« 「悪質ファンド裁判」で増田俊男氏ら控訴審も敗訴 〔サンラ・ワールド事件〕 | トップページ | 増田俊男氏を育てた女社長の虚業の果て 〔サンラ・ワールド事件〕 »

2010/11/26

弁護士費用を返さなかった元弁護士会長に業務停止5ヵ月 〔和歌山弁護士会〕

2名の依頼人から返還を求められた計330万円の弁護士費用を返さず、和歌山弁護士会元会長の楠見宗弘弁護士が、22日付で同会から業務停止5ヵ月の懲戒処分を受けた。

元弁護士会長業務停止 楠見氏 依頼人の費用返さず 〔読売新聞/地域版〕

弁護活動を行わずに2人の依頼人から弁護士費用計330万円の返還を求められたにもかかわらず、返していないとして、和歌山弁護士会は24日、同会の元会長楠見宗弘弁護士(66)を22日付で業務停止5か月の懲戒処分にしたと発表した。

 同会などによると、楠見弁護士は2007年、土地に関する紛争の解決を頼まれ、依頼人から不動産鑑定費用などとして計約300万円を受け取ったが、鑑定作業を行わなかった。09年に依頼人が同会に紛議調停を申し立て、同会は150万円の支払い義務を認めたが、返還していないという。

 また07年、別の依頼人から土地に関する紛争の解決を依頼され、着手金80万円と和解のための費用100万円を受領。楠見弁護士は翌日、自分の借金返済に充てるため、100万円を口座から引き出した。和解が成立せず、依頼人が費用の返還を求めたが、応じていないという。

 依頼人はそれぞれ今年に入って、同会に懲戒請求。同会は懲戒委員会を開くなどし、今月18日、「品位を失う非行」として懲戒処分を決定した。

 同会の冨山信彦会長は「社会正義を担う弁護士がこのような行為を起こし、誠に遺憾」と話した。

(2010年11月25日)

今回の処分の対象となった2件の懲戒請求事件のうちの1件では、楠見弁護士は紛議調停で支払いに同意した150万円も払わず、今年4月に依頼人が費用の返還を求める訴訟を和歌山地裁に提起されている。この裁判は、8月に原告の請求どおり、150万円の支払いを命じる判決が言い渡された。

さらに楠見弁護士は、その翌月の9月に、別の元依頼人から提訴された同様の訴訟でも敗訴している。今年1月に民事訴訟の代理人を受任したが、その事務を遂行しないまま一方的に辞任して、着手金の200万円を返還しなかったことから提訴された。この裁判でも、和歌山地裁は楠見弁護士に200万円の支払いを命じた。

まともに自浄作用を果たさない弁護士会の懲戒制度であっても、金銭がらみの「非行」については、懲戒処分される確立が比較的高い。また、高すぎる報酬や不当な請求などの返還請求裁判では、弁護士側に勝ち目はない。それでも、ひとたびフトコロに入れた金は、おいそれと返さない弁護士が多いようだ。

『サンラ・ワールド社』が昨年11月、佐藤博史弁護士に支払った約2億円の報酬等のうち、約1億2400万円の返還などを求めて第2東京弁護士会に申し立てた紛議調停は、1年経ったいまも解決していない。佐藤弁護士は「受領済みの弁護士報酬を返却する意思はない」などとして、かたくなに返金を拒みつづけているのだ。

【関連記事】佐藤博史弁護士「もらった金は返さない」答弁にサンラ・ワールド社の出資者ら激怒!〔紛議調停〕

しかし、この紛議調停は楠見弁護士のケースよりも、はるかに悪質な「暴利行為」を対象にしている。その悪質性は、たんに金額の大きさだけにあるのではなく、佐藤弁護士が受け取った約2億円の報酬等に“汚れた金”の疑いが強い点にある。サンラ・ワールド社は、海外投資を名目に約200億円の資金を集めた「悪質ファンド」の募集と勧誘を行ってきた会社だ。今年2月には、警視庁生活経済課が同社の事務所や経営者の自宅などを金融商品取引法違反の疑いで捜索し、その捜査は現在も継続中。「悪質ファンド」の被害者が起こした民事訴訟では、サンラ・ワールド社らの不法行為が認定される判決が相次いで出されている。

紛議調停が成立しなければ、報酬等の返還請求の解決が法廷に持ち込まれる可能性もある。そうなった場合、一時は<足利事件>の主任弁護人として「正義の人」になりかけた佐藤弁護士は、7年間も「悪質ファンド」運用会社の代理人として荒稼ぎした2億円の出どころについて、どのように釈明するのだろうか。

佐藤弁護士が自身の著書に書いているように、弁護士は根本的に、民事で<悪魔の代理人>になってはいけないのである。

|

« 「悪質ファンド裁判」で増田俊男氏ら控訴審も敗訴 〔サンラ・ワールド事件〕 | トップページ | 増田俊男氏を育てた女社長の虚業の果て 〔サンラ・ワールド事件〕 »

増田俊男/サンラ・ワールド/佐藤博史」カテゴリの記事

弁護士」カテゴリの記事

悪質商法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「悪質ファンド裁判」で増田俊男氏ら控訴審も敗訴 〔サンラ・ワールド事件〕 | トップページ | 増田俊男氏を育てた女社長の虚業の果て 〔サンラ・ワールド事件〕 »