2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 濡れ手で粟の「悪質ファンド」負の連鎖 | トップページ | 「サンラ・ワールド事件」民事訴訟で被害者側の請求を棄却 〔東京地裁〕 »

2010/06/23

強制捜査から100日「帰ってきたカリスマ」増田俊男氏

Tm20100616001

警視庁生活経済課が2月3日、金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで強制捜査に入った『サンラ・ワールド社』の被害者団体<サンラ商法被害者連絡会>が、16日に東京都豊島区内で臨時集会を開いた。この集会には、サンラ・ワールド社の実質経営者で「時事評論家」の増田俊男氏が出席。ハワイの投資案件を中心に、資金回収の見通しなどについて報告した。

Tm20100616002

警視庁の強制捜査以降、増田氏が公の場に姿をみせたのは今回がはじめて。4ヵ月半の潜伏生活から復帰した〝カリスマ〟に、非難の声が浴びせられる一幕もあったが、たいした混乱もなく閉会した。

Tm20100622001

しかし、その夜、増田氏は体調を崩したらしい。翌日に都内の病院で心臓病の疑いがあると診断され、週明けの21日と22日に、別の心臓・循環器専門病院で精密検査を受けている。

Tm20100622002

Tm20100622003

病院で会った増田氏は、心臓の不整脈を検知する機器を胸に装着されていた。

「心臓はね、何年か前に発作を起こしたことがあったんですよ。今回、専門医の先生に診てもらったら、心臓弁膜症かもしれないって言われましてね。『無理をしたら、死んじゃうかもしれない』って、忠告もされたんですがね、すぐに、またハワイへ帰らなきゃならない。今月末から来月にかけて、ハワイで大事な裁判が、6件ほどあるんですよ。投資家のみなさんに、すこしでも多くの資金をお返ししたいので、裁判を放ってはおけないんです」

日本に滞在中、増田氏は警視庁で事情聴取を受ける予定だったが、急病を理由に出頭をキャンセル。きょう成田を発ち、ハワイへと向かった。

« 濡れ手で粟の「悪質ファンド」負の連鎖 | トップページ | 「サンラ・ワールド事件」民事訴訟で被害者側の請求を棄却 〔東京地裁〕 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 濡れ手で粟の「悪質ファンド」負の連鎖 | トップページ | 「サンラ・ワールド事件」民事訴訟で被害者側の請求を棄却 〔東京地裁〕 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ