2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 資金集めの「カリスマ」に逃げ得はない | トップページ | 増田俊男氏らの悪質ファンドと未公開株勧誘に「違法性強い」と賠償命令 〔仙台地裁〕 »

2010/11/10

練炭自殺した警察ジャーナリスト「黒木昭雄氏」生前最後の出演番組 〔THE INCIDENTS〕

フリージャーナリストの寺澤有氏が運営するニュースサイト〈THE INCIDENTS〉が、2日に自殺した黒木昭雄氏(享年52歳)が7月に出演していたインターネットテレビ番組の動画を〈黒木昭雄さんの最後の映像(1)〉と題してYouTubeにアップした。

警視庁警察官を退官後、ジャーナリストとして活躍していた黒木氏は、亡くなる直前まで警察組織の不正と闘っていた。そのため、想像をかきたてられた“陰謀論フリーク”の「謀殺説」がネット上にあふれたが、遺族や関係者に宛てた〈遺書〉が遺されていたことが確認されている。また、生前の黒木氏と親しく、盟友関係にあった寺澤氏は、自殺の動機につながるエピソードを〈THE INCIDENTS〉に書いた。

20101110

ここ2年余り、黒木さんが没頭して取材してきたのが、岩手県で発生した佐藤梢さん(当時17歳)殺害事件。警察は、佐藤さんの知人の小原勝幸氏(当時28歳)を被疑者として全国指名手配しているが、黒木さんは合計数カ月間も岩手県に滞在し、捜査さながらの取材を展開したうえで、「同姓同名の『佐藤梢』さんは2人いて、しかも彼女たちは同級生かつ親友。遺体で発見された佐藤さんは、小原氏の恋人の佐藤さんと人違いで殺害された。おそらく小原氏も同一犯に殺害されている」と結論づけた。

しかし、警察は、あくまでも小原氏が佐藤さん殺害の被疑者だとし、マスコミは警察発表を報道するだけか、そもそも田舎の事件だと関心を示さなかった。黒木さんが取材の成果を発表できたのは、一部の週刊誌とテレビ番組、ネットメディア、そして自分自身のブログ『黒木昭雄の「たった一人の捜査本部」』にすぎない。一方、2年以上の地方取材は黒木さんに数百万円の借金を抱えさせ、今年に入り、「家を売らないといけない」とこぼさせるほどだった。

警察とマスコミに対する黒木さんの絶望は大きく、それに借金苦が重なり、自殺へ追い込まれたといわざるをえない。

〈THE INCIDENTS〉より

今回、公開された動画はインターネット報道番組『野良犬ジャーナル~事件の真相を追え!~』が、7月25日に放送した生番組の一部。この最後の出演となった番組のテーマは、黒木氏が文字どおり命を賭けて追いつづけた〈岩手少女殺害事件〉だった。

« 資金集めの「カリスマ」に逃げ得はない | トップページ | 増田俊男氏らの悪質ファンドと未公開株勧誘に「違法性強い」と賠償命令 〔仙台地裁〕 »

メディア」カテゴリの記事

警察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 資金集めの「カリスマ」に逃げ得はない | トップページ | 増田俊男氏らの悪質ファンドと未公開株勧誘に「違法性強い」と賠償命令 〔仙台地裁〕 »

フォト

脳を食む虫

  • Photo
    闇に潜む汚職警官 策動する麻薬密売組織 そして 暗躍する汚名刑事 消えた女の残した謎の言葉が 堕ちた者どもを滅びの道へと導く 薬物汚染の恐怖を描いた。 狂気と退廃のノワール・ミステリー 四六・上製版 /464ページ ISBN 978-4-89637-259-5 定価:1890円(本体1800円+税5%) 発行:マイクロマガジン社

汚名刑事

  • 519qtgw5fzl__ss500_
    銃器対策課登録作業員―。それは、知られざる「警察のスパイ」。警視庁警部補の鎮目将義は、潜入捜査を命じられ、その男に接近した。男はなぜ殺されたのか。真相を掴んだ鎮目にも危機が…。圧倒的なリアリティで警察の禁忌に挑んだ著者渾身の異色ミステリー。 単行本: 413ページ 出版社: 小学館 (2003/06)
無料ブログはココログ