と〔横浜事件〕報告集会で「サンラ・ワールド社」元顧問弁護士〝背水の陣 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

警察」カテゴリの記事

コメント

家宅捜査を受けた3社の内、1社がサンラワールドですね。

もともと、免許は投資顧問業しかないのに無免許で資金を集めて海外投資をさせていたのですから、羊の信者が教祖を庇おうとしても、違法行為なのです。

羊の信者が庇うこと自体、国民として違法行為を助長しているのです。
ある意味共犯かな。

本当は、騙されたことを認める勇気もないのでしょうね。
プライドが普通の人よりほんの少し高いのでしょうか。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寺澤有氏「警察庁の取材妨害を禁止する仮処分」申し立てで「報道の自由」を争う | トップページ | 〔足利事件〕無罪判決と〔横浜事件〕報告集会で「サンラ・ワールド社」元顧問弁護士〝背水の陣 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ