« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/30

波和二〔エル・アンド・ジー〕元会長「円天理論」で2審を争うかまえ

「エル・アンド・ジー」による巨額詐欺事件で、3月に東京地裁で懲役18年の実刑判決を受けて控訴中の波和二元会長が、自身のブログ〈円天 /波 和二〉で控訴審への意欲を表明した。

2審に向けた抱負は、きょう更新された「あかり人生を往く! その26」と題する記事のなかで語られている。この記事によると、波元会長は東京拘置所のなかでコツコツと執筆してきた<円天理論専門書>なる電子図書を、2審の公判廷で証拠提出するつもりらしい。

そのねらいは、裁判を通じて<円天理論専門書>が世の有識者の関心を集め、ひいては「密室裁判はできなくなる」というもの。経済難で弁護士を私選できず、1審から国選弁護人で無罪を争ってきた波元会長。どこまでも強気である。

しかし、同様に組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)などの罪に問われ、「マスコミが騒いだために破綻した。詐欺ではない」などとして無罪を主張しつづけた「ジー・オーグループ」の大神源太元名誉会長は、27日に最高裁が上告を棄却して懲役18年の実刑が確定している。

〈足利事件〉や〈村木事件〉、大阪地検の〈証拠改ざん事件〉などがまねいた検察不信の世論も、多くの弱者を泣かせた巨額詐欺事件に味方することはなさそうだ。

今年2月に警視庁が、金融商品取引法違反の疑いで強制捜査に入った〈サンラ・ワールド事件〉では、経営者の増田俊男氏と江尻眞理子氏は「心臓病」と「ヘルニア」を〝武器〟に警察捜査と闘っている。

Dsc01885

被害者への和解金の支払いは、'08年からほぼ停止している増田氏と眞理子氏だが、海外逃避や弁護士費用に充てる資金は潤沢にあるようだ。いまもふたりは国外へ逃げながら、8月に雇った新しい弁護士を代理人にして、民事裁判を争っている。

| | コメント (0)

2010/09/28

『サンラ・ワールド社』元顧問の佐藤博史弁護士が「特捜検察」を斬る! 〔週刊朝日〕

Asahi20101008a

『週刊朝日』(10月8日号)の巻頭特集「崩壊 検察特捜部」に、佐藤博史弁護士と弘中惇一郎弁護士の誌上対談が掲載された。題して「『冤罪救助請負人』緊急対談」。

ふたりは、ともに鈴木宗男氏の弁護人として、東京地検特捜部と〝ムネオ裁判〟を争った弁護士だ。弘中弁護士は、大阪地検特捜部の前田恒彦前主任検事による証拠の改ざんが発覚した〈郵便不正事件〉で、村木厚子元厚生労働省局長の無罪を勝ち取っている。そして、一方の佐藤弁護士は〈足利事件〉再審の主任弁護人として、菅家利和氏を冤罪から救ったことで名を馳せた。

Asahi20101008b2

しかし、このふたりが肩を並べて「検察権力と闘う弁護士」と持てはやされることは、遺憾に思う人も少なくない。なぜなら佐藤弁護士は、昨年7月まで『サンラ・ワールド社』の顧問や代理人を7年間も努めた人物だからだ。

サンラ・ワールド社は今年の2月、警視庁から金融商品取引法違反の疑いで捜索を受け、いまも捜査はつづいている。しかも、約200億円を集めたとされる同社の商法は、詐欺的手法も問題視されているのだ。

長年にわたり、そんな悪質業者の顧問や代理人を務めていたというだけでも、弁護士としての品位を疑われるべきだろう。そのうえ佐藤弁護士が、サンラ・ワールド社から得た報酬等の総額は約2億円にものぼる。その支払いの原資が、悪質商法で集められた被害者の資金が充てられていた可能性も否定できないのだ。

さらに佐藤弁護士は、サンラ・ワールド社が報酬等の支払いを滞ると、脅迫的な文言を書き連ねたメールを経営者に送りつけ、サラ金顔負けの厳しい取り立てをやっていた。

週刊朝日の対談で、佐藤弁護士は「特捜部をここまで肥大化させたのはメディアの責任も大きいでしょう」、「まだ、検察は無謬だという幻想にとりつかれているんでしょう」などと、批判の矛先をマスメディアにも向けている。

そう、高額報酬と引き換えに悪質商法の被害を拡大させた弁護士を、「正義の味方」のごとく祭り上げてしまったのもマスメディアだ。その責任は大きい。そして一般の人たちは、まだ、弁護士は無謬だという幻想にとりつかれているのだ。

佐藤弁護士は、9月26日に放送されたNHKスペシャル「堕ちた特捜検察~エリート検事 逮捕の激震~」(総合)で元特捜部長の熊崎勝彦、ジャーナリストの江川昭子氏と共演し、検察批判に熱弁をふるっていた。

大阪地検の証拠改ざん事件が火をつけた検察バッシングが、それに対する弁護士を無批判的に「正義の人」とみなす風潮をもたらさなければよいのだが。

| | コメント (3)

大神源太「ジー・オーグループ」元名誉会長の懲役18年確定

Ohgamiz

巨額詐欺事件で組織犯罪処罰法(組織的詐欺)などの罪に問われた「ジー・オーグループ」元名誉会長の大神源太被告(47)に対し、27日付で最高裁第1小法廷が上告棄却を決定。懲役18年の実刑とした1審、2審の判決が確定した。

大神被告は’01年9月にフィリピンで13億円を投じて買収した銀行に「大神銀行」('02年1月破綻)と名づけ、自分の顔写真を使った巨大看板をマニラ中に設置。また、約5億円をかけて、自分が主演のアクション映画「ブレイド・オブ・ザ・サン(太陽の刀)」も自主制作していた。

ブレード・オブ・ザ・サン(太陽の刀) 予告編

その「自分大好き」なキャラの濃さゆえ、'02年9月の逮捕から8年を経てもなお存在感の薄れない「ナルシスト詐欺師」だった。

続きを読む "大神源太「ジー・オーグループ」元名誉会長の懲役18年確定"

| | コメント (0)

2010/09/27

増田俊男氏は「投資家」を愚弄し「警視庁」の捜査をあざ笑うのか 〔サンラ・ワールド事件〕

日本の投資家が増田俊男氏らのファンドを通じて、約50億円を出資していた約4000万株の『アリウス3D社』(Arius3D Corp.)株式が無断で他人に移譲され、さらにそのうちの約200万株が不正に売却された疑いがあることを〈NEWS RAGTAG〉は23日の記事で報じた。

この疑惑について、増田氏側は「日本の投資家に名義を変更する準備のため、(消えた約200万株は)エスクローされた」と主張している。しかし、第三者機関に預託されたことを証明する資料などは、いまのところ提示されていない。

日本の投資家の資産である約4000万株は、増田氏の会社であるハワイの『フロンティアワンLLC』(Frontier One LLC )から、ケイマン諸島の『フロンティアワン・カンパニー社』(Frontier One Company Ltd. )に、まるごと名義が書き換えられていた。そして、フロンティアワン・カンパニー社が総持ち株数の5%に相当する約200万株の売却を、TSX-V(トロント・ベンチャー証券取引所」に申し入れたのは、6月16日(カナダ時間)のこと。この情報はwww.sedar.com(カナダの証券情報検索システム)にも開示され、それを閲覧したであろう誰かがネットのメールグループを使って、このようなメッセージを発信した。

6月16日付でSEDARに最大2,026,917株の売却希望を届け出。
7月5日に成立していた@18セント約100万株はその一部か?

この書き込みがあったは7月6日。増田氏の反応は早かった。3日後の7月9日、〈NEWS RAGTAG〉管理者の津田哲也に宛てて、潜伏先のハワイから釈明の文書をファクシミリで送ってきたのだ。津田は件のメールグループの管理者ではないが、増田氏には「サンラ商法を批判する者」イコール「津田」という思い込みがあったのだろう。

その文書には、こう書かれていた。

続きを読む "増田俊男氏は「投資家」を愚弄し「警視庁」の捜査をあざ笑うのか 〔サンラ・ワールド事件〕"

| | コメント (4)

2010/09/23

増田俊男氏が投資家に無断で譲渡した「Arius3D社」4000万株の行方 〔サンラ・ワールド事件〕

20100919

当ブログ管理者の津田哲也が19日、増田俊男氏へファクシミリで送った質問に対し、22日に『サンラ・ワールド社』の関係者を通じて回答があった。

津田は、『フロンティアワン・カンパニー社』(Frontier One Company Ltd. )が所有していた『アリウス3D社』(Arius3D Corp.)の株式のうち、約200万株が他者へ移譲された理由について説明を求めていた。それに対する増田氏の回答は、「2月と8月にインサイダー規制が解除になった計10%の株は、日本の投資家に名義を変更する手続きのためにエスクローされる。(フロンティアワン・カンパニー社の)持ち株が減ったのは、そのためです」というものだった。

エスクロー(第三者預託)したことが事実なら、かならず証書が発行されているはずだ。そこで、証拠となる資料の提示を増田氏側に求めたが、その回答は、現時点では返ってきていない。預託機関の名称すら不明だ。しかも、日本の投資家へ名義が変更されるのは、来年の2月24日以降になるという。

つまり、エスクローの証拠が提示されなければ、5ヵ月先になるまで事実の確認ができないわけだ。それでは〝推定ウソ〟とみなされても仕方がない。なにせ、アリウス3D社株への投資をめぐって、投資家は過去10年ものあいだ増田氏らに欺かれつづけてきたのだ。

続きを読む "増田俊男氏が投資家に無断で譲渡した「Arius3D社」4000万株の行方 〔サンラ・ワールド事件〕"

| | コメント (1)

2010/09/22

増田俊男氏「悪質ファンド裁判」2審で投資家と争うかまえ

増田俊男氏と『サンラ・ワールド社』(江尻眞理子社長)が募集した「悪質ファンド」に出資した投資家が、同氏らを相手に損害賠償などを求めた訴訟は、これまでに20件以上が提起されてきた。

Tm20100622002a

それらの裁判の大半は、サンラ・ワールド社側の敗北的和解で解決している。しかし、'07年10月を最後に投資の追加募集を打ち切ったことで、同社の資金繰りは急激に悪化したようだ。翌年の'08年には和解金が支払えなくなり、原告側から国内の資産を差し押さえられている。

増田氏らの「サンラ商法」が破綻の兆しをみせた、その頃に提起された裁判が和解できず、今年の下半期に重なって結審の時期を迎えた。7月から4件の判決が言い渡されている。結果は、サンラ・ワールド社側の1勝3敗。これらの裁判は、いずれも敗者側が控訴して、勝負は高裁に持ち越された。

Minji4401 Minji4402

とことんまで投資家と争うかまえのようだが、どの裁判も、1審では尋問を逃げてきた増田氏。せめて、自分から控訴した裁判には、証言台に立つ覚悟で臨んでもらいたいものだ。

| | コメント (1)

2010/09/21

元社員が告発した増田俊男氏「サンラ商法」の詐欺的手法 〔サンラ・ワールド事件〕

17日、パトカーが出動する騒ぎを起こした『サンラ・ワールド社』経営者の増田俊男氏と江尻眞理子氏は、その後もひたすら潜伏生活をつづけている。

そんな逃避癖のある主(あるじ)に代わり、垣盾となって悪質商法の〝本丸〟を守ってきたのが、社員たちだった。

サンラ・ワールド社は今年2月、金融商品取引法違反の疑いで警視庁から捜索を受けている。それ以前から、「サンラ商法」の被害者から多数の民事訴訟を起こされるなどして、その詐欺的商法の問題は新聞やテレビなどでも大きく報じられてきた。それだけにサンラ・ワールド社とそのグループ会社の社員が、経営者一家の贅沢三昧の暮らしや会社の運営が、詐欺まがいの活動による稼ぎでまかなわれてきたことを知らなかったわけがない。

すでにサンラ・グループを退職した元社員も、警視庁から事情聴取を受けている。それらの元社員のなかには、被害者を通じて、同庁へ陳述書を提出した者もいた。

陳述書の全文は〈続きを読む〉をクリック↓

続きを読む "元社員が告発した増田俊男氏「サンラ商法」の詐欺的手法 〔サンラ・ワールド事件〕"

| | コメント (1)

2010/09/18

逃げ隠れの「カリスマ」増田俊男氏の事務所に警察が出動 〔サンラ・ワールド事件〕

Sunra20100917b

警視庁が金融商品取引法違反などの疑いで捜査中の『サンラ・ワールド社』の事務所や、同社実質経営者の増田俊男氏の自宅などが入居する東京都豊島区内のマンション〈コアふくみ高松〉に17日、パトカーが急行する騒動があった。

増田氏らが首謀した悪質ファンドの被害者団体〈サンラ商法被害者連絡会〉の2名の会員が、同マンション2階にある『増田俊男事務所』を訪ねたのは午後2時ごろ。訪問の目的は、増田氏とサンラ・ワールド社社長の江尻眞理子氏に対する「公開質問状」を届けることだった。

増田氏と眞理子氏は先週に極秘帰国し、現在は東京都内に潜伏中とみられている。しかし、携帯電話の電源は切りっぱなしで、ファックスで文書を送っても返事はなく、事務所に電話をかけても連絡はつかない。被害者を避け、必死で逃げ隠れする増田氏らの卑怯な対応に業を煮やした〈サンラ商法被害者連絡会〉は、やむなく「公開質問状」というかたちで回答を求めようとした。

2名の会員が〈コアふくみ高松〉2階の事務所のドアをノックする。応対に出たのは、増田氏の秘書の女性だった。ふたりは「公開質問状」の受領を求める。すると突如、女性秘書は火がついたように叫び声を上げた。

だれか来てください! 助けてください!!

繰り返し、何度も発せられた壮絶な悲鳴を聞きつけて、おなじマンションに事務所を置くサンラ・ワールド社の関連会社の社員が駆けつける。そして、その数分後、通報を受けた目白署員らが現場に臨場した。

Sunra20100917a

この〝珍騒動〟の動画が、きょう〈サンラ商法被害者連絡会〉のサイトで公開された。

公開質問状を届けに行ったらサイレンとともに警察が来た 〔サンラ商法被害者連絡会〕

増田俊男事務所の事務員が騒いで警察が急行しサンラ墓穴を掘る You Tube

女性秘書がかたくなに拒み、ついに受け取ることがなかった「公開質問状」の画像をアップしておく。〈サンラ商法被害者連絡会〉は、この書面の日付を書き換え、あらためてサンラ・ワールド社へ郵送したという。

20100917a20100917

㈱増田俊男事務所
TEL:03-3955-6686
FAX:03-3955-2122

周辺地図

| | コメント (2)

2010/09/13

ネット報道番組『野良犬ジャーナル』次回ゲストは「ブログ市長」

フリージャーナリストの山岡俊介氏と寺澤有氏がインターネット上で配信する報道番組『野良犬ジャーナル~事件の真相を追え!~』が、鹿児島県阿久根市の竹原信一市長と同市の仙波敏郎副市長(元愛媛県警巡査部長)のインタビューを生放送するという。

9月23日19時から生放送で阿久根市長、副市長を徹底追及 〔THE INCIDENTS〕

視聴用ホームページ(パスワード要)

竹原市長といえば、専決処分(議会の議決・決定の前に、首長が独自の判断で処理すること)の連発や独断的な報道規制などの奇抜な言動で、たびたび物議をかもしてきた人物。とくに自身が運営する個人ブログで市役所の全職員の給与明細を公開したり、「辞めてもらいたい市議」のアンケートに投票を募ったりといったネット活動から、〈ブログ市長〉の呼び名で全国に知られる。

この〈ブログ市長〉は、陰謀論がお好きなことでも有名だ。竹原市長が、市長に就任('08年9月)する以前に、そのブログ『住民至上主義』に書いていた「合法的蓄財の手口」という記事がある。現実とかけ離れた異説には唖然とするほかないが、ネタ元として登場する人物が興味深い。

続きを読む "ネット報道番組『野良犬ジャーナル』次回ゲストは「ブログ市長」"

| | コメント (0)

2010/09/09

「ムネオ会見」に同席した佐藤博史弁護士についてまわる「サンラ元顧問」という汚名

Muneo20100908

受託収賄などの4つの罪に問われた上告審で、最高裁が上告を棄却したことを受け、衆院議員の鈴木宗男被告が8日夕に開いた記者会見の動画を、APF通信社がオンデマンド配信している。

鈴木宗男氏、上告棄却を受けて緊急記者会見 Ustream

配信された動画は約26分。会見の一部始終を視聴できる。

鈴木被告の会見には、ふたりの弁護士が同席していた。弘中惇一郎弁護士と、もうひとりは〈サンラ・ワールド事件〉の影の主役ともいえる佐藤博史弁護士(新東京総合法律事務所)だ。

テレビで放送されたニュース映像では、弁護士の発言はほとんどカットされていたが、APF通信社が配信する動画で佐藤弁護士のコメントを聴くことができる。

私は、足利事件と二つの冤罪にかかわってきたわけですけど、鈴木先生のこの事件も、私たちは「冤罪」であると確信してやってきたわけです──。

〈足利事件〉を金看板に掲げた佐藤弁護士。だが、すでに〈足利事件〉は過去の栄光となりつつある。一方で〈サンラ・ワールド事件〉は、これからが旬の事件だ。

佐藤弁護士は、『サンラ・ワールド社』の法律顧問や代理人を7年間も務め、同社から約2億円もの報酬等を受け取ってきた。そして、サンラ・ワールド社の事務所や、その経営者の自宅などを警視庁生活経済課が捜索したのは、今年の2月3日。佐藤弁護士は、昨年7月末日でサンラ・ワールド社の顧問や代理人を辞任している。だからといって、「過去のこと」ではすまされない事情がある。

サンラ・ワールド社の強制捜査に入った警視庁が、捜索・差押えの被疑事実としたのは、Arius3D(アリウス・スリーディ)社というカナダの会社のワラント(新株予約権)行使の募集だった。その行為が国に無登録で行われ、金商法(金融商品取引法)に違反する疑いがあるというのだ。

この被疑事件とされる有価証券の募集行為があったのは、3年近く前の'07年10月。佐藤弁護士が、サンラ・ワールド社の顧問として活躍していた当時の事件だ。佐藤弁護士は法律の専門家として、この募集を指導し、「適法」との〝お墨付き〟を与えることで実行させていたのである。

それだけに、辞任したから無関係、というわけにはいかない。

Oudanmaku

民事では、すでに複数の裁判で〈サンラ商法〉の違法性が認定されているが、逮捕者が出てからが〈サンラ・ワールド事件〉は本番を迎える。マスメディアの事件報道も、これからがピーク。佐藤弁護士が、ふたたび脚光を浴びる日も近いかもしれない。

【関連記事】〔増田俊男vs.佐藤博史〕投資被害者は「蚊帳の外」の泥仕合

| | コメント (1)

2010/09/08

増田俊男氏を世に出した「親友」に道義的責任はないのか 〔サンラ・ワールド事件〕

横浜地裁が8月30日の判決で〈サンラ商法〉の違法性を認定し、増田俊男氏らに賠償金の支払いを命じた裁判で、原告の歯科医師が提出していた陳述書を入手した。

増田氏の存在を知ったきっかけは、「船井総合研究所」創業者の船井幸雄氏の著書や、同氏が主催するセミナーだった。その後、増田氏の著書を購読するようになり、氏の自主講演会〈目からウロコの会〉や勉強会などへ足を運ぶ。そして、『時事直言』の無料購読も申し込んだ。

Chinjutsu20100218001 Chinjutsu20100218002Chinjutsu20100218003_2

続きを読む "増田俊男氏を世に出した「親友」に道義的責任はないのか 〔サンラ・ワールド事件〕"

| | コメント (3)

2010/09/06

「サンラ・ワールド事件」またしても民事裁判で増田俊男氏ら敗訴 〔横浜地裁〕

「『確実に上場する』などの誤った情報をもとにした違法な勧誘を受け、米国の未公開会社の株式を購入させられた」として、横浜市在住の歯科医師が、増田俊男氏や『サンラ・ワールド社』らに約255万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が、8月30日に横浜地裁で言い渡されていた。

横浜地裁は、「(増田氏らが行った)このような勧誘手法は、一般消費者を相手とする投資勧誘手法としては相当性を欠き、違法であって、このような勧誘行為に応じて投資をした者に対する損害賠償責任を免れない」とし、増田氏らが首謀した〈サンラ商法〉の違法性を認定。原告の歯科医師に対して約176万円を支払うよう、増田氏らに命じた。

裁判所が〈サンラ商法〉の違法性を認め、サンラ・ワールド社側に賠償金の支払いを命令じた訴訟は、7月下旬からこの裁判で3件目になる。

Hanketsu20100830001 Hanketsu20100830002Hanketsu20100830003

判決文の全文は〈続きを読む〉をクリック↓

続きを読む "「サンラ・ワールド事件」またしても民事裁判で増田俊男氏ら敗訴 〔横浜地裁〕"

| | コメント (2)

2010/09/03

増田俊男の『時事直言』に盗作疑惑

「時事評論家」増田俊男氏が、インターネットやファクシミリなどで配信するエッセイ『時事直言』の一部に、盗作疑惑が浮上している。

読者から「パクリではないのか!」との指摘があったのは『時事直言』第604号(2010年9月2日号)に掲載された「誤解に満ちた円高騒動」と題する論説。これが『日本経済新聞』朝刊連載の〈経済教室〉に、同志社大学の林敏彦教授が寄稿した8月30日掲載の「『超国籍化』で日本経済強く」という記事を盗用した疑いがあるという。

Jiji20100902 8

さっそく両記事を読み比べてみると、たしかに増田氏の文章は、林教授の記事を剽窃(ひょうせつ)したとしか思えない。傍線を引いた部分が、論述から例示されたデータまで、ほぼそっくり写し書きされている。原文を箇条書きにリライトしただけで、これでは、まるで学生の〝コピペ論文〟だ。

警視庁から強制捜査を受けたことで、いまでは増田氏もメジャーなマスメディアから追われる有名人。それだけに、なおさら軽はずみな言動は慎むべきだろう。

インチキはいけない。

林敏彦教授公式ホームページ

【関連記事】カリスマ「増田俊男」のジレンマ

【関連記事】増田俊男氏の〝エセ〟ジャーナリズムを斬る

【関連記事】「世界の増田俊男」を嗤う

| | コメント (3)

2010/09/01

【単行本紹介】乗っ取りはおまかせください!悪徳弁護士とその仲間たち

「弁護士=正義の味方」
そう思い込んでいるアナタ、それは危険な考えです!!

「金! 金! 金!」

乗っ取りはおまかせください!悪徳弁護士とその仲間たち ―スーパー・なの花ばたけを潰せ―

単行本(ソフトカバー): 158ページ

Htbookcoverimage_2

著 者: なのはなこ 
出版社: 文芸社
発売日: 2010/9/1
価 格: 1,000円(税込 1,050 円)

乗っ取り屋と弁護士の恐ろしい物語(実話)

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »