« 約6600万円横領の疑いの森下敦夫弁護士が自殺か | トップページ | 「サンラ・ワールド社」元顧問「佐藤博史」弁護士の綱紀審査開始 〔綱紀審査会〕 »

2010/05/02

「サンラ・ワールド社」元顧問弁護士が検察幹部に講演

Sato090517_2

『サンラ・ワールド社』(江尻眞理子社長)の顧問や代理人を7年ものあいだ務め、同社から約2億円の報酬等を受け取っていた佐藤博史弁護士(新東京法律会計事務所)が10日、最高検主催の講演会に講師として招かれるそうだ。

「足利事件」の弁護士、検察幹部に講演へ 〔読売新聞〕

サンラ・ワールド社は2月、金融商品取引法違反の疑いで警視庁生活経済課から家宅捜索を受け、同課は詐欺罪での立件を視野に入れた捜査を進めているという。そして佐藤弁護士に対しては、「サンラ・ワールド社の詐欺的商法を助長した」などの理由で、多数の懲戒請求をされている〝疑惑の人〟だ。検察幹部は佐藤弁護士から、いったい何を学ぼうというのだろうか。

足利事件めぐり宇都宮地検トップが菅家さんに謝罪(09/10/05)

サンデープロジェクト 佐藤弁護士生出演

「足利事件」の弁護士、検察幹部に講演へ 〔読売新聞〕

栃木県足利市で1990年に女児が殺害された「足利事件」で、再審無罪が確定した菅家利和さん(63)の弁護人を務めた佐藤博史弁護士が、10日に行われる最高検主催の講演会に講師として招かれ、「足利事件弁護人の立場から見た検察官の捜査・公判の在り方」と題して検察幹部を前に講演することになった。

佐藤弁護士は、1審で無期懲役の判決を受けた後の93年から菅家さんの弁護人を務め、今年3月、宇都宮地裁で再審無罪判決を勝ち取った。最高検は4月、当時のDNA鑑定を過大評価していたなどとする検証結果を公表し、その中で、足利事件を含めた無罪事件を題材に研修を行うなどとする再発防止策を打ち出していた。

佐藤弁護士は「弁護人から話を聞いて再発防止に真摯(しんし)に取り組もうとする姿勢は評価できる。最高検の検証は捜査に重点が置かれ、公判の検証が不十分だったので、その点を厳しく指摘したい」と話している。

(2010年5月2日11時43分)

|

« 約6600万円横領の疑いの森下敦夫弁護士が自殺か | トップページ | 「サンラ・ワールド社」元顧問「佐藤博史」弁護士の綱紀審査開始 〔綱紀審査会〕 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 約6600万円横領の疑いの森下敦夫弁護士が自殺か | トップページ | 「サンラ・ワールド社」元顧問「佐藤博史」弁護士の綱紀審査開始 〔綱紀審査会〕 »