2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 『サンラ・ワールド社』元顧問の佐藤博史弁護士が「特捜検察」を斬る! 〔週刊朝日〕 | トップページ | 国外逃避中の増田俊男氏が「不法行為」を認定された訴訟の控訴審はじまる »

2010/09/30

波和二〔エル・アンド・ジー〕元会長「円天理論」で2審を争うかまえ

「エル・アンド・ジー」による巨額詐欺事件で、3月に東京地裁で懲役18年の実刑判決を受けて控訴中の波和二元会長が、自身のブログ〈円天 /波 和二〉で控訴審への意欲を表明した。

2審に向けた抱負は、きょう更新された「あかり人生を往く! その26」と題する記事のなかで語られている。この記事によると、波元会長は東京拘置所のなかでコツコツと執筆してきた<円天理論専門書>なる電子図書を、2審の公判廷で証拠提出するつもりらしい。

そのねらいは、裁判を通じて<円天理論専門書>が世の有識者の関心を集め、ひいては「密室裁判はできなくなる」というもの。経済難で弁護士を私選できず、1審から国選弁護人で無罪を争ってきた波元会長。どこまでも強気である。

しかし、同様に組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)などの罪に問われ、「マスコミが騒いだために破綻した。詐欺ではない」などとして無罪を主張しつづけた「ジー・オーグループ」の大神源太元名誉会長は、27日に最高裁が上告を棄却して懲役18年の実刑が確定している。

〈足利事件〉や〈村木事件〉、大阪地検の〈証拠改ざん事件〉などがまねいた検察不信の世論も、多くの弱者を泣かせた巨額詐欺事件に味方することはなさそうだ。

今年2月に警視庁が、金融商品取引法違反の疑いで強制捜査に入った〈サンラ・ワールド事件〉では、経営者の増田俊男氏と江尻眞理子氏は「心臓病」と「ヘルニア」を〝武器〟に警察捜査と闘っている。

Dsc01885

被害者への和解金の支払いは、'08年からほぼ停止している増田氏と眞理子氏だが、海外逃避や弁護士費用に充てる資金は潤沢にあるようだ。いまもふたりは国外へ逃げながら、8月に雇った新しい弁護士を代理人にして、民事裁判を争っている。

« 『サンラ・ワールド社』元顧問の佐藤博史弁護士が「特捜検察」を斬る! 〔週刊朝日〕 | トップページ | 国外逃避中の増田俊男氏が「不法行為」を認定された訴訟の控訴審はじまる »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『サンラ・ワールド社』元顧問の佐藤博史弁護士が「特捜検察」を斬る! 〔週刊朝日〕 | トップページ | 国外逃避中の増田俊男氏が「不法行為」を認定された訴訟の控訴審はじまる »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ