2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 〔足利事件〕無罪判決と〔横浜事件〕報告集会で「サンラ・ワールド社」元顧問弁護士〝背水の陣 | トップページ | 寺澤有氏が警察庁を相手取った仮処分申請を棄却 〔東京地裁〕 »

2010/03/27

警視庁の強制捜査後もつづく〔増田俊男vs.佐藤博史〕の戦い

<足利事件>再審の第6回目の公判まで、裁判所前で菅家利和氏の主任弁護人の佐藤博史弁護士に対する批判デモを行ってきた「弁護士『佐藤博史』の責任を追及する会」は、きのうの判決公判では活動を自粛した。祝福すべき菅家氏の<完全無罪>に水をささないよう、配慮してのことだ。

【関連記事】<足利事件再審公判>菅家利和氏に「無罪論告」佐藤博史弁護士に「報酬を返せ」コール

Sato1003261207010

横断幕を張ったデモ隊が姿をみせなかった26日、佐藤弁護士は喜色満面で、菅家氏と肩を並べて宇都宮地裁に入った。しかし、「弁護士『佐藤博史』の責任を追及する会」は活動を停止したわけではない。同会は、増田俊男氏とサンラ・ワールド社が展開してきた「サンラ商法」の被害者が構成する団体。昨年7月まで増田氏らの顧問や代理人を務めて、約2億円もの高額な報酬を受け取り、被害を拡大させた佐藤弁護士の責任を追及してきた。

そして、増田氏とサンラ・ワールド社は昨年11月、佐藤弁護士に約1億2400万円の返還などを求める紛議調停を、同弁護士が所属する第2東京弁護士会に申し立てている。この紛議調停は、佐藤弁護士から取りもどした資金を「サンラ商法」の被害の弁済に充てるために、増田氏が代理人となって申し立てたものだ。

Saigotsukoku

【関連記事】佐藤博史<足利事件>弁護士に「1億2400万円を返せ」と増田俊男<サンラ・ワールド社>氏が紛議調停を申し立て

Masuda200911202月3日に、増田氏とサンラ・ワールド社は金融商品取引法違反の疑いで警視庁生活経済課の強制捜査を受けたが、まだ逮捕されたわけではない。家宅捜索以降、被害者やマスメディアから逃げまわり、潜伏生活をつづける増田氏と江尻眞理子社長だが、警視庁から求められた任意出頭には応じているようだ。そして、紛議調停も審理を継続しており、サンラ・ワールド社側に調停を放棄する意思はない。同社関係者によれば、増田氏は近日中に、紛議調停委員会から求められた書面や資料を提出する予定だという。

Dugwithaleek

「弁護士『佐藤博史』の責任を追及する会」は今後、潜伏中の増田氏らに会見を求めるとともに、佐藤弁護士に対する法的な責任の追及についても検討していく。

足利事件:菅家さん無罪確定 「感無量」ほお震わせ 新たな一歩踏み出す 〔毎日新聞・栃木〕

判決後の会見で佐藤弁護士は、報道のあり方を批判したという。電話1本の取材対応で、サンラ・ワールド社から数十万円の報酬を取ったとき、佐藤弁護士は果たして〝真実〟を語っていたのだろうか。

« 〔足利事件〕無罪判決と〔横浜事件〕報告集会で「サンラ・ワールド社」元顧問弁護士〝背水の陣 | トップページ | 寺澤有氏が警察庁を相手取った仮処分申請を棄却 〔東京地裁〕 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 〔足利事件〕無罪判決と〔横浜事件〕報告集会で「サンラ・ワールド社」元顧問弁護士〝背水の陣 | トップページ | 寺澤有氏が警察庁を相手取った仮処分申請を棄却 〔東京地裁〕 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ