« 増田俊男氏の「ずっこけトーク」動画を公開 〔サンラ商法被害者連絡会〕 | トップページ | 【番組紹介】腐敗する弁護士業界の「銭ゲバ」実態をリポート 〔NHK総合〕 »

2010/08/28

増田俊男氏「重病」を理由に国外へ落ち延びる 〔サンラ・ワールド事件〕

警視庁の事情聴取を受けるために、『サンラ・ワールド社』社長の江尻眞理子氏とともに滞在先のハワイから帰国していた時事評論家の増田俊男氏が、25日に日本を出国していたことがわかった。

増田氏が成田に着いたのは7月28日の夕方だった。帰国した当初、増田氏は8月中旬の出国を希望していた。しかし、警視庁から滞在期間の延長を求められ、8月31日まで出国を延期。東京都内の知人宅などに潜伏しながら、当局からの呼び出しに応じていた。

ところが、警視庁との約束の日よりも6日はやい25日に、増田氏と眞理子氏は緊急出国する。

予定の繰り上げには、両氏の持病の悪化が口実となったようだ。

増田氏の心臓病は、寝床に人工呼吸器を常備しておかないと、発作を起こして死んでしまうかもしれないほどの重病らしい。そして眞理子氏の腰痛は、杖をつかなければ歩けないぐらいに悪化しており、ハワイの病院で投与される薬でなければ効かない難病なのだという。

今年の2月まで、心臓病は眞理子氏の持病だったはずなのだが、それは、すっかり忘れられているようだ。代わって6月から、「ボクは、親しいお医者さんから『こんなに丈夫な心臓は見たことがない!』といわれたぐらいに人一倍、心臓が丈夫なんです」と、半年ほど前に自慢していた増田氏の〝5年越し〟の宿患となっていた。

〔関連記事〕警視庁の強制捜査で増田俊男氏と江尻眞理子氏「ニッポン飛び歩き」か

とにかく病気を理由とされてはいても、増田氏と眞理子氏が緊急出国したのは、東京地検の担当検事が夏休みを終えて登庁した直後のことだった。それだけに、捜査機関の夏季休暇明けの〝Ⅹデー〟を恐れて予定を早めたのではないか、との見方もある。

Sakuradamon

この記事のつづきは〈続きを読む〉をクリック↓

理由はともあれ、増田氏と眞理子氏が出国したことで、両氏が首謀した「サンラ商法」の被害者が最も危惧するのは、資金を持ち逃げされることだ。

「サンラ商法」の主力商品だったArius3D社の株式は、ファンドマネージャーである増田氏と眞理子氏の会社から、ケイマン諸島に第三者が登記したペーパーカンパニーに、そっくりまるごと移譲されている。それは、約50億円を出資した1000名あまりの投資家に無断で行われていた。この事実は6月16日に開かれた〈サンラ商法被害者連絡会〉に対する説明会で、増田氏自身も認めている。

説明会では、第三者に無断譲渡していた約4000万株を、本来の権利者であるべき投資家に返還することを増田氏は約束した。だが、それと同じ日の6月16日、ケイマン諸島のペーパーカンパニーが所有する総株数の5%にあたる約200万株の売却を、証券取引所に申し込んでいたのだ。その売却が可能となった8月24日の翌日、増田氏と眞理子氏は日本から脱出した。

そんな経緯があって〈サンラ商法被害者連絡会〉は、約200万株の売却で得られた資金が増田氏と眞理子氏の逃走資金に充てられるのではないか、と懸念する。

Pim0003b_2

しかし、日本のマスメディアの取材や警察の行動確認から逃れ、ハワイで安逸をむさぼっているであろう増田氏と眞理子氏には、投資被害者の怒りや嘆きは届かないのかもしれない。

増田氏いわく、「ボクには、逮捕されたとしても、1億円や2億円ぐらいのお金を出してくれる信者みたいな方が何人かいる」そうだ。そんな奇特な〝ド信者〟が本当にいたとして、ハワイから電話がかかり、「ボクが持ってる5%のArius3D株を買いませんか」と誘われたら要注意。Arius3D社の株主名簿には、増田氏の名前はない。その5%は他人のものだ。

|

« 増田俊男氏の「ずっこけトーク」動画を公開 〔サンラ商法被害者連絡会〕 | トップページ | 【番組紹介】腐敗する弁護士業界の「銭ゲバ」実態をリポート 〔NHK総合〕 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

バカヤロウと叫びたい。
早く捕まえて、投資家の資金をこれ以上使わせるな!

投稿: 怨 | 2010/08/28 21:03

増田、江尻の病気の原因は、両者ともに食い過ぎ、飲み過ぎ、怠け癖の結果のデブになったのが原因だ。薬を飲む前に喰うな(笑)

二人の腹の中には、騙して集めたお金の一部、数十億円分の食材が流し込まれた結果のなれのはて。その膨らんだ両者の腹を切ったところで、そのお金が出てくるのではなく、ヘドロしかでてこなだろう。

日本のおまわりが逮捕出来なければ、いっそそのままむさぼり続けて、喰らい欲にまみれて動けなくなるまで太ってほしいものです。

しかし、日本は詐欺天国!詐欺行為には警察があまりにも寛容すぎる。詐欺の件数が、増加するのは法律と警察が変わらないと減らないことが残念でならない。このままでは、海外からの投資詐欺には無策な日本の警察のおかげで、事件が増える一方だろう。

増田、江尻くらい捕まえろよ、ポチ。

投稿: 山田 | 2010/08/28 21:39

嫌疑は詐欺罪、金融商品取引法違反だけかと思っていたが、さらに「横領罪」が加わりそうな・・・。
泥の上塗りか。
所詮悪党とはこんなものなのか。

投稿: 恨 | 2010/08/29 09:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 増田俊男氏の「ずっこけトーク」動画を公開 〔サンラ商法被害者連絡会〕 | トップページ | 【番組紹介】腐敗する弁護士業界の「銭ゲバ」実態をリポート 〔NHK総合〕 »