2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 投資被害者が怒りのデモ 〔サンラ・ワールド事件〕 | トップページ | 増田俊男氏の「ずっこけトーク」動画を公開 〔サンラ商法被害者連絡会〕 »

2010/08/23

「サンラ・ワールド事件」詐欺裁判で増田俊男氏ら敗訴、共同不法行為を認定される 〔仙台地裁〕

詐欺などの不法行為によって損害を受けたとして、東北地方に住む投資家が『サンラ・ワールド社』(江尻眞理子社長)と、その実質経営者の増田俊男氏らを相手に約390万円の賠償を求めた裁判の判決が、7月30日に仙台地裁で言い渡されていたことがわかった。

この裁判で、被告のサンラ・ワールド社側は「原告と投資先企業との直接の取引であって、被告らの責任に転嫁するのは筋違い」などと主張していた。しかし、仙台地裁はこれをいっさい認めず、「被告らが積極的に投資の勧誘を行っていたことは明らか」とし、「被告らの行為は原告に対する共同不法行為にあたる」と認定。原告側の請求どおり、約390万円の賠償金の支払いをサンラ・ワールド社側に命じた。

この記事のつづきは〈続きを読む〉をクリック↓

Hanketsusendai001 Hanketsusendai002Hanketsusendai003Hanketsusendai004Hanketsusendai005Hanketsusendai006Hanketsusendai007Hanketsusendai008Hanketsusendai009

増田氏らは、この仙台地裁判決を不服として、仙台高裁に控訴している。

【関連記事】「サンラ・ワールド事件」増田俊男氏らの不法行為を認定、賠償金支払い命令〔東京地裁〕

【関連記事】「サンラ・ワールド事件」民事訴訟で被害者側の請求を棄却 〔東京地裁〕

Lost_case

増田氏は、サンラ・ワールド社の江尻眞理子社長とともに先月末ごろに隠密帰国し、現在は東京都内に潜伏しているものとみられる。投資被害者の抗議行動やマスメディアの取材などを恐れ、豊島区内の自宅には立ち寄っていないようだ。

2okuen

昨年7月末日に辞任するまで、約7年ものあいだサンラ・ワールド社の法律顧問などを務め、同社から約2億円を荒稼ぎしてきた佐藤博史弁護士は、法学部生のインタビューに対して、弁護士に最も求められることは「弁護士の倫理(心)です」と答えたらしい。

〈参考記事〉弁護士列伝 - 法学部生が直撃インタビュー!

« 投資被害者が怒りのデモ 〔サンラ・ワールド事件〕 | トップページ | 増田俊男氏の「ずっこけトーク」動画を公開 〔サンラ商法被害者連絡会〕 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

詐盗、じゃなかった、佐藤は、”倫理”の意味を知らない、あるは誤解しているのでしょう。

誰かが、本当の意味を教えてあげるべきです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 投資被害者が怒りのデモ 〔サンラ・ワールド事件〕 | トップページ | 増田俊男氏の「ずっこけトーク」動画を公開 〔サンラ商法被害者連絡会〕 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ